実家の庭と電線にいるジョウビタキ(2017年1月〜2019年10月)

車のガラスに自分の姿を見ているジョウビタキ(2017年1月3日)

(2017年1月3日12:59撮影)(2017年1月7日公開)

桜の木にいるジョウビタキ(2017年11月4日)

(2017年11月4日16:32撮影)(2017年11月4日公開)

早朝のジョウビタキ(2018年10月21日)

シジュウカラとジョウビタキ(2018年10月21日16:28)(2018年10月21日公開)

早朝のジョウビタキの鳴き声 (2018年10月21日6:40)(2018年10月21日公開)

早朝の電線の上のジョウビタキ(2018年10月21日6:42)(2018年10月21日公開)

電柱の上に止まっている頭が白っぽいジョウビタキ(2018年10月21日12:15)(2018年10月21日公開)

電柱の上で鳴いている頭が白く見えるジョウビタキ(2018年10月21日12:16)(2018年10月21日公開)

さくらんぼの木から電線に移ったジョウビタキ(2018年10月21日16:33)(2018年10月21日公開)

さくらんぼの木にいたジョウビタキ(2019年1月3日)

ジョウビタキ夕方に庭のさくらんぼの木の枝にジョウビタキが「チッチッ」と鳴きながら止まっていました。(2019年1月3日17:30)

夕方に庭のさくらんぼの木に止まっているジョウビタキの様子を動画に収めました。(2019年1月3日17:34)(2019年1月3日公開)

観音桜展望台のところの林から聞こえたジョウビタキと思われる鳥の鳴き声(2019年4月8日)

南阿蘇村の観音桜展望台のところの観音桜の木の南側の林からジョウビタキのものと思われる鳴き声が聞こえていました。その鳴き声を風景とともに動画に収めました。残念ながら鳥はどこにいるかわかりませんでした。よって鳥の名前がわかえあなかったのですが、その後、2019年5月4日に田舎に帰省中に録ったジョウビタキの鳴き声とよく似ていることがわかりました。(2019年4月8日13:37撮影)(2019年4月8日公開)

電線の上で鳴いているジョウビタキ(2019年5月4日)

ジョウビタキ実家の上の電線に止まって鳴いているジョウビタキ。(2019年5月4日7:03)

ジョウビタキ向きを変えました。まだ鳴いています。(2019年5月4日7:03)

早朝に実家の上の電線できれいな声で鳴いているジョウビタキの様子を動画に収めました。この鳴き声から、4月8日の南阿蘇村で鳴いていた鳥の正体がジョウビタキであるということがわかりました。(2019年5月4日7:03撮影)(2019年5月4日公開)

電線の上で地鳴きしているジョウビタキ(2019年5月4日)

ジョウビタキジョウビタキが1枚前の写真の電線から少し離れた別の電線に飛んでいき「チッチッ」と地鳴きを始めました。(2019年5月4日7:04)

前の動画の電線から別の電線に飛んでいき、そこで「チッチッ」という地鳴きを始めたジョウビタキを動画に収めました。とても聞こえにくいです。ヒヨドリが15秒〜19秒のところで鳴いていますが、それとは全く違います。この動画が重要なのは、1つ前の動画のジョウビタキと同じ個体が全く違う鳴き方をしていることです。(2019年5月4日7:05撮影)(2019年5月4日公開)

電線の上でさえずっているジョウビタキ(2019年5月4日)

1つ前の動画を撮影した時点から約16分後に電線の上できれいな声でさえずっているジョウビタキがいました。前の動画のジョウビタキと同じ個体です。(2019年5月4日7:21撮影)(2019年5月4日公開)

早朝に電線の上で鳴いていた1羽のジョウビタキ(2019年8月14日)

ジョウビタキバッティングのケージのフレームに止まっている1羽のジョウビタキ。(2019年8月14日7:21撮影)

早朝に1羽のジョウビタキが電線に止まって美しい声で鳴いていました。そのあと庭に降りてからすぐにバッティングのケージのフレームに止まって、最後は畑の方に飛んでいきました。(2019年8月14日7:21撮影)(2019年8月14日公開)

TVアンテナに止まっているジョウビタキの地鳴き(2019年10月26日)

ジョウビタキ
TVアンテナの上で鳴いている鳥。(2019年10月26日15:33撮影)

ジョウビタキ
1枚前の写真を部分的に切り取って拡大。(2019年10月26日15:33撮影)

ジョウビタキ
ジョウビタキの地鳴きに聞こえます。イソヒヨドリの地鳴きにも似ていますが、外見からメスのジョウビタキと思われます。(2019年10月26日16:18撮影)

ジョウビタキ
1枚前の写真を部分的に切り取って拡大。(2019年10月26日16:18撮影)

熊本市の住宅地のTVアンテナの上でメスのジョウビタキのものと思われる地鳴きが聞こえました。それを動画に収めました。(2019年10月26日15:35撮影)(2019年10月26日公開)

電線の上に止まっているジョウビタキの地鳴き(2019年10月29日)

ジョウビタキ
3日前に録画したジョウビタキと同じ個体と思われます。(2019年10月29日11:47撮影)

ジョウビタキ
1枚前の写真のジョウビタキを拡大しました。イソヒヨドリではないことはわかります。(2019年10月29日11:47撮影)

ジョウビタキ
後方を向いているところを撮影しました。頭は黒っぽく写っていますが、動画では灰色に見えます。(2019年10月29日11:47撮影)

ジョウビタキ
1枚前の写真のジョウビタキを拡大しました。(2019年10月29日11:47撮影)

ジョウビタキ
この写真から少なくともイソヒヨドリではないことは確かなようです。間違っているかもしれないのはオスとメスですが、ジョウビタキのオスはもっと黒い部分があって色のコントラストがはっきりしているので、メスかもしれませんが、光の加減で明るく見えているだけかもしれないのでオスかメスかはっきりしません。(2019年10月29日11:47撮影)

ジョウビタキ
1枚前の写真のジョウビタキを拡大しました。ウグイス色をしているように見えます。(2019年10月29日11:47撮影)

ジョウビタキ
1枚前の写真のジョウビタキをさらに拡大しました。(2019年10月29日11:47撮影)

ジョウビタキ
1枚前の写真のジョウビタキをさらに拡大しました。広げすぎた感がありますが、拡大して見ることでわかることもあります。(2019年10月29日11:47撮影)

熊本市の住宅地の電線の上でメスのジョウビタキと思われる小鳥が鳴いているところを動画に収めました。3日前の小鳥と同じ個体です。この一週間、毎日近所を転々としながら鳴いているからです。(2019年10月29日11:48撮影)(2019年10月29日公開)

早朝にTVアンテナの上で地鳴きしていたジョウビタキ(2019年10月30日)

早朝に隣のアパートの屋根のTVアンテナの上からジョウビタキの地鳴きが聞こえました。昨日のジョウビタキと同じ個体です。ここ1週間ほど近所でよく鳴いています。今朝は「ピー、ピー」という鳴き声の他に「カチッ、カチッ」という音も聞こえました。(2019年10月30日6:20撮影)(2019年10月30日公開)







関連記事

  1. メダカの卵の孵化プロセスの観察

  2. カヤヒバリの鳴き声

  3. 用水路と水槽のフナの観察

  4. 2匹目の子スッポンの飼育記録(2020年9月〜)

  5. オイカワの飼育2019

  6. 玄関のドアの上の電気メーターの中に巣を作ったスズメとその雛鳥の観察

  1. 2020年に住宅地の汚れた側溝で保護した11匹の野生の赤ちゃんスッポン

    2020.11.02

  2. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2020年11月)と減量8kg成功…

    2020.11.01

  3. 魚を捕食するダイサギの観察とコサギとの行動の比較

    2020.10.29

  4. 本当はもう1匹いた月齢2ヶ月の台湾生まれの赤ちゃんスッポン

    2020.10.27

  5. 2020年に観察した51匹目以降の野生のスッポン(2020年10月24日〜)

    2020.10.25

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥

    2020.04.16

  4. 用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができていない珍しい水鳥

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  4. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

  5. 西郷どん第17回で出てきた鹿児島弁の解説

    2018.05.07

アーカイブ

カテゴリー