用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができていない珍しい水鳥

↑上のアイキャッチ画像は2019年12月18日午前中に1羽の水鳥が用水路の浅瀬にいるところを撮影したものです。(10:54撮影)

用水路の浅瀬にイカルチドリでもクサシギでもコチドリでもない珍しい水鳥が1羽いました。図鑑で見つけることができていないので名前がわからない珍しい水鳥です。この鳥は最初出会った場所から100メートルぐらい上流のところの支流を縄張りにしていて、そこによくいることがわかりました。以下、その観察結果を紹介しています。「名前がわからない珍しい水鳥」として扱います。名前のわからない鳥についてのデータをできるだけ集めることを目的として、写真と動画を以下にできるだけ示しています。

用水路の浅瀬を走ってからじっとしていた1羽の名前がわからない珍しい水鳥(2019年12月18日)

名前が特定できていない水鳥2019年12月18日の昼前に1羽の水鳥が用水路の浅瀬でエサを探していました。写真を数枚撮影して動画撮影を始めたところで用水路の浅瀬を左側の岸に向かって走って止まりました。そこで私の方を警戒しながらじっと立っていました。(2019年12月18日10:54撮影)

名前が特定できていない水鳥鳥の部分を切り取って拡大しました。イカルチドリにもクサシギにもコチドリにも似ていますが、そのどれにも該当しないようです。(2019年12月18日10:54撮影)

名前が特定できていない水鳥私の存在に気付いたようです。(2019年12月18日10:54撮影)

名前が特定できていない水鳥左足を上げています。(2019年12月18日10:54撮影)

名前が特定できていない水鳥歩いている時の後ろ姿。(2019年12月18日10:54撮影)

用水路の浅瀬でエサを探していた1羽の名前がわからない珍しい水鳥が私に気付いてガードレールの陰に走って隠れたので、私が川の方に少し移動して動画を撮影しました。イカルチドリはこちらに注意を払いながらじっと立っていました。水際を移動する時は歩くことが多く、走る姿はほぼ見られないと言われています。この動画の最初のところでは明らかに走っているので、そういう意味ではレアな動画かもしれません。(2019年12月18日10:57撮影)(2019年12月18日公開)

用水路の浅瀬の石の上でじっと立っていて最後は飛び去った名前がわからない珍しい水鳥(2019年12月18日)

名前が特定できていない水鳥名前がわからない珍しい水鳥が私から見えないようにガードレールの陰に隠れた後に私が移動して撮影した写真。浅瀬にいました。(2019年12月18日10:57撮影)

名前が特定できていない水鳥水鳥の部分を切り取って拡大しました。(2019年12月18日10:57撮影)

名前が特定できていない水鳥私の方を見ています。(2019年12月18日10:57撮影)

名前が特定できていない水鳥少し前の方を向きました。このあと動画撮影を始めました。(2019年12月18日10:57撮影)

名前がわからない珍しい水鳥が用水路の浅瀬で時々クチバシを開きながらじっと立っていました。最後はキョロキョロした後に飛び立ってピッピッピッと鳴きながら田んぼの上を右の方に飛び去っていきました。(2019年12月18日10:59撮影)(2019年12月18日公開)

名前が特定できていない水鳥さっきの名前がわからない珍しい水鳥が乗っていた石がこの写真の中央の石です。(2019年12月18日10:59撮影)

まとめ(2019年12月18日現在)

最近この辺りで見知らぬ鳥がいるなーと思っていたのですが、今日、やっと写真と動画の撮影に成功しました。イカルチドリでもクサシギでもコチドリでもない、図鑑で見つけることができていない珍しい鳥です。

用水路の浅瀬で3羽のコガモと一緒にいた1羽の名前がわからない珍しい水鳥(2020年4月8日)

名前が特定できていない水鳥1羽の名前がわからない珍しい水鳥と3羽のコガモが用水路の浅瀬でエサを漁っているところを撮影しました。遠いので写真の上の方に小さく写っています。(2020年4月8日17:22撮影)

名前が特定できていない水鳥名前がわからない珍しい水鳥の部分が写真中央に来るように切り取って拡大しました。(2020年4月8日17:22撮影)

名前が特定できていない水鳥が用水路の浅瀬で3羽のコガモと一緒にエサを探していました。(2020年4月8日17:23撮影)(2020年4月9日公開)

3羽のコガモから離れて用水路の浅瀬を上流の方に行ってしまった名前がわからない珍しい水鳥(2020年4月8日)

名前が特定できていない水鳥1羽の名前がわからない珍しい水鳥が3羽のコガモから離れて上流の方に行ったところを撮影。その水鳥は3羽のコガモから見て右上のところにいます。(2020年4月8日17:22撮影)

名前が特定できていない水鳥名前がわからない珍しい水鳥の部分が中央に来るように切り取って拡大しました。名前がわからない珍しい水鳥は水面に映っています。左端のコガモはこのサイズの写真に入りきれませんでした。(2020年4月8日17:23撮影)

名前がわからない珍しい水鳥は右カーブの用水路の浅瀬を奥の方(上流の方)に進んで行きました。見えなくなりそうなところで動画撮影を止めました。(2020年4月8日17:25撮影)(2020年4月9日公開)

2日連続で用水路の同じ場所にいた名前がわからない珍しい水鳥(2020年4月9日)

名前が特定できていない水鳥用水路の浅瀬にいる名前がわからない珍しい水鳥。昨日も同じ場所にいました。(2020年4月8日17:26撮影)

名前が特定できていない水鳥くちばしに何か獲物を挟んでいるように見えます。今日は3羽のコガモはいません。(2020年4月8日17:26撮影)

名前が特定できていない水鳥少しずつ歩いて上流の方に進んでいます。(2020年4月8日17:27撮影)

昨日の夕方にいた名前がわからない珍しい水鳥が今日の夕方も用水路の同じ場所にいました。4月3日にもこの用水路のほぼ同じ場所にいたので、もう3回は見ました。ここを縄張りにしているようです。(2020年4月8日17:27撮影)(2020年4月9日公開)

いつもの1羽の名前がわからない珍しい水鳥が用水路に沿って飛んでいるところ(2020年4月16日)

名前が特定できていない水鳥いつものイカルチドリが昨日はいませんでしたが今日はいました。いつもより下流の方にいたので、上流の方に飛んで逃げるところを写真撮影しました。翼がV字型になっています。以下に5枚連続で示します(1枚目/5枚)。(2020年4月16日17:38撮影)

名前が特定できていない水鳥尻尾の近くに白い羽が見えます(2枚目/5枚)。(2020年4月16日17:38撮影)

名前が特定できていない水鳥着水する直前。翼が直線状に広がっています。ピントが合っていません(3枚目/5枚)。(2020年4月16日17:38撮影)

名前が特定できていない水鳥着水して餌を漁り始めました(4枚目/5枚)。(2020年4月16日17:38撮影)

名前が特定できていない水鳥1枚前の写真から3分後には上流の方にだいぶ移動していました(5枚目/5枚)。(2020年4月16日17:41撮影)

夕方の用水路に沿って繰り返し飛んでいたツバメといつもの1羽の名前がわからない珍しい水鳥(2020年4月22日)

ツバメ夕方の用水路にいた名前のわからない水鳥(1枚目/2枚)。今日は5〜6羽のツバメが用水路に沿って行ったり来たりを繰り返していたのがいつもと異なる点です。この写真にはツバメは1羽写っています。(2020年4月22日17:45撮影)

ツバメ夕方の用水路にいた名前のわからない水鳥とツバメ(2枚目/2枚)。この写真にはツバメは2羽写っています。(2020年4月22日17:45撮影)

夕方の用水路にいつもいる名前のわからない水鳥が今日もいました。今日は5〜6羽のツバメも行ったり来たり往復飛行していました。ここでツバメが飛んでいたのは今シーズン初めてです。(2020年4月22日17:47撮影)(2020年4月22日公開)

珍しい水鳥が夕方にこの用水路でエサを食べているところを観察し始めてちょうど半月(2020年4月23日)

名前が特定できていない水鳥夕方の用水路にいた名前のわからない水鳥(1枚目/7枚)。脚は黒いです。(2020年4月23日17:23撮影)

名前が特定できていない水鳥夕方の用水路にいた名前のわからない水鳥(2枚目/7枚)。くちばしは長いです。(2020年4月23日17:23撮影)

名前が特定できていない水鳥夕方の用水路にいた名前のわからない水鳥(3枚目/7枚)。体を伸ばして何かを食べています。(2020年4月23日17:23撮影)

珍しい水鳥が夕方にここの用水路でエサを食べているところを2020年4月8日から観察し始めてちょうど半月になりました。(2020年4月23日17:24撮影)(2020年4月23日公開)

名前が特定できていない水鳥夕方の用水路にいた名前のわからない水鳥(4枚目/7枚)。(2020年4月23日17:24撮影)

名前が特定できていない水鳥夕方の用水路にいた名前のわからない水鳥(5枚目/7枚)。千鳥足でで歩いています。(2020年4月23日17:25撮影)

名前が特定できていない水鳥夕方の用水路にいた名前のわからない水鳥(6枚目/7枚)。(2020年4月23日17:25撮影)

名前が特定できていない水鳥夕方の用水路にいた名前のわからない水鳥(7枚目/7枚)。(2020年4月23日17:25撮影)

2020年4月24日から26日まで(2020年4月26日)

2020年4月24日、25日、26日の夕方には姿が見られませんでした。もういなくなったのでしょうか。

4日ぶりに夕方に用水路にいた珍しい水鳥(2020年4月27日)

名前が特定できていない水鳥夕方の用水路の下流のところに4日ぶりにいた水鳥が、私が現れたことに驚いて上流の方に飛んで逃げるところ(1枚目/5枚)。(2020年4月27日17:36撮影)

名前が特定できていない水鳥尻の付近が白いのが特徴の一つです(2枚目/5枚)。(2020年4月27日17:36撮影)

名前が特定できていない水鳥着水するところ(3枚目/5枚)。(2020年4月27日17:36撮影)

名前が特定できていない水鳥少し先の右側に着水しました(4枚目/5枚)。(2020年4月27日17:36撮影)

名前が特定できていない水鳥くちばしが長くて、背中が黒くて、腹が白いいつもの水鳥です(5枚目/5枚)。(2020年4月27日17:36撮影)

いつもの場所にいた日といなかった日(2020年5月2日現在)

2020年4月28日、29日にはいませんでした。4月30日にはいました。5月1日にはいませんでした。5月2日にはいました。このように日によっていたりいなかったりですが、基本的にはこのあたりにいるようです。







関連記事

  1. 死んだメダカと一緒に泳ぐ卵を持ったメダカ

  2. 実家の庭と電線にいるジョウビタキ(2017年1月〜2019年10月)

  3. 野生のスッポンの観察2019(10匹目まで)

  4. 最初の観察から50日目の用水路で水浴びするコサギ

  5. 南阿蘇

  6. 2018年のスッポンの観察

  1. 2020年のアオサギの観察

    2020.06.03

  2. 近所の公園のソメイヨシノの木の下にいたウメエダシャク

    2020.06.03

  3. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2020年6月)

    2020.06.01

  4. 2020年に観察した15匹目以降の野生のスッポンの観察結果

    2020.05.31

  5. 玄関のドアの上の電気メーターの中に巣を作ったスズメとその雛鳥の…

    2020.05.28

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥

    2020.04.16

  4. 用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができていない珍しい水鳥

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  4. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

  5. 西郷どん第17回で出てきた鹿児島弁の解説

    2018.05.07

アーカイブ

カテゴリー