ベニーオクラの花の一日

オクラの花の一日

A Day of a Flower of Benny Okra

>花の命は短いと言いますが、このベニーオクラの蕾も早朝に開き始めてから夕方に閉じるまで、約11時間の短い命でした。こんな感じですから、ちょっと油断すると、咲いた花を見逃してしまいます。うちのベランダにはミツバチなどが飛んできませんので、咲いた時に綿棒で授粉するタイミングを逸すると実が生りません。

ベニーオクラの1つ目の花のあと、ついに4つ目の花が咲きました。その花の1日を写真で追いsました。ハイビスカスローゼルの花に似ています。


Benny Okra
前日の蕾の様子。翌日に咲くような気配は微塵も感じられませんでした。
(2014年7月10日16:15)


Benny Okra
早朝に4つ目の花が咲きかけていました。
(2014年7月11日6:20)


Benny Okra
もうすぐ開きそうです。
(2014年7月11日9:05)


Benny Okra
満開になりました。
(2014年7月11日10:54)


Benny Okra
綿棒で授粉しました。
(2014年7月11日10:55)


Benny Okra
全体的にはこんな感じです。
(2014年7月11日10:55)


Benny Okra
真上から見たらこんな感じです。
(2014年7月11日10:56)


Benny Okra
さらに1時間半後。このあと萎み始めます。
(2014年7月11日12:33)


Benny Okra
閉じてきました。
(2014年7月11日13:16)


Benny Okra
真上から見た様子。
(2014年7月11日13:16)


Benny Okra
閉じてくると花びらは黄色からカクテルパープルの花のように色が変わります。
(2014年7月11日14:50)


Benny Okra
ほぼ完全に閉じました。
(2014年7月11日16:53)


Benny Okra
ほぼ完全に閉じました。もう変化はありません。
(2014年7月11日18:15)

種の収穫はBennyOkraSeed.htmlで紹介します。







関連記事

  1. フルーツトマトの栽培(前半)

  2. ミニトマト ルビーノの栽培(後半)

  3. ベニーオクラの花

  4. 小玉スイカ秋味のベランダ栽培2022

  5. アイベリーの葉柄から葉っぱ

  6. 島オクラ(島の唄丸)の栽培2022

  1. 10月の適正体重維持におけるウォーキングの効果(2022年10月)

    2022.09.30

  2. 夕方の公園で時々出会う散歩中の薩摩ビーグルのハーフ

    2022.09.28

  3. カワセミの求愛行動

    2022.09.27

  4. 9月の減量におけるウォーキングの効果と痩せすぎの原因の考察(2022…

    2022.08.30

  5. 2022年に保護した赤ちゃんスッポン9匹の飼育記録

    2022.08.22

  1. 2022年に観察した近所の公園のチョウトンボ

    2022.07.20

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 図鑑で見つけることができていなかった珍しい小鳥はツリスガラ(吊…

    2020.04.16

  5. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー