道路に止まっていた青い蝶ムラサキシジミ

ムラサキシジミは6月頃から現れる青紫の翅をもつ小さい蝶です。2019年6月4日の早朝にウォーキングに出かけている時に道路のところを飛んでいました。目で追いかけていると道路脇の駐車場のコンクリートの上に着地しました。しばらく観察していると飛び立って道路脇の側溝の蓋のところに着地しました。翅を広げた時に青紫の鮮やかな模様が見られました。花に止まっているわけではなく、道路に着地しているのが変わっていると思いました。

近所の道路に止まっていたムラサキシジミ(2019年6月4日)

ムラサキシジミ
駐車スペースのコンクリートの上に止まっていたムラサキシジミ。(2019年6月4日7:13撮影)

ムラサキシジミ
駐車スペースのコンクリートの上のムラサキシジミを接写。(2019年6月4日7:13撮影)

ムラサキシジミ
1枚前の写真を部分的に切り取って拡大しました。(2019年6月4日7:13撮影)

ムラサキシジミ
ムラサキシジミが道路脇に飛んでいき、止まって羽を閉じたところを撮影。(2019年6月4日7:13撮影)

ムラサキシジミ
ムラサキシジミが羽を半開きにしているところを撮影。(2019年6月4日7:13撮影)

ムラサキシジミ
1枚前の写真を部分的に切り取って拡大しました。(2019年6月4日7:13撮影)

ムラサキシジミ
ムラサキシジミが再びが羽を開いたところを撮影。(2019年6月4日7:13撮影)

ムラサキシジミ
1枚前の写真を部分的に切り取って拡大しました。(2019年6月4日7:13撮影)

ムラサキシジミが道路の上に止まっているところを動画に収めました。(2019年6月4日7:15撮影)(2019年6月4日公開)







関連記事

  1. 故郷の川のカワムツの観察

  2. 赤ちゃんスッポンの日齢21日以降の飼育と観察

  3. トカゲ

  4. 飼育6ヶ月半の大きい方の子スッポンの興味深い行動

  5. 水槽No.6で飼育している11匹の小さいフナ

  6. 26匹目と28匹目のスッポンを捕獲して治療後安全な場所にリリースするまで

  1. 2020年に住宅地の汚れた側溝で保護した11匹の野生の赤ちゃんスッポン

    2020.11.02

  2. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2020年11月)と減量8kg成功…

    2020.11.01

  3. 魚を捕食するダイサギの観察とコサギとの行動の比較

    2020.10.29

  4. 本当はもう1匹いた月齢2ヶ月の台湾生まれの赤ちゃんスッポン

    2020.10.27

  5. 2020年に観察した51匹目以降の野生のスッポン(2020年10月24日〜)

    2020.10.25

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥

    2020.04.16

  4. 用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができていない珍しい水鳥

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  4. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

  5. 西郷どん第17回で出てきた鹿児島弁の解説

    2018.05.07

アーカイブ

カテゴリー