オーディオ

オーディオ

Audio

今でもオーディオはミニコンポよりひとまわり大きい昔のコンポを使っています。


Audio
レコードプレーヤーだけ取り外してあるオーディオ
(2011年10月1日)。


Stylus
2013年2月3日にもう一度取り付けた
レコードプレーヤー Technics SL-M1
(2013年2月9日)。


My Audio Set
引っ越し後、紆余曲折、試行錯誤の末、5ヶ月経ち、
結局、この形で落ち着きました。
(2013年8月2日)。

大学生時代(1982年〜)に学生寮に住んでいた時に買ったスピーカー(Pioneer S-X6)は、30年近い使用でエッジ部分のポリウレタンが激しく劣化して崩れ落ちていました。そのため音が割れてきました。そこで、ポリウレタンをファンテックから通販で購入して自分で張り替えました。アンプはYAMAHAのものを使っていましたが、さすがに故障しましたので、1996年(平成8年)2月19日に同社のAVX-590 DSPに買い替え現在に至ります。しかし、LとRのどちらかのスピーカーから音が出なくなることが時々あって、ボリュームつまみを大きめに回すと直っていました。それが、最近は頻発するようになり、ひどい時は両方から音が出ないことも起こり始めました。そこで、ネット検索したところ、2015年1月24日(土)にAmazonで中古品のAVX-590 DSPを見つけたので、通販で購入することにしました。チューナーはTechnics クォーツシンセサイザ FM/AMステレオチューナ ST-S4で、1983年(昭和58年)8月26日に19,800円で購入したものですが、もう30年近く使っています。タイマーはSONY PROGRAM TIMER PT-D3で、これは時計が進んでしまう症状が出てしまい、2003年に一度修理に出しましたが、無事復活し、まだ現役でもう30年近くになります。レコードプレーヤーは1983年発売のTechnics製のSL-M1で、ダイレクトドライブ方式、カートリッジはMC方式のものを別途購入して使っていました。レコード針はかなり摩耗していましたが、2011年〜2012年に約2年間だけ箱に収納して押し入れに収納していたら、針を支えている細い棒が劣化して折れていました。そこで、2013年2月9日(土)に新規にNAGAOKA製のカートリッジとレコード針を購入して、時々LPレコードをかけて昔を懐かしんでいます。

カセットテープを再生するデッキはA&D ステレオカセットデッキGX-R65CXです。しかし、さすがに今時テープは聴きませんね。また、CDプレイヤーは、最初(学生時代)はKENWOOD製のものを使っていましたが、1990年代に故障したため(いつ頃だったか正確には覚えていません、機種も忘れました)、2003年8月17日にDENONのDCD-755Ⅱ COMPACT DISK PLAYERに買い替えました。しかし、トレイの開閉がうまくいかなくなったので、その後、さらに2010年(平成22年)12月17日にDENONのCOMPACT DISK PLAYER DCD-755SE-SP(プレミアムシルバー)を35,800円で買って現在はもっぱらそっちの方を使っています。オーディオラックは学生寮で1年次の終わりの頃(1983年(昭和58年))に隣部屋だった3年生の先輩が引っ越しで退寮される時にもらったものをまだ使っています。さすがに年月を感じますが、今はこのようなオーディオラックは手に入りません。

2013年7月18日(木)の夜、今は使っていないDENONのCDプレーヤーDCD755IIのトレイの開閉の修理ができそうなことがわかりましたので、ネット通販でゴムベルトをさっそく注文しました。修理の結果については追ってCDプレーヤーDCD755IIのトレイの開閉の修理の方で紹介します。







関連記事

  1. オーディオラック

  2. 今使っている20年もののアンプが使えなくなる前に考えていること

  3. オーディオ関連メニュー

  4. DENON AVアンプ AVR-2113

  5. FOMAのACアダプターの被覆部分の修復

  6. LPレコードコレクション

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2020年12月)

    2020.12.01

  2. 2020年に住宅地の汚れた側溝で保護した11匹の野生の赤ちゃんスッポン

    2020.11.02

  3. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2020年11月)と減量8kg成功…

    2020.11.01

  4. 魚を捕食するダイサギの観察とコサギとの行動の比較

    2020.10.29

  5. 本当はもう1匹いた月齢2ヶ月の台湾生まれの赤ちゃんスッポン

    2020.10.27

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥

    2020.04.16

  4. 用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができていない珍しい水鳥

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  4. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

  5. 西郷どん第17回で出てきた鹿児島弁の解説

    2018.05.07

アーカイブ

カテゴリー