サラダ菜2代目の花と種

サラダ菜2代目の花と種

Flowers and Seeds of Lettuce (Salad) (2nd Generation)

つくりやすさ ★★★★☆
おすすめ度 ★★★★☆

Lettuce
鉢に1本植えたサラダ菜が薹(とう)が立ちそうな雰囲気になってきました。根元にはイエローストロベリーグァバの芽がたくさん出ています。
ザクロの芽も出ています(中央)。
(2013年5月12日)


Lettuce
すごい勢いで生長しました。
(2013年5月30日)


Lettuce
花が咲きそうになってきました。
(2013年5月30日)


Lettuce
花が咲く寸前です。
(2013年6月2日)


Lettuce
咲いていました。
(2013年6月4日)


Lettuce
サラダ菜のタンポポができていました。
(2013年6月14日)


Lettuce
根元のイエローストロベリーグァバの芽がすこし生長
しました。ザクロの芽もあります。
(2013年6月26日)


Lettuce
だいぶ花が咲き、種も採りました。
(2013年6月26日)


Lettuce
根元から切断しました。
(2013年6月27日)


Lettuce
枯れたら肥料になるように、はさみで切り刻んでプランターの土の上に置きました。
(2013年6月27日)


Lettuce
切ってから5時間後、タンポポのような種ができていました。子孫を残そうという植物としての逞しさを見たような気がしました。
(2013年6月27日)

初代(1回目)に続いて、2013年(平成25年)、サラダ菜2代目の栽培を行っていますが、鉢に植た1本が茎が伸びてきました。春になって根元にイエローストロベリーグァバの芽も出てきました。ザクロの芽も1本出ています。

2013年6月4日(火)、花が咲きました。

2013年6月14日(金)、花がサラダ菜版のタンポポになっていました。今年も種子が採れました。この種が発芽すれば3世になります。

2013年6月27日(木)、根元からはさみで切断しました。そして、茎を短く切ってプランターの土の上に置いていました。すると、何と5時間後にタンポポのようになっているではありませんか。おかげで種がたくさん採れました。切られても子孫を残そうとする植物の逞しさを見たような気がしました。

この続きは3代目サラダ菜のページにて紹介します。







関連記事

  1. ミニトマト ルビーノの栽培(後半)

  2. ベランダ菜園 メニュー

  3. サラダ菜4代目の栽培

  4. チューリップ栽培2015 〜しろにもも種〜

  5. ミニトマト ルビーノの栽培(前半)

  6. サラダ菜

  1. 2021年に観察した近所の用水路にいるザリガニ

    2021.08.06

  2. 近所にいるササゴイの観察結果(2021年)

    2021.08.05

  3. 用水路にいるライギョの観察(2021年)

    2021.08.01

  4. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(13匹目〜18匹目)

    2021.08.01

  5. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年8月)

    2021.08.01

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥はチゴモズ(稚児百舌…

    2020.04.16

  4. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー