ミニトマト ルビーノの栽培(後半)

ルビーノの栽培(後半)

The Second Half of Growing Rubino

これより前(前半)は→rubino.html


Tomato
2012年7月11日 終わりが近づいたルビーノ。


Tomato
2012年7月11日 終わりが近づいたルビーノ。

2012年7月20日、今年のトマト栽培はほぼ終わりです。遅かったルビーノもフルーツトマトとほぼ同時期に終わりそうです。
ルビーノもフルーツトマト同様、これまでおいしくいただきました。あと2個も無駄にしないように最後まで食べたいと思います。


Tomato
2012年7月20日 終わりが近づいたフルーツトマトと意外に早く終わりそうなルビーノ。


Tomato
2012年7月24日 残りあと2個のルビーノ。


Tomato
2012年7月29日 残りあと2個のルビーノ。


Tomato
2012年7月29日 残りあと2個のルビーノ。


Tomato
2012年8月3日 残りあと2個のルビーノ。


Tomato
2012年8月3日 残りあと2個のルビーノ。


Tomato
2012年8月8日 残りあと2個のルビーノのうちの1個。


Tomato
2012年8月8日 残りあと2個のルビーノのうちの最後の1個。


Tomato
2012年8月8日 枯れかけたルビーノの木(奥)。


Tomato
2012年8月10日 8月8日から2日たってかなり色づいた残りあと2個のルビーノのうちの1個。

8月16日(木)に最後の2個を収穫しました。これで今年のルビーノの収穫は終わりです。


Tomato
2012年8月16日 収穫した最後の2個。


Tomato
2012年8月20日 役目を終えたルビーノの木(奥)。

8月31日(金)に最後の1個のフルーツトマトを収穫し、プランターに植えてあったフルーツトマトとルビーノの木をきれいに掃除しました。これで、今年のミニトマトの栽培は終了です。結論として、フルーツトマトとルビーノの栽培をプランターでやってみましたが、割と簡単にできたように思います。気をつけるのは雨と水のやり過ぎです。


Tomato
2012年8月31日 処分直前のフルーツトマトの木(手前)とルビーノの木(奥)。


Tomato
2012年8月31日 フルーツトマトの木(手前)とルビーノの木を処分後のプランター。

2012年7月20日、今年のトマト栽培はほぼ終わりです。遅かったルビーノもフルーツトマトとほぼ同時期に終わりそうです。
ルビーノもフルーツトマト同様、これまでおいしくいただきました。あと2個も無駄にしないように最後まで食べたいと思います。







関連記事

  1. ベニーオクラの種蒔き2015

  2. オクラの種の採取

  3. サラダ菜の種からの栽培(2回目)

  4. ベニーオクラの花の一日

  5. サラダ菜2代目の花と種

  6. 果物の生ゴミで堆肥・腐葉土作り

  1. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(45匹目〜47匹目)

    2021.09.12

  2. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(39匹目〜44匹目)

    2021.09.11

  3. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(33匹目〜38匹目)

    2021.09.11

  4. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(27匹目〜32匹目)

    2021.09.10

  5. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年9月)

    2021.09.01

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥はチゴモズ(稚児百舌…

    2020.04.16

  4. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー