ベニトンボ

↑上のアイキャッチ画像は2019年6月22日11:24に近所の公園のところの用水路で撮影したベニトンボです。

公園のところの用水路にいたベニトンボ(2019年6月22日)

ベニトンボ
コンクリートに止まった赤とんぼがピンク色をしていました。翅もピンク色です。最初は赤とんぼのアキアカネかと思ったのですが、ベニトンボでした。(2019年6月22日11:14撮影)

ベニトンボ
飛び立ってからコンクリートに着地する直前のベニトンボ。(2019年6月22日11:16撮影)

ベニトンボ
コンクリートに着地しました。(2019年6月22日11:16撮影)

近所の公園のところの用水路でベニトンボがいました。その観察中にふと2019年の14匹目の観察になるスッポンが視界に入りました。空気を吸いに側壁にもたれて水面に現れました。(2019年6月22日11:18撮影)(2019年6月22日公開)

ベニトンボ
コンクリートの上で逆立ちしているようです。(2019年6月22日11:21撮影)

ベニトンボ
私が少し移動してほぼ真横から撮影しました。(2019年6月22日11:21撮影)

ベニトンボ
体が水平に近づきました。本体だけでなく翅と目もピンク色をしています。(2019年6月22日11:22撮影)

公園のところの用水路で1匹のベニトンボが側壁のコンクリートに止まったり飛び回ったりを繰り返していました。(2019年6月22日11:23撮影)(2019年6月22日公開)

ベニトンボ
翅の先端付近は黒っぽくなっています。(2019年6月22日11:25撮影)

まとめ(2019年6月22日現在)

ベニトンボは九州と沖縄で見られるようですが、私自身は生まれてこの方見たことがありませんでした。よって、今回初めて見ました。本州では和歌山県で見た例がネット検索でありました。温暖化のせいか、生息域が北上しているようです。







関連記事

  1. 趣味の動画(トピック別)

  2. 日齢279日以降の赤ちゃんスッポンの飼育と観察

  3. 2019年1匹目の赤ちゃんスッポンの飼育11日目以降の経過

  4. 2019年に入って観察した20匹目から23匹目までのスッポン

  5. 獲物を持ち帰る時に目くらましのために身代わりを立てるスズメ

  6. 近所の用水路で捕獲したカワニナを飼育していたら孵化しました!

  1. 2020年に用水路で保護した3匹目の赤ちゃんスッポン

    2020.09.23

  2. 2020年に用水路で保護した2匹目の赤ちゃんスッポン

    2020.09.23

  3. 2020年に用水路で保護した4匹目の赤ちゃんスッポン

    2020.09.22

  4. 2020年に用水路で保護した1匹目の赤ちゃんスッポン

    2020.09.18

  5. 観察開始から53日目以降のミシシッピアカミミガメ

    2020.09.14

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥

    2020.04.16

  4. 用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができていない珍しい水鳥

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  4. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

  5. 西郷どん第17回で出てきた鹿児島弁の解説

    2018.05.07

アーカイブ

カテゴリー