プリムラ・ジュリアンの栽培

プリムラ・ジュリアン

Primrose

栽培しやすさ ★★★★☆
おすすめ度 ★★★★☆

Primrose
2012年3月2日


Primrose
2013年2月23日


Primrose
2013年2月23日


Primrose
花がだんだん増えてきました
(2013年3月1日)


Primrose
花が急に増えました
(2013年3月8日)


Primrose
古い花は何度も取り除いていますが、根元に
次々と蕾が現れては咲いて枯れて行きます。
葉っぱはだいぶ生長しました。
(2013年5月12日)


Primrose
古い花と葉っぱを思い切って減らしました。
(2013年6月26日)


Primrose
可哀想なことに、枯れてきました。
(2013年7月14日)

2013年8月の夏の猛暑により、ベランダで育てていたプリムラ・ジュリアンの葉がついに枯れてしまいました。

2015年2月7日(日)、すごい模様の花が咲くプリムラを見つけました。そして、買ってきました。


Primrose
すごい模様です。
(2015年2月7日)


Primrose
5つ咲きました。
(2015年2月15日)


Primrose
6つになりました。
(2015年2月17日)


Primrose
青色のプリムラは10個咲いています。
(2015年2月17日)


Primrose
ピンク色のプリムラ。
(2015年2月17日)


Primrose
赤と黄色のプリムラ。
(2015年2月17日)







関連記事

  1. カクテルパープルの種からの栽培

  2. キンモクセイ(金木犀)

  3. 姫檜扇水仙, ヒメヒオウギズイセン

  4. カルミア(ヤンキードードル)の栽培

  5. 庭の木蓮 | 私の趣味

  6. ハイビスカス・ローゼルの栽培

  1. 9月の減量におけるウォーキングの効果(2022年9月)

    2022.08.30

  2. 2022年に保護した赤ちゃんスッポン9匹の飼育記録

    2022.08.22

  3. 泥の中から助け出され九死に一生を得た強運を“持っている”3匹の赤ち…

    2022.08.19

  4. 日齢1046日のスッポンの腹甲の細菌性皮膚炎が完治するまでのプロセス

    2022.08.18

  5. 日齢1010日以降のCH種のスッポンの飼育と観察(2022年)

    2022.08.17

  1. 2022年に観察した近所の公園のチョウトンボ

    2022.07.20

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 図鑑で見つけることができていなかった珍しい小鳥はツリスガラ(吊…

    2020.04.16

  5. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー