飼育12ヶ月目の1匹目の子スッポン

↑上のアイキャッチ画像は2019年9月8日の8:47に撮影した甲長5.2cmの1匹目の子スッポンです。

2019年8月28日で飼育を始めて12ヶ月目に入った1匹目(はじめ大きかった方)の子スッポンの成長記録です。

飼育12ヶ月目に入った1匹目の子スッポン(2019年8月29日)

連続して3匹の子スッポンを動画に収めました。動画の38秒あたりから映っている3匹目が2018年9月28日に保護して飼い始めた子スッポンで、今日で飼育12ヶ月目に入りました。孵化してからの年齢は1歳2ヶ月ぐらいではないかと考えられます。(2019年8月29日19:57撮影)(2019年8月29日公開)

飼育を始めて11ヶ月と14日の1匹目の子スッポン(2019年8月29日)

スッポン
1匹目の子スッポンが足を噛んだ跡。かさぶたができています。ひどい時は最後部の甲羅と左右の後ろ足と尻尾も噛んでいました。(2019年9月10日6:12撮影)

スッポン
手のひらの上の1匹目の子スッポン。(2019年9月10日6:15撮影)

スッポン
今は日中だけ昆虫用のプラスチック容器の中で飼っている1匹目の子スッポン。(2019年9月10日14:42撮影)

スッポン
少し上から撮影。本には「スッポンは寂しくありません」みたいなことを書いてありましたが、本当にそうなのでしょうか。(2019年9月10日14:42撮影)

2018年9月28日ぁら飼育を始めた1匹目の赤ちゃんスッポンが2019年9月10日で11ヶ月と14日になりました。魚と混泳させていると水が合わないのか自傷行為を繰り返すのでプラスチック水槽に単独で入れて水槽水で飼っています。これだと一応自傷行為は見られないようです。(2019年9月10日14:42撮影)(2019年9月10日公開)

飼育を始めて4ヶ月目の観察結果(2019年1月分)はこちら↓

飼育を始めて5ヶ月目に目の前で餌を食べるようになった大きい方の子スッポンはこちら↓

飼育を始めて4ヶ月半でだいぶ馴れてきた大きい方の子スッポンの観察結果はこちら↓

飼育を始めて6ヶ月目に入った大きい方の子スッポンの観察結果はこちら↓

飼育6ヶ月の大きい方の子スッポンの習性と身体的特徴はこちら↓

飼育して6ヶ月の大きい方の子スッポンの餌の食べ方はこちら↓

飼育7ヶ月目に入った大きい方の子スッポンについてのページはこちら↓

飼育半年でいろいろと馴れてきたことがわかる大きい方の子スッポンの挙動についてのページはこちら↓

子スッポンの驚くべき柔軟性についてのページはこちら↓

飼育を始めて8ヶ月目と9ヶ月目の1匹目の子スッポンはこちら↓

飼育を始めて10ヶ月目の1匹目の子スッポンはこちら↓

飼育を始めて11ヶ月目の1匹目の子スッポンはこちら↓

スッポンの屋外での観察に関する詳細記事はこちら↓







関連記事

  1. 近所の電線の上のツバメと田浦町の道の駅のツバメ

  2. 水槽で飼育しているメダカの記録2019

  3. 用水路で飛んでいるアオモンイトトンボ

  4. 水の少ない用水路を覗き込んだ時に目の前に突然現れたフナ

  5. 渓流

  6. 近所の用水路や側溝にいるドンコの観察2019

  1. 夜明け前の薄明光線

    2019.09.18

  2. 故郷の川のカワムツを衣装ケースの中で泳がせて観察

    2019.09.16

  3. 捕獲した野生のウナギ

    2019.09.15

  4. 庭にいたヌマガエル

    2019.09.14

  5. 夕方に水槽から取り出される時に従順な2匹の赤ちゃんスッポン

    2019.09.11

  1. 木より高いところを飛んでいるチョウトンボ

    2019.08.08

  2. カワラヒワの巣立ち雛とエサを運んできて食べさせる親鳥の観察

    2019.06.28

  3. 大きいスッポンが小さいスッポンを襲う瞬間

    2018.08.03

  4. MacBook ProのOSをMavericksからSierra経由でHigh Sierraにアップデ…

    2018.04.15

  5. 私の趣味の位置づけ

    2018.03.19

  1. 西郷どん第17回で出てきた鹿児島弁の解説

    2018.05.07

  2. 西郷どん第15回で出てきた鹿児島弁の解説

    2018.04.26

  3. 西郷どん第11回で出てきた鹿児島弁と銀による毒の検出についての解説

    2018.03.20

  4. 私の趣味の位置づけ

    2018.03.19

  5. フォトギャラリー型トップページ

    2018.03.19