近所でよく見かけるシジュウカラの観察結果

このページでは近所で見かけたシジュウカラを集めたページです。シジュウカラの生態を系統的に理解することを目的としています。

実家の前の電線にいたシジュウカラ(2018年4月30日)

下の3つの動画は2018年4月30日に撮影したものです。

獲物を咥えているシジュウカラ(2018年4月30日11:55)(2018年4月30日公開)

地上で何かを咥えて飛び去るシジュウカラ(2018年4月30日11:57)(2018年4月30日公開)

電線の上でさえずるシジュウカラ(2018年4月30日11:58)(2018年4月30日公開)

シジュウカラがモズに襲われる瞬間(2018年4月30日12:48)(2018年4月30日公開)

早朝の公園で餌を探していたつがいのシジュウカラ(2018年8月29日)

つがいのシジュウカラ(冒頭のアイキャッチ画像の2羽)が雛鳥に食べさせる獲物を探しに雪柳とソメイヨシノの木に来ていました。よく現れる勇敢な1羽がこのつがいの中の1羽かどうかはわかりませんが、場所はいつもと同じ公園です。もし鳥を助けに現れる勇敢な1羽が今回のつがいの中の1羽であるならば、オスの方である可能性が高いと思われます。

つがいのシジュウカラが公園から帰路に就いた私のそばで餌を探していました。(2018年8月29日7:01)(2018年8月29日公開)

ユキヤナギの茂みの中で餌を探していた1羽のシジュウカラ。もう1羽は桜の木の上にいたので、この動画には映っていませんが、鳴き声は聞こえます。この動画を撮り終わった後、何か大きな獲物を咥えて芝生の中央付近に植えてある大きな木に飛んでいきました。(2018年8月29日7:03)(2018年8月29日公開)

早朝に近所の電線の上で鳴いているシジュウカラ(2018年10月3日)

ベランダから見た電線の上のシジュウカラ。このシジュウカラはいつも鳥が危険に曝されていると感じた時に助けにくるシジュウカラと思われます。(2018年10月3日7:28)(2018年10月6日公開)

夕方に近所の電線の上で鳴いているシジュウカラ(2018年10月6日)

アパートの前の通りを歩いていたら、上の電線でシジュウカラが鳴いていました。このシジュウカラは昨日鳴いていたのと同じ個体です。最近、なぜか自宅周辺でよく見かけます。(2018年10月6日16:24)(2018年10月7日公開)

庭にいたシジュウカラとジョウビタキ(2018年10月21日)

シジュウカラとジョウビタキ(2018年10月21日16:28)(2018年10月21日公開)

庭のさくらんぼの木にいたシジュウカラ(2018年10月21日16:32)(2018年10月21日公開)

10匹のシジュウカラ(2018年12月2日)

家の近くの畑の上の電線にシジュウカラが10匹止まって鳴いていました。その様子を動画に収めました。動画の8秒〜13秒のところで画面右下にモズのような鳥が映っているので、シジュウカラが仲間同士で警戒していたのかもしれません。(2018年12月2日10:49)(2019年1月3日公開)

早朝に電線に止まっていたシジュウカラ(2019年6月10日)

シジュウカラ早朝に近所の会社のところの電線に止まっていたシジュウカラ。(2019年6月10日6:33)

シジュウカラ1枚前の写真のシジュウカラの部分を切り取って拡大しました。(2019年6月10日6:33)

シジュウカラズームで撮影しました。(2019年6月10日6:33)

シジュウカラ1枚前の写真のシジュウカラの部分を切り取って拡大しました。(2019年6月10日6:33)

早朝に家の近くの電線に止まっていたシジュウカラを動画に収めました。最後は飛び立って駐輪場の向こうの桜の木に止まりました。(2019年6月10日6:33)(2019年6月10日公開)







関連記事

  1. 飼育している4匹のスッポンがエサを食べるところの観察と比較

  2. 観察を始めてから5日目以降のヒヨドリの巣立ち雛2羽と親鳥

  3. 近所のスズメの観察2014

  4. 用水路のトンネルに逃げ込んだコサギが無事逃げるまでにとった行動

  5. 用水路や湿地帯で魚を捕食するダイサギの観察2019

  6. 甲羅が白化したミシシッピアカミミガメの経過観察(8月6日〜8月19日)

  1. 2020年に住宅地の汚れた側溝で保護した11匹の野生の赤ちゃんスッポン

    2020.11.02

  2. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2020年11月)と減量8kg成功…

    2020.11.01

  3. 魚を捕食するダイサギの観察とコサギとの行動の比較

    2020.10.29

  4. 本当はもう1匹いた月齢2ヶ月の台湾生まれの赤ちゃんスッポン

    2020.10.27

  5. 2020年に観察した51匹目以降の野生のスッポン(2020年10月24日〜)

    2020.10.25

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥

    2020.04.16

  4. 用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができていない珍しい水鳥

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  4. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

  5. 西郷どん第17回で出てきた鹿児島弁の解説

    2018.05.07

アーカイブ

カテゴリー