赤とんぼ

↑アイキャッチ画像はウスバキトンボで、厳密には赤とんぼではありません。

夕方の公園で飛んでいた赤とんぼ(2018年9月3日)

2018年9月3日の夕方、公園で赤とんぼの群れが飛んでいました。赤とんぼといえばアキアカネですが、それとよく似たトンボでウスバキトンボというのがいます。ウスバキトンボは赤とんぼではないといわれています。今日飛んでいたトンボはどちらなのか確認できていませんが、ひとまず赤とんぼとしておきます。

赤とんぼ夕方の公園で飛んでいた赤とんぼ。(2018年9月3日17:24撮影)

赤とんぼ前の写真を部分的に切り取って拡大しました。(2018年9月3日17:24撮影)

夕方の公園の赤とんぼの動画。(2018年9月3日17:23撮影)(2018年9月3日公開)

赤とんぼ止まっているところを見てみないとわかりませんが、アキアカネではないかと思っています。一度止まっているところを確認してみたいです。(2018年9月3日17:39撮影)

赤とんぼ前の写真を部分的に切り取って拡大しました。尻尾がけっこう赤く見えます。(2018年9月3日17:39撮影)

田んぼ脇の用水路にいたウスバキトンボ(2018年8月6日)

2018年8月6日に田んぼ脇の用水路にひっくり返って落ちていたウスバキトンボです。アキアカネとは微妙に違うようです。

赤とんぼ用水路の水の上にひっくり返っていたウスバキトンボ。(2018年8月6日17:58撮影)

赤とんぼ人差し指に掴まらせて救出して、枯れ草に止まるように置きました。(2018年8月6日17:58撮影)

赤とんぼ尻尾の先端の黒色の模様が横ではなく上にあるので、アキアカネではなくウスバキトンボだと思われます。(2018年8月6日17:59撮影)








関連記事

  1. 2020年に観察した41匹目から50匹までの野生のスッポン(2020年10月1日〜24日)

  2. 近所の用水路で捕獲したミナミヌマエビの飼育(2018年10月〜12月)

  3. 用水路にいたドジョウ

  4. 飼育10ヶ月目の1匹目の子スッポン

  5. アオバハゴロモ

  6. 明るい時に青く光って見える子メダカ

  1. 2022年に偶然撮れたお気に入りの自然の一発録り動画

    2022.01.11

  2. 飼育2匹目のスッポンの1159日からの飼育記録と高い理解力に関する考…

    2022.01.08

  3. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2022年1月)

    2022.01.01

  4. 用水路にいる五位鷺(ゴイサギ)の観察2021

    2021.12.26

  5. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年12月)

    2021.12.01

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥はチゴモズ(稚児百舌…

    2020.04.16

  4. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー