スッポンが首を伸ばして背中のヒルを取って食べるところを観察

↑上のアイキャッチ画像は2019年6月18日の17:29に撮影したものです。

用水路にいた2019年の13匹目のスッポンが背中のヒルを取り除いて食べるまで(2019年6月18日)

スッポン
首を伸ばしています。(2019年6月18日17:28撮影)

スッポン
首を伸ばしたまま右に曲げました。(2019年6月18日17:28撮影)

スッポン
右前足の付け根あたりを噛んでいるように見えます。(2019年6月18日17:28撮影)

スッポン
噛むのをやめました。(2019年6月18日17:28撮影)

スッポン
前の方を向き始めました。(2019年6月18日17:28撮影)

スッポン
下を向きました。(2019年6月18日17:28撮影)

スッポン
再び右前足を気にし始めました。(2019年6月18日17:28撮影)

スッポン
背中の方のぐっと首を伸ばしました。(2019年6月18日17:28撮影)

スッポン
さらにぐっと首を後方に伸ばしました。(2019年6月18日17:29撮影)

スッポン
何かを噛んだようにも見えます。(2019年6月18日17:29撮影)

スッポン
何かを噛んだまま引っ張っているようにも見えます。(2019年6月18日17:29撮影)

スッポン
首が前の方に戻りつつあります。(2019年6月18日17:29撮影)

スッポン
無理な体勢だったので疲れたのでしょうか。(2019年6月18日17:29撮影)

スッポン
元の体勢に戻ってじっとしています。(2019年6月18日17:29撮影)

スッポン
首を曲げて右前足の付け根あたりにくっついた何かを取り除こうとしています。(2019年6月18日17:28撮影)

2019年の13匹目のスッポンが背中にくっついているヒルを首を伸ばして取り除くところを動画に収めました。外したヒルを食べているように見えます。ヒルは1つ前の動画に映っています。甲羅の最後部付近の右足側に長いものがくっついて伸びているのが確認できます。(2019年6月18日17:29撮影)(2019年6月18日公開)

まとめ

子スッポンは甲羅の最後部まで口が届きましたが、この中サイズのスッポンは届かないように見えます。大きくなると届かなくなるのかもしれません。そういう意味ではスッポンを手で掴む時に唯一安全な場所と言われる尻尾のところの甲羅は、大きいスッポンには有効であるといえます。小さいスッポンは自分の甲羅の最後部まで口が届く可能性が高いからです。そうすると掴んでいる指を噛まれます。しかし、危ないのは口だけではありません。大きいスッポンの後ろ足でひっかかれる可能性もあるからです。よって、大きいスッポンを掴む時は軍手をするなりしないと怪我をしそうです。







関連記事

  1. 近所の用水路で早朝に水面から跳び上がっていたオイカワ

  2. 飼育6ヶ月の大きい方の子スッポンの習性と身体的特徴

  3. 冠羽のあるコサギを近くで観察した結果

  4. 波状飛行するハクセキレイとキセキレイとセグロセキレイ

  5. 近所にいるササゴイの観察結果(2021年)

  6. 近所の用水路のコイの観察(2019年)

  1. カワセミの求愛行動

    2022.09.27

  2. 9月の減量におけるウォーキングの効果(2022年9月)

    2022.08.30

  3. 2022年に保護した赤ちゃんスッポン9匹の飼育記録

    2022.08.22

  4. 泥の中から助け出され九死に一生を得た強運を“持っている”3匹の赤ち…

    2022.08.19

  5. 日齢1046日のスッポンの腹甲の細菌性皮膚炎が完治するまでのプロセス

    2022.08.18

  1. 2022年に観察した近所の公園のチョウトンボ

    2022.07.20

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 図鑑で見つけることができていなかった珍しい小鳥はツリスガラ(吊…

    2020.04.16

  5. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー