2020年に用水路で保護した6匹目の赤ちゃんスッポン

↑上のアイキャッチ画像は2020年9月29日に住宅地の側溝で保護した2020年6匹目の赤ちゃんスッポン。(2020年9月29日11:31に撮影)

2020年9月29日の昼前に用水路で保護した2020年6匹目の赤ちゃんスッポンの飼育記録です。2020年に観察した39匹目の野生のスッポンになります。

2020年になって観察した39匹目の野生のスッポンは2020年に保護した6匹目の赤ちゃんスッポンでたぶん4匹目5匹目と同じ親スッポン(2020年9月29日)

スッポン
2020年になって観察した39匹目の野生のスッポンは赤ちゃんスッポンでした。37匹目38匹目と同じ場所にいました。(2020年9月29日11:31撮影)

スッポン
赤ちゃんスッポンを拡大しました。(2020年9月29日11:31撮影)

2020年になって観察した39匹目の野生のスッポンは6匹連続で赤ちゃんスッポンでした。この39匹目の野生のスッポンは最近保護した生まれて間もない赤ちゃんスッポンの6匹目になります。4匹目(2020年37匹目)5匹目(2020年38匹目)と同じ場所にいたことや、甲羅や腹甲の特徴がよく似ていることから、これら3匹は兄弟ではないかと考えています。37匹目(2020年の赤ちゃんスッポン4匹目)38匹目(2020年の赤ちゃんスッポン5匹目)同様、少し育ったら別の場所にリリースします。(2020年9月29日11:32撮影)(2020年9月29日公開)

スッポン
赤ちゃんスッポンの腹甲の模様の特徴は4匹目5匹目とよく似ています。(2020年9月29日11:45撮影)

スッポン
甲長は3.0cmでした。甲羅の大きさや形や色合いも4匹目5匹目とよく似ています。(2020年9月29日11:46撮影)

スッポン
甲羅の特徴は甲羅のトップ付近の正中線の両側に人間の顔の眉毛のような黒い2つの斑があることです。また、甲羅の右上あたりに少し長い斑があることです。このスッポンを「眉毛」と命名します。(2020年9月29日12:03撮影)







関連記事

  1. 2019年に保護した4匹目の赤ちゃんスッポン

  2. 2020年に観察した27匹目から40匹目までの野生のスッポン

  3. 川魚とスッポンを飼っている3つのガラス水槽2020

  4. 2017年のスッポンの観察

  5. 2015年のスッポンの観察

  6. 2匹目の子スッポンの飼育記録(2020年8月)

  1. 2020年に用水路で保護した9匹目の赤ちゃんスッポン

    2020.10.10

  2. 月齢2ヶ月の台湾生まれの赤ちゃんスッポンの飼育記録

    2020.10.09

  3. 夕方の西の空に見えた彩雲

    2020.10.08

  4. 2020年に観察した41匹目以降の野生のスッポン(2020年10月〜)

    2020.10.06

  5. 2020年に用水路で保護した8匹目の赤ちゃんスッポン

    2020.10.03

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥

    2020.04.16

  4. 用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができていない珍しい水鳥

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  4. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

  5. 西郷どん第17回で出てきた鹿児島弁の解説

    2018.05.07

アーカイブ

カテゴリー