私がよく聴いたエリック・クラプトンの曲

こんにちは、熊の実です。

私にとってエリック・クラプトンといえば、ビートルズの「ホワイトアルバム」のA面7曲目の「While My Guitar Gently Weeps」でギターを弾いている人です。ビートルズのアルバムにその曲で参加していたのはジョージ・ハリスンと友人だったからということはよく知られていると思います。その当時、ジョージ・ハリスンは自分の曲を他のメンバーがあまりかまってくれないというのもあって、クラプトンを呼んだりしていたそうです。でも、外面のいいメンバーはけっこう愛想良く迎え入れてくれたような記述を何かの本で読みました。あ〜、実際の人間関係は社会のどこにでもあるようなものなんだな〜と思ったものです。「ホワイトアルバム」ではSavoy Truffleという曲もありますが、そこではEric Claptonがチョコレート好きで歯がボロボロのことを揶揄して歌っているらしいです。

それから、私にとってエリック・クラプトンといえば、映画の「フェノミナン」のテーマソング「Change The World」(カバー曲だってのですね)を歌っていた人、1992年発売のライブアルバム「Unplugged」でギター1本で歌っている人、「ティアーズ・イン・ヘヴン」 (Tears In Heaven) を歌っている人、という印象です。

でも、最も印象的なのは、ジョージ・ハリスンの妻パティ・ボイドを奪って結婚したこと、「いとしのレイラ」(Layla)は当時ジョージの妻だったパティ・ボイドのことを歌った曲といわれていますね。そのあとジョージ・ハリスンとも交友関係が続いたのも凄いと思います。何とも破天荒な人生ですね。もし自分だったら友人関係を続けることは難しいと思うのですが、それを越えることのできる何かがあったのでしょうか。これはジョージ・ハリスンが凄いということですね。ジョージ・ハリスンはポール・マッカートニーのことを揶揄して歌った曲がいくつかあります。有名なところではアルバムLet It Beに入っている「I ME Mine」、ソロアルバム「All Things Must Pass」に入っている「Wah Wah」とかですね。ちなみにアルバム「Abbey Road」のB面の1曲目の「Here Comes The Sun」は、仕事をさぼってエリック・クラプトンの家で作った曲だったように記憶しています。

楽曲についてどうこう言えるほど私は詳しくはないので、あまり曲については書けません。しかし、CDはよく聴いたのが2枚あります。「unplugged」と「PILGRIM」です。「unplugged」はFMラジオで特集を聴いていて、欲しくなって買いました。1992年です。そのあと、とにかく車の中でよく聴きました。特によく聴いたのはやはり「Layla」と「Tears In Heaven」です。アコギバージョンはいいな〜と思って聴いていました。「PILGRIM」の方は輸入盤のCDを買いました。1998年です。この「PILGRIM」は私が最もよく聴いたクラプトンのアルバムです。これもよく車の中で聴きました。このアルバムは全体的に好きなのですが、特にheavy rotationだったのは「CIRCUS」です。メロディーとギターが好きです。でも、輸入盤で歌詞カードが入っていなかったので曲の内容がいまいちわからなくて、当時通っていた英会話スクールのGEOSでオーストラリア出身のElizabethに歌詞を聴いて書いてくれないかとお願いしたことがあります。翌週のレッスンの時にルーズリーフに書いて来てくれましたが、「詞はnonsense」とのことでした。あまり意味がない感じのことを言っていたように思います。「まあいいか、音を楽しめるので」という感じでよく聴きました。STINGの「SHAPE OF MY HEART」と同様に、この曲のギターも好きです。

1974年の「461 OCEAN BOULEVARD」も上記のあとでCDを買いましたが、あまり聴いていません。「I SHOT THE SHERIFF」を何回か聴いただけだったように思います。ベストアルバムも2枚持っています。1995年の「THE CREAM OF CLAPTON」と1999年の「Clapton Chronicles」です。さすがにベストアルバムですからいい曲が入っています。それなりに聴きましたが、回数はやはり前出の「unplugged」と「PILGRIM」にはかないません。

というわけで、私の30代によく聴いたEric Claptonでした。

それでは、また。

関連記事

  1. ちょうど1年前のFMラジオの昭和の曲でノスタルジーに浸ったのを思い出しました

  2. リバプールをマジカル・ミステリー・ツアー

  3. カルチャー・クラブのLPレコードは2枚だけ持っていました

  4. ジョン・レノンの追悼曲の中で最も感動的なHere Today

  5. ELPのLPレコード「展覧会の絵」

  6. 何も文字がないレコードジャケット「LED ZEPPELIN IV」

  1. 2020年に住宅地の汚れた側溝で保護した11匹の野生の赤ちゃんスッポン

    2020.11.02

  2. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2020年11月)と減量8kg成功…

    2020.11.01

  3. 魚を捕食するダイサギの観察とコサギとの行動の比較

    2020.10.29

  4. 本当はもう1匹いた月齢2ヶ月の台湾生まれの赤ちゃんスッポン

    2020.10.27

  5. 2020年に観察した51匹目以降の野生のスッポン(2020年10月24日〜)

    2020.10.25

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥

    2020.04.16

  4. 用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができていない珍しい水鳥

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  4. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

  5. 西郷どん第17回で出てきた鹿児島弁の解説

    2018.05.07

アーカイブ

カテゴリー