アナカリスについていた緑色のアオモンイトトンボヤゴ

↑上のアイキャッチ画像はアオモンイトトンボの幼虫です。2019年7月14日14:15に撮影しました。

ミナミヌマエビを近所の用水路で掬った時に入っていた緑色の幼虫はアオモンイトトンボヤゴであることが判明しました。アオモンイトトンボは近所の用水路でよく見かけるので納得の結果です。

アナカリスについていた緑色のアオモンイトトンボ(2019年7月14日)

アオモンイトトンボヤゴ
このヤゴは尻尾が3つに分岐しているのでアオモンイトトンボの幼虫だと思われます。このアオモンイトトンボヤゴはミナミヌマエビに乗っています。(2019年7月14日14:15)

アオモンイトトンボヤゴ
けっこう鮮やかな緑色です。アナカリスについていたので緑色になっています。(2019年7月14日14:18)

アオモンイトトンボヤゴ
2匹入っていました。(2019年7月14日14:18)

アオモンイトトンボヤゴ
2匹とも尻尾が3本に分岐しています。(2019年7月14日14:18)

用水路でミナミヌマエビを網で掬った時に入っていた2匹のヤゴはアオモンイトトンボヤゴでした。アナカリスについていたので緑色の保護色になっています。光が当たると鮮やかな緑色になります。(2019年7月14日14:56撮影)(2019年7月14日公開)

まとめ

この用水路でよく見かける細くて先端が青いイトトンボはとりあえずアオモンイトトンボであろうと判断していたのですが、類似のイトトンボがいくつかあったので確信が持てずにいました。しかし、今回、アオモンイトトンボのヤゴが他のイトトンボのヤゴと比べて特徴的であることがわかったので、アオモンイトトンボと判断していたことは間違いではなかったようです。







関連記事

  1. 飛行機と飛行機雲

  2. 赤ちゃんタモロコの飼育

  3. タモロコの飼育

  4. 柿の皮むき

  5. 朝の用水路で泳いでいたほぼ生まれたばかりの赤ちゃんスッポン

  6. 2019年に入ってから24匹目と25匹目になる大きいスッポンの観察

  1. 子スッポンの餌としてのミミズ

    2019.08.17

  2. 実家の近くの川にいたタカハヤ(アブラメ)

    2019.08.17

  3. 朝の用水路で泳いでいたほぼ生まれたばかりの赤ちゃんスッポン

    2019.08.17

  4. 木より高いところを飛んでいるチョウトンボ

    2019.08.08

  5. 水槽No.2の中にいた1匹のコイの幼魚

    2019.08.06

  1. 木より高いところを飛んでいるチョウトンボ

    2019.08.08

  2. カワラヒワの巣立ち雛とエサを運んできて食べさせる親鳥の観察

    2019.06.28

  3. 大きいスッポンが小さいスッポンを襲う瞬間

    2018.08.03

  4. MacBook ProのOSをMavericksからSierra経由でHigh Sierraにアップデ…

    2018.04.15

  5. 私の趣味の位置づけ

    2018.03.19

  1. 西郷どん第17回で出てきた鹿児島弁の解説

    2018.05.07

  2. 西郷どん第15回で出てきた鹿児島弁の解説

    2018.04.26

  3. 西郷どん第11回で出てきた鹿児島弁と銀による毒の検出についての解説

    2018.03.20

  4. 私の趣味の位置づけ

    2018.03.19

  5. フォトギャラリー型トップページ

    2018.03.19