減量におけるウォーキングの効果の検討(2020年9月)

こんにちは 隠れ熊の実です。

新型コロナウィルスの感染拡大が収まりそうな傾向の中で9月に入りました。東京はまだまだ収まっていないようですけど。

ジョギングシューズ

体重減少に及ぼすウォーキングの影響(2020年9月1日〜)

年月日
ウォーキングの量
体重(入浴後)
2020年9月1日
夕方のウォーキング(30分)、ため池にミシシッピアカミミガメがいたのでエサをやった。
60kg
2020年9月2日
夕方のウォーキング(30分)台風9号の影響で風少々、小雨パラパラ。ため池にミシシッピアカミミガメが見当たらなかった。
59.5kg
2020年9月3日
夕方のウォーキング(30分)、ため池にミシシッピアカミミガメが見当たらなかった。2日連続でいなかったことはこれまでなかった。
59.5kg
2020年9月4日
昼はサラダバー付きのランチ、夕方のウォーキングは体調不良のため休み、夕食は食べなかった。
60.5kg
2020年9月5日
台風10号の対策(数時間)、夕方のウォーキング(30分)、Freddie Mercuryの74歳の誕生日
59kg
2020年9月6日
夕方のウォーキングは台風の影響のため休み
60kg
2020年9月7日
夕方のウォーキング(30分)
59.5kg
2020年9月8日
夕方のウォーキング(30分)
59kg
2020年9月9日
夕方のウォーキング(30分)
59.5kg
2020年9月10日
夕方のウォーキング(20分)
59kg
2020年9月11日
昼はサラダバー付きのランチ、夕方のウォーキング(30分)、夕食は食べなかった。
60kg
2020年9月12日
夕方のウォーキング(30分)、ため池にミシシッピアカミミガメがいたので、エサをやった。
59.5kg
2020年9月13日
夕方のウォーキング(40分)
59kg
2020年9月14日
夕方のウォーキング(30分)
58.5kg
2020年9月15日
夕方のウォーキング(30分)
59kg
2020年9月16日
夕方のウォーキング(40分)
58.5kg
2020年9月17日
夕方のウォーキング(30分)
58.5kg
2020年9月18日
夕方のウォーキング(40分)、帰る途中で住宅地の道路脇の側溝で甲長3.0cmの赤ちゃんスッポンを保護した。
59kg
2020年9月19日
帰省中。夕方のウォーキングは休み
60kg
2020年9月20日
帰省中。夕方のウォーキングは休み
60kg
2020年9月21日
帰省中。夕方のウォーキングは休み
60kg
2020年9月22日
午前のスッポン捕獲を兼ねたウォーキングと午後の魚の救出作業を兼ねたウォーキングと夕方のスッポン捕獲を兼ねたウォーキング(90分+40分+40分)
59.5kg
2020年9月23日
午前のウォーキングと午後の魚の救出作業(9割リリースと1割持ち帰り)を兼ねたウォーキングと夕方の魚の救出作業を兼ねたウォーキング(400分+40分+40分)
59kg
2020年9月24日
雨のため夕方のウォーキングは中止
59kg
2020年9月25日
午前のウォーキング(30分)、昼はサラダバー付きのランチ、夕方のウォーキング(30分)、夕食はチヂミだけ食べた。
59.5kg
2020年9月26日
午後のウォーキング(30分)、夕方のウォーキング(30分)
59kg
2020年9月27日
午前のウォーキング(30分)、昼過ぎのウォーキング(30分)、夕方のウォーキング(30分)
59.5kg
2020年9月28日
午前のウォーキング(30分)、午後のウォーキング(30分)
58.5kg
2020年9月29日
午前のウォーキング(30分)、午後のウォーキング(30分)、夕方のウォーキング(20分)
58kg
2020年9月30日
午前のウォーキング(20分)、午後のウォーキング(20分)、夕方のウォーキング(40分)
58.5kg

ジョギングシューズ

途中経過(2020年9月14日現在)

体重は59kgと60kgの間を行ったり来たりしています。その日の水分量などでプラスマイナス0.5kgの変動があるといえます。しかし59kgを切ることもたまにあります。却って水不足で危ないかもしれません。私は尿管結石になることがあるので水分はできるだけ摂るようにしているのですが、夏場は汗で出て行く水分も多いので注意が必要です。

自分にとってはだいたい59kgをキープするのが良さそうな気がしています。2020年6月30日に受けた健康診断では昨年引っかかっていた5項目のうち2項目は改善されて基準値内に入っていましたが、残り3項目はまだ基準値をオーバーしています。59kgキープが来年の4月以降の健康診断結果にどう反映されるのか不安でもあり楽しみでもあります。

まとめ(2020年9月30日現在)

9月29日についに58kgになってしまいました。何か病気でもあのではないかと思うくらいの減量具合です。ただ、おそらくこのぐらいが限界ではないかと思われます。これ以上痩せるようだったら別に原因があるかもしれません。







関連記事

  1. 新年2日の帰省前にバッテリーが上がってしまった時に私がとった行動

  2. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2020年6月)

  3. 減量におけるウォーキングの効果の検討(10月1日〜11月30日)

  4. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2020年12月)

  5. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2020年11月)と減量8kg成功の要因の考察

  6. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2020年5月)

  1. 近所の公園にいるツグミの観察2021

    2021.01.19

  2. 栗の栽培

    2021.01.15

  3. 2021年のニホンイシガメの飼育記録

    2021.01.10

  4. 2021年のスズメの観察

    2021.01.01

  5. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年1月)

    2021.01.01

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥

    2020.04.16

  4. 用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができていない珍しい水鳥

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  4. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

  5. 西郷どん第17回で出てきた鹿児島弁の解説

    2018.05.07

アーカイブ

カテゴリー