いろいろな花に飛んできた大きくて丸いクマバチ

クマバチが生垣のアベリアの花、公園の桜の花、ベランダのリスボンレモンの花、シークヮーサーの花に飛んできているところを観察しました。黒と黄色が特徴的で、ブーンという音をたてて飛んでいます。

早朝にアベリアの花の蜜を吸うクマバチ(2018年7月27日)

早朝に近所の公園の生垣のアベリアの花の蜜をクマバチが吸いにきていました。そのPart 1です。(2018年7月27日6:59撮影)(2018年7月28日公開)

早朝に近所の公園の生垣のアベリアの花の蜜をクマバチの動画のPart 2です。Part 1とは撮った方向が違います。(2018年7月27日7:02撮影)(2018年7月28日公開)

ソメイヨシノに飛んできたクマバチ(2018年3月29日)

近所の公園のソメイヨシノの花が咲いているところにクマバチが飛んできていました。(2018年3月29日11:23撮影)(2018年3月29日公開)

近所の公園のソメイヨシノの花に飛んできていたクマバチがまるでドローンのようでした。(2018年3月29日11:16撮影)(2018年3月29日公開)

ベランダでレモンの花の蜜を吸うクマバチ(2018年4月21日)

ベランダのリスボンレモンの花の蜜を吸いにきたクマバチを動画に収めました。(2018年4月21日16:49撮影)(2018年4月21日公開)

ベランダでシークヮーサーの花の蜜を吸うクマバチ(2019年4月21日)

クマバチ
ベランダのシークヮーサーの花に飛んできたクマバチが花から離れている時に撮った1枚。(2019年4月21日14:21撮影)

クマバチ
1枚前の写真を部分的に切り取って拡大しました。(2019年4月21日14:21撮影)

クマバチ
ベランダのシークヮーサーの花に止まっているクマバチ。(2019年4月21日14:21撮影)

クマバチ
1枚前の写真を部分的に切り取って拡大しました。(2019年4月21日14:21撮影)

クマバチ
ベランダのシークヮーサーの花に飛んできたクマバチが空中にいる時に撮った1枚。(2019年4月21日14:20撮影)

クマバチ
1枚前の写真を部分的に切り取って拡大しました。(2019年4月21日14:20撮影)

クマバチ
ベランダの外に出ているところでシャッターを切りました。残念ながらピントは合いませんでしたが、青空がきれいです。(2019年4月21日14:20撮影)

ベランダのシークヮーサーの花に飛んできたクマバチを動画に収めました。(2019年4月21日14:20撮影)(2019年4月21日公開)

まとめ(2019年4月21日現在)

私の田舎の方ではスズメバチのことを「クマバチ」と呼んだりするので、「スズメバチ」も本物の「クマバチ」も刺す蜂で、本物の「クマバチ」に刺されてもスズメバチに刺された時のようにひどいことになるのかと思っていました。しかし、本物の「クマバチ」は刺さないハチだとずっとあとで(大人になって)知りました。でも、「クマバチがいるぞ!」と言われた時に「何だクマバチか。クマバチは刺さないハチだから大丈夫!」と思って、それが実際は「スズメバチ」のことを指していたら大変なので、間違わないように普段から正しく認識しておくことが重要です。

ツツジの花の蜜を吸うクマバチ(2022年4月25日)

公園の満開のツツジの花に飛んで来ていた1匹のクマバチを動画に収めました。(2022年4月25日14:20撮影)(2022年4月25日公開)

クマバチ
クマバチが飛んで来ていたツツジ。(2019年4月21日18:00撮影)







関連記事

  1. 近所の用水路で捕獲したミナミヌマエビの飼育2019

  2. 2018年のスッポンの観察

  3. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

  4. 2020年に観察した7匹目から14匹目までの野生のスッポンの観察結果

  5. コサギがオイカワを捕獲して飲み込むところ

  6. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(27匹目〜32匹目)

  1. 2020年3月に最初に保護した甲長7cmの子スッポンの2年3ヶ月後

    2022.07.06

  2. 7月の減量におけるウォーキングの効果(2022年7月)と健康診断結果…

    2022.07.01

  3. ヤマトヌマエビ

    2022.06.28

  4. イシマキガイ

    2022.06.28

  5. 水田で反時計回りと時計回りに回転している2つの小さい渦

    2022.06.26

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥はチゴモズ(稚児百舌…

    2020.04.16

  4. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー