減量におけるウォーキングの効果の検討(2020年10月)

こんにちは 隠れ熊の実です。

新型コロナウィルスの感染拡大のせいで、何もできないうちに2020年が終わりそうです。早いものでもう10月に入りました。

ジョギングシューズ

体重減少に及ぼすウォーキングの影響(2020年10月1日〜)

年月日
ウォーキングの量
体重(入浴後)
2020年10月1日
午前のウォーキング(30分)、午後のウォーキング(30分)、夕方のウォーキング(20分)
58kg
2020年10月2日
午前のウォーキング(30分)、午後のウォーキング(30分)
58.5kg
2020年10月3日
朝のウォーキング(30分)、昼前のウォーキング(30分)、夕方のウォーキング(20分)
58kg
2020年10月4日
昼前のウォーキング(20分)、夕方のウォーキング(20分)
58.5kg
2020年10月5日
昼前のウォーキング(20分)、夕方のウォーキング(20分)
58.5kg
2020年10月6日
昼前のウォーキング(20分)、夕方のウォーキング(20分)
58kg
2020年10月7日
午前のウォーキング(30分)、夕方のウォーキングとランニング(50分)
58kg
2020年10月8日
午前のウォーキング(20分)、夕方のウォーキング(40分)(彩雲が見えた)
58.5kg
2020年10月9日
午前のウォーキング(20分)、昼はサラダバー付きのランチで満腹、夕方のウォーキング(30分)、夕食は食べなかった
59kg
2020年10月10日
午前のウォーキング(20分)、夕方のウォーキング(30分)
58kg
2020年10月11日
昼前のウォーキング(20分)、夕方のウォーキング(30分)
58.5kg
2020年10月12日
帰省したのでウォーキングは休み
59kg
2020年10月13日
天文館で黒豚のランチとその後の白熊お持ち帰りを食べた。(3時間滞在)
60kg
2020年10月14日
キウイの収穫作業。ウォーキングは休み
59.5kg
2020年10月15日
昼前のウォーキング(20分)、夕方のウォーキング(30分)
59.5kg
2020年10月16日
昼前のウォーキング(30分)、昼はサラダバー付きのランチで満腹、夕方のウォーキングは雨のため中止、夕食は食べなかった
60.5kg
2020年10月17日
昼前のウォーキング(20分)、夕方のウォーキング(30分)
60kg
2020年10月18日
昼前のウォーキング(20分)、夕方のウォーキング(30分)
59kg
2020年10月19日
昼前のウォーキング/ジョギング(30分)、夕方のウォーキング(20分)
59.5kg
2020年10月20日
昼前のウォーキング(30分)、夕方のウォーキング(20分)
59.5kg
2020年10月21日
昼前のウォーキング(20分)、夕方のウォーキング(20分)
59.5kg
2020年10月22日
雨天のためウォーキングは休み
60kg
2020年10月23日
午前のウォーキング(20分)、昼はサラダバー付きのランチで満腹(米は食べなかった)、夕方のウォーキング(30分)、夕食は食べなかった
60.5kg
2020年10月24日
昼前のウォーキング(20分)、夕方のウォーキング(35分)
59.5kg
2020年10月25日
昼前のウォーキング(20分)、夕方のウォーキング(30分)
60kg
2020年10月26日
昼前のウォーキング(30分)、夕方のウォーキング(20分)
59.5kg
2020年10月27日
昼前のウォーキング(30分)、夕方のウォーキング(20分)
59.5kg
2020年10月28日
昼前のウォーキング(20分)、午後のウォーキング(80分)
59.5kg
2020年10月29日
昼前のウォーキング(20分)、午後のウォーキング(80分)
59.5kg
2020年10月30日
昼はサラダバー付きのランチで満腹、夕方のウォーキング(30分)、夕食は食べなかった
60kg
2020年10月31日
昼前のウォーキング(30分)、夕方のウォーキング(30分)
59kg

ジョギングシューズ

途中経過(2020年10月12日現在)

母親や弟の妻から「やせすぎではないか」「どこか悪いのではないか」などと言われ、そんなに急に痩せたかなと不安になりましたが、新型コロナの影響などで会っていなかったから急に痩せたように見えたのではないかと思っています。でも、実際は1年かけて痩せたわけなので、体重61kgぐらいの時はそうは言われなかったわけです。つまり、59kgとか58kgになった時にどのように言われるようになったといえます。自分でも大学時代のジーンズが穿けるようになったのでいささか痩せすぎのきらいがあると思います。よって、60kgぐらいに留めるくらいがよいのではないかという気がしてきました。

結果と考察(2020年10月26日現在)

体重60kgぐらいまではまあまあの確率で減るだろうと思っていました。しかし、それより軽くはならないだろうと思っていました。なぜならば野球部だった高校/大学の時代に57kgだったから、けっこう筋肉質の私の体重は60kgぐらいまでが限界ではないかと思っていたからです。でも、実際は58kgぐらいまで減りました。これは、ウォーキングだけでは無理です。もしかしたら毎日朝に90分、夕方に60分スッポンの水槽の水換えや洗浄作業を行なっているのがけっこうダイエットに効いているのかもしれません。かなり重労働で、体調が悪い日はできないと思うほどだからです。ちなみに現在飼育しているのはスッポン26匹とイシガメ1匹、合計27匹です。これだけのカメの飼育がかなりの重労働だということが想像できますか。

まとめ(2020年10月31日現在)

10月31日は59kgでしたが、10月は概ね59.5kgという結果でした。59.5kg前後であればもうこれ以上減量はしなくてもよいと考えています。数十年前のジーンズが穿けるようになったからです。この体重を維持することを考えてこれまで通り規則正しい生活を送ろうと考えています。ただ、これから冬になっていくので風邪やインフルやコロナに罹る可能性が高くなるし、寒くて活動が鈍るので、体重が増加することが懸念されます。その点を注意していこうと思います。







関連記事

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(10月1日〜11月30日)

  2. 減量におけるウォーキングの効果の検討(8月1日〜9月30日)

  3. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2020年2月)

  4. 健康診断結果に基づいた生活習慣の改善の取り組みにおけるウォーキングの効果のレビュー

  5. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2020年1月)

  6. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2020年12月)

  1. 近所の公園にいるツグミの観察2021

    2021.01.19

  2. 栗の栽培

    2021.01.15

  3. 2021年のニホンイシガメの飼育記録

    2021.01.10

  4. 2021年のスズメの観察

    2021.01.01

  5. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年1月)

    2021.01.01

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥

    2020.04.16

  4. 用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができていない珍しい水鳥

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  4. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

  5. 西郷どん第17回で出てきた鹿児島弁の解説

    2018.05.07

アーカイブ

カテゴリー