2020年に用水路で保護した6匹目の赤ちゃんスッポン

↑上のアイキャッチ画像は2020年9月29日に住宅地の側溝で保護した2020年6匹目の赤ちゃんスッポン。(2020年9月29日11:31に撮影)

2020年9月29日の昼前に用水路で保護した2020年6匹目の赤ちゃんスッポンの飼育記録です。2020年に観察した39匹目の野生のスッポンになります。

2020年になって観察した39匹目の野生のスッポンは2020年に保護した6匹目の赤ちゃんスッポンでたぶん4匹目5匹目と同じ親スッポン(2020年9月29日)

スッポン
2020年になって観察した39匹目の野生のスッポンは赤ちゃんスッポンでした。37匹目38匹目と同じ場所にいました。(2020年9月29日11:31撮影)

スッポン
赤ちゃんスッポンを拡大しました。(2020年9月29日11:31撮影)

2020年になって観察した39匹目の野生のスッポンは6匹連続で赤ちゃんスッポンでした。この39匹目の野生のスッポンは最近保護した生まれて間もない赤ちゃんスッポンの6匹目になります。4匹目(2020年37匹目)5匹目(2020年38匹目)と同じ場所にいたことや、甲羅や腹甲の特徴がよく似ていることから、これら3匹は兄弟ではないかと考えています。37匹目(2020年の赤ちゃんスッポン4匹目)38匹目(2020年の赤ちゃんスッポン5匹目)同様、少し育ったら別の場所にリリースします。(2020年9月29日11:32撮影)(2020年9月29日公開)

スッポン
赤ちゃんスッポンの腹甲の模様の特徴は4匹目5匹目とよく似ています。(2020年9月29日11:45撮影)

スッポン
甲長は3.0cmでした。甲羅の大きさや形や色合いも4匹目5匹目とよく似ています。(2020年9月29日11:46撮影)

スッポン
甲羅の特徴は甲羅のトップ付近の正中線の両側に人間の顔の眉毛のような黒い2つの斑があることです。また、甲羅の右上あたりに少し長い斑があることです。このスッポンを「眉毛」と命名します。(2020年9月29日12:03撮影)

乾燥中にバケツの中から脱出してヒヤリとしたがリビングの隅の方にいてほっとした!(2020年10月23日)

朝にいつものように水槽の準備ができるまでバケツのタオルの中で乾燥させていました。水槽に入れる時に8匹しかいませんでした。もう1匹を探したら、リビングの隅の方のホットカーペットの上にいました。座布団の下に入ったりしてつぶれていなくてよかった!!!

2021年4月26日に元いた場所の近くに旅立ちました。







関連記事

  1. 2022年に保護した赤ちゃんスッポン9匹の飼育記録

  2. 飼育している4匹のスッポンがエサを食べるところの観察と比較

  3. 2匹目の子スッポンの飼育記録(2020年9月〜12月)

  4. 台湾生まれのシナスッポンの幼体の飼育

  5. 2020年に用水路で保護した11匹目の赤ちゃんスッポン

  6. 2020年に用水路で保護した10匹目の赤ちゃんスッポン

  1. 夕方のウォーキングによる体重と体調の管理(2024年3…

  2. 夕方のウォーキングによる体重と体調の管理(2024年2…

  3. ビリルビン(Bilirubin)のIUPAC名を自分なりに付け…

  4. 夕方のウォーキングによる体重と体調の管理(2024年1…

  5. 夕焼けの太陽柱(サンピラー)

  1. 通算6匹目のすっぽんの目が新鮮な水道水で白濁してし…

  2. 観察した近所の公園のチョウトンボの観察(2022年〜2…

  3. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察…

  4. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

  5. 図鑑で見つけることができていなかった珍しい小鳥は…

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察…

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目…

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

アーカイブ

カテゴリー