マテバシイに生えていたサルノコシカケ

↑上のアイキャッチ画像は近所の公園で2019年6月23日17:24に撮影したマテバシイに生えていたサルノコシカケです。

マテバシイに生えていたサルノコシカケ(2019年6月23日)

サルノコシカケ
コマテバシイの太い枝に生えていたサルノコシカケ(2019年6月23日17:24撮影)

サルノコシカケ
夕日の中のサルノコシカケ(2019年6月23日17:25撮影)

サルノコシカケ
太い枝が昨年の台風でダメージを受けてしまって先端の枝がなくなったので、それが原因で朽ちてサルノコシカケが生えたのだとい思われます。(2019年6月23日17:26撮影)

サルノコシカケ
亀裂が入っています。(2019年6月23日17:30撮影)

夕方に近所の公園のマテバシイに生えていたサルノコシカケを動画に収めました。(2019年6月23日11:18撮影)(2019年6月23日公開)

まとめ(2019年6月23日現在)

このマテバシイの木に昨年はサルノコシカケはに生えていませんでした。ここ数ヶ月で生えたのではないかと考えられます。このサルノコシカケはあまり形はよくないですが、白い面を見てすぐに判別ができました。







関連記事

  1. 故郷の川のカワムツの観察

  2. 低空飛行で私から逃げて用水路の上流と下流を行ったり来たりするコサギ

  3. 公園に隣接するため池の反対側の岸の近くの草むらにいるつがいのオオバン

  4. 2019年に入ってから観察した39匹目以降の野生のスッポン

  5. 甲羅が白化したミシシッピアカミミガメの経過観察(8月6日〜8月19日)

  6. 庭によくいるシロハラ

  1. 2021年に保護したスッポンの幼体の飼育

    2021.10.10

  2. 近所の建物の屋根で休んでいた4羽のコウノトリの観察

    2021.10.03

  3. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年10月)

    2021.10.01

  4. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(45匹目〜50匹目)

    2021.09.12

  5. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(39匹目〜44匹目)

    2021.09.11

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥はチゴモズ(稚児百舌…

    2020.04.16

  4. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー