2020年に用水路で保護した7匹目の赤ちゃんスッポン

↑上のアイキャッチ画像は2020年9月30日に住宅地の側溝で保護した2020年7匹目の赤ちゃんスッポン。(2020年9月30日11:45に撮影)

2020年9月30日の昼前に用水路で保護した2020年7匹目の赤ちゃんスッポンの飼育記録です。2020年に観察した40匹目の野生のスッポンです。9月27日の昼前に日光浴しているところを見かけたのですが、その時は逃げてしまいました。その赤ちゃんスッポンが今日出て来ていたと思われます。

2020年になって観察した40匹目の野生のスッポンは2020年に保護した7匹目の赤ちゃんスッポン(2020年9月30日)

スッポン
2020年になって観察した39匹目の野生のスッポンは赤ちゃんスッポンでした。37匹目38匹目と同じ場所にいました。(2020年9月30日11:45撮影)

スッポン
赤ちゃんスッポンを拡大しました。(2020年9月30日11:45撮影)

2020年になって観察した40匹目の野生のスッポンは7匹連続で赤ちゃんスッポンでした。この40匹目の野生のスッポンは他の6匹とはあまり似ていない感じがしますが、この辺りの場所で生まれたことを考えると、もともとスッポンはあまりいない場所なので2020年のこれまでの2系統(1匹目3匹目の系統と、4匹目5匹目6匹目の系統)のどちらかと兄弟である可能性はあります。2匹目は少し違う場所だったので兄弟の可能性は低いです。(2020年9月30日11:46撮影)(2020年9月30日公開)

スッポン
甲長は3.4cmで、このスッポンも含めた7匹の中で最も大きいです。このスッポンはよく逃げたので、いちばん大きい分、経験がそうさせているのかもしれません。甲羅の特徴は全体的に黒いということです。3日前の9月27日に日光浴をしていたことと、甲羅が全体的に黒っぽいので名前は「サンタン」にします。(2020年9月30日12:51撮影)

スッポン
赤ちゃんスッポンの腹甲の模様の特徴は4匹目5匹目6匹目とは異なります。1匹目3匹目とも異なります。甲羅とか全体の雰囲気は4匹目によく似ています。ただ、腹甲を見ると首の近くの黒い点が4匹目の方にはないので、腹甲の模様が信頼できるものであるならば兄弟ではないような気もします。(2020年9月30日13:02撮影)

2021年4月26日に元いた場所の近くに旅立ちました。







関連記事

  1. 天然すっぽんの観察

  2. 2019年になって住宅地の側溝で保護した赤ちゃんスッポン5匹

  3. 中国生まれのアルビノシナスッポンの飼育(2021年〜2022年)

  4. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

  5. 2019年の子スッポン(1):飼育を始めて4ヶ月目の観察結果

  6. 水槽No.5の立ち上げと子スッポンの様子の観察

  1. 10月の適正体重維持におけるウォーキングの効果(2022年10月)

    2022.09.30

  2. 夕方の公園で時々出会う散歩中の薩摩ビーグルのハーフ

    2022.09.28

  3. カワセミの求愛行動

    2022.09.27

  4. 9月の減量におけるウォーキングの効果と痩せすぎの原因の考察(2022…

    2022.08.30

  5. 2022年に保護した赤ちゃんスッポン9匹の飼育記録

    2022.08.22

  1. 2022年に観察した近所の公園のチョウトンボ

    2022.07.20

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 図鑑で見つけることができていなかった珍しい小鳥はツリスガラ(吊…

    2020.04.16

  5. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー