意思疎通するムクドリたち

意思疎通するムクドリたち

White-cheeked starlings communicating on a power-transmission wire


Grey Starling
電線に飛んで集まってきた椋鳥(ムクドリ)
(2012年2月12日)


Grey Starling
飛んでいるムクドリの拡大写真
(2012年2月12日)


Grey Starling
4羽で話し合い中?
(2012年2月12日)


Grey Starling
もっと拡大
(2012年2月12日)


Grey Starling
2羽飛び去って、残った2羽。
ほんの数十秒の出来事です。
(2012年2月12日)


Grey Starling
残った2羽の拡大写真
(2012年2月12日)

ムクドリとは、感じで椋鳥と書きます。全長24cmほどの、スズメ目-ムクドリ科の野鳥で、全国に分布しています。メスは全体に褐色味が強く、頭部の白い部分が狭い傾向にあり、個体差が大きいので識別は難しいそうです。チッチッチッ、キュルキュル、バーバー、ギィーッ、などと鳴きます。ヒヨドリと同様、けっこうやかましい野鳥です。

2012年2月12日、ムクドリが電線に飛んできて、4羽集まったところで何か話し合い、2羽は飛び去って、2羽は残ったところです。そういうふうに見えました。ほんの数十秒の出来事です。







関連記事

  1. 家のまわりを飛んでいるとんび

  2. 近所に生えていたモリムラマンネングサという多肉植物の栽培

  3. 万座ビーチのところの木にいた逃げないクロイワツクツク

  4. アゲハ蝶と幼虫の観察

  5. クロマダラソテツシジミ

  6. 用水路の側壁に止まっていたゴマダラチョウ

  1. 観察開始から53日目以降のミシシッピアカミミガメ

    2020.09.14

  2. 2匹目の子スッポンの飼育記録(2020年9月)

    2020.09.11

  3. ナミアゲハの幼虫の蛹化と羽化

    2020.09.08

  4. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2020年9月)

    2020.09.02

  5. 2019年に保護した赤ちゃんスッポンのうち現在生きている3匹の飼育記録

    2020.08.25

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥

    2020.04.16

  4. 用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができていない珍しい水鳥

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  4. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

  5. 西郷どん第17回で出てきた鹿児島弁の解説

    2018.05.07

アーカイブ

カテゴリー