2020年に用水路で保護した4匹目の赤ちゃんスッポン

↑上のアイキャッチ画像は2020年9月22日に住宅地の側溝で保護した2020年4匹目の赤ちゃんスッポン。(2020年9月22日16:40に撮影)

2020年9月22日の夕方に用水路で保護した2020年4匹目の赤ちゃんスッポンの飼育記録です。2020年に観察した37匹目の野生のスッポンです。

2020年になって観察した37匹目の野生のスッポンは2020年に保護した4匹目の赤ちゃんスッポン(2020年9月22日)

スッポン
今日だけで3匹の赤ちゃんスッポンがいましたが、その2匹目と同じ場所に夕方にいました。網を後方に置いたら前に進んでから後方にターンして網に入ってきました。そこで持ち上げて網の中に入りました。(2020年9月22日16:40撮影)

スッポン
家に帰って甲長を測ったら3.0cmで、1匹目と同じでした。(2020年9月22日16:40撮影)

2020年9月22日の夕方に住宅地の側溝にいた2020年4匹目の赤ちゃんスッポン。今日だけで3匹保護した赤ちゃんスッポンの最後の1匹です。動画撮影中は動きませんでした。このあと網を後方に据えて少し動かしたら斜め後方に動いたので、結果的に網に自分で入ってきました。(2020年9月22日16:41撮影)(2020年9月22日公開)

スッポン
へその緒はありませんでした。孵化してから1週間から10日以上は経過していると思われます。(2020年9月22日17:23撮影)

スッポン
甲羅の色は2020年9月18日と22日に保護した4匹の中で最も黒っぽいです。そして背中がけっこう盛り上がっているので名前は「ビー玉」としました。(2020年9月22日17:26撮影)







関連記事

  1. スッポン記事のメニュー(個体別)

  2. 飼育11ヶ月目に入った1匹目の子スッポン

  3. 日齢279日以降の赤ちゃんスッポンの飼育と観察

  4. 野生のスッポンの観察2019(11匹目〜14匹)

  5. 月齢2ヶ月の台湾生まれの赤ちゃんスッポンの飼育記録

  6. 2019年の子スッポン(1):飼育を始めて4ヶ月目の観察結果

  1. 2020年に用水路で保護した9匹目の赤ちゃんスッポン

    2020.10.10

  2. 月齢2ヶ月の台湾生まれの赤ちゃんスッポンの飼育記録

    2020.10.09

  3. 夕方の西の空に見えた彩雲

    2020.10.08

  4. 2020年に観察した41匹目以降の野生のスッポン(2020年10月〜)

    2020.10.06

  5. 2020年に用水路で保護した8匹目の赤ちゃんスッポン

    2020.10.03

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥

    2020.04.16

  4. 用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができていない珍しい水鳥

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  4. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

  5. 西郷どん第17回で出てきた鹿児島弁の解説

    2018.05.07

アーカイブ

カテゴリー