英会話で相槌を打つ時の表現

英語で相槌を打つ時の表現について

kuma
最近、ネット界隈で「Me Too」というのが話題になっているようだけど、「Me Too」は「私も」ということだな。今日は相手の発言に対して「私もそうです」と相槌を打つ表現をいくつか見てみよう。
nomi
基本的に語尾に「, too」を付ければいいんですよね?
kuma
そうだ。ほかにI think so.というのもあるし、So am I.というのもあるぞ。
nomi
I am so.じゃないのね。
kuma
英語では文の最後に置かれたものにより意味の重点が置かれている場合がよくある。例えば、So am I.の場合、Iを強調して読んで、「私も」を強調するんだ。これを文末焦点の原則というんだ。
nomi
大切な情報を前にもってくるというのもありませんでしたっけ?
kuma
まあな。でも、大切な情報を最後にもってくるというのもあるんだ。
nomi
ややこしいですね。
kuma
たとえば、giveという動詞は目的語を2つとるだろ。たとえば、I give you my money.だ。この場合、「私があなたにあげるのはお金だ」という意味になる。これがI give my money to you.だったら「私がお金をあげる相手はあなただ」となるんだ。
nomi
否定の場合はどうなるの?
kuma
たとえば、I’m not thirsty.に対して「ぼくも喉が渇いていない」と答える場合はI’m not thirsty, either.となる。またはNeither am I.でもいい。
nomi
I’m not thirsty, too.ではだめなんですね。
kuma
だめだ。否定の時はtooはeitherに、soはneitherにするんだ。
nomi
So does my son.の場合、動詞の形はなぜdoesになるのですか?
kuma
倒置になってるからだ。So do I.の場合、Iが1人称単数現在だからdoになるってわけだ。でも、たとえばSo do I.のIが3人称単数だったら、たとえば私の息子だったら主語はmy sonだから、doが3人称単数現在でdoesになるから、So does my son.とかNeither does my son.となるわけだ。もう一つの考え方として、疑問形にした時にどうなるかというのもあるよ。
nomi
すると、最初に戻って、「Me, too.」は否定の場合は「Me, neither.」でいいですね。
kuma
そう。ただし、「Me, too.」はくだけた表現だからね。
nomi
はい、わかりました。

まとめ:
肯定文への相槌:S + V, too. または So + V + S.
否定文への相槌:S + not V, either. または Neither + V + S.







関連記事

  1. 否定の及ぶ範囲について考えてみよう!

  2. 群動詞における前置詞と副詞の判断方法と語順

  3. 洋楽から入る英語学習

  4. 正しいけれどネイティブから見たらちょっと変な英語

  5. 洋楽の歌詞から学んだ英語

  6. 英文法に関するいろいろな例文

  1. カラスから逃げて私の方に一時的に避難して来た3羽のコガモ

    2021.04.06

  2. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  3. 2021年に観察した1匹目の野生のスッポンの記録

    2021.04.01

  4. コサギが逃げるオイカワを走って追いかけて捕食する瞬間(2021年3月…

    2021.03.28

  5. 近所の用水路や公園のため池にいるカルガモの観察2021

    2021.03.02

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥

    2020.04.16

  4. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  4. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

  5. 西郷どん第17回で出てきた鹿児島弁の解説

    2018.05.07

アーカイブ

カテゴリー