2匹目の子スッポンの飼育記録(2020年9月)

↑上のアイキャッチ画像は2020年9月11日10:56に撮影した飼育23ヶ月目に入った2匹目の子スッポン。

2018年9月5日から飼育を始めた2匹目の子スッポンがあと2ヶ月で飼育満24ヶ月になります(2020年11月5日で)。

2020年9月1日現在、甲長は16cmです。

サケの切り身の断片に食いつく飼育666日のスッポン(2020年9月1日)

スッポン
昼前にガラス水槽の中でエサを催促している飼育666日目のスッポン。(2020年8月30日11:10撮影)

スッポン
エサが落ちてくる上の方をじっと見ています。(2020年9月1日11:16撮影)

飼育666日のスッポンが昼前にガラス水槽の中で冷凍したサケの切り身の断片に食いつくところを動画撮影しました。(2020年9月1日11:16撮影)(2020年9月1日公開)

スッポン
エサを食べて落ち着いたのか、奥の方に行って落ち着いています。(2020年9月1日11:18撮影)

水槽の中で飼い主に顔を近づける飼育667日のスッポン(2020年9月2日)

スッポン
私が上から見ているのに気づいたスッポン。エサを欲しがっているようです。(2020年9月2日11:22撮影)

飼育667日のスッポンが昼前にガラス水槽の中で上から動画撮影しているデジカメに顔を近づけるところが映っています。デジカメを持っていない時は飼い主の顔に向かって登ってきます。(2020年9月2日11:24撮影)(2020年9月2日公開)

スッポン
水槽に敷いてある台所用のシンクマットの下に潜り込んでしまうスッポン。よくシンクマットの穴から中途半端に顔を出します。(2020年9月2日14:56撮影)

強制的な日光浴後に急に全速力で走り出す飼育668日のスッポン(2020年9月3日)

スッポン
飼育668日のスッポンをたらいに入れてベランダで日光を当てているところ。(2020年9月3日16:31撮影)

スッポン
こちらに向いて首を伸ばしているところ。わりと従順です。(2020年9月3日16:31撮影)

スッポンに強制的な日光浴をさせた後に部屋の中に入れた途端、急に全速力で走り出します。その様子を飼育668日のスッポンで動画撮影しました。他のスッポンも同様の挙動を示します。(2020年9月3日16:32撮影)(2020年9月3日公開)

サケの切り身の小片に食いつくのを数回空振りする飼育674日のスッポン(2020年9月9日)

スッポン
飼育674日のスッポンが60cm水槽の中で上から落とされるサケの切り身を待っているところ。(2020年9月9日16:19撮影)

スッポン
鋭い眼光を飛ばしています。(2020年9月9日16:19撮影)

飼育674日のスッポンがガラス水槽の上から落とされるサケの切り身に食いつく時にうまく捕捉できなくて数回空振りするところを動画に収めました。(2020年9月9日16:19撮影)(2020年9月9日公開)

背中が気になる飼育676日のスッポン(2020年9月11日)

スッポン
60cm水槽の中の飼育674日のスッポン。(2020年9月11日16:35撮影)

飼育674日のスッポンが60cm水槽の中でくるくる回る様子を上から動画に収めました。背中に触られているのが気になっているようです。(2020年9月11日16:37撮影)(2020年9月11日公開)

たらいの中で手の匂いを嗅いで甘噛みする飼育678日のスッポン(2020年9月13日)

スッポン
飼育676日のスッポンがたらいの中で指の匂いを嗅いでいるところ。(2020年9月13日6:59撮影)

飼育676日のスッポンが朝に一次的に移したたらいの中で飼い主の手の指をくんくん嗅いで時々甘噛みするところを動画に収めました。(2020年9月13日7:02撮影)(2020年9月13日公開)

スッポン
嗅いでは離れ、嗅いでは離れの繰り返しです。しばらくは続きます。(2020年9月13日7:05撮影)

飼育681日のスッポンと握手(shaking hands)(2020年9月16日)

飼育681日のスッポンとたらいの中で握手(shake hands)してみました。意外と応えてくれました。(2020年9月16日7:14撮影)(2020年9月16日公開)

マッサージすると気持ち良さそうな表情を浮かべる飼育683日のスッポン(2020年9月18日)

スッポン
ソフトバスケット内のタオルにくるまっている飼育683日のスッポン。乾燥時間に充てています。(2020年9月18日20:30撮影)

飼育683日のスッポンが乾燥中にタオルの中にいる時にマッサージしたところ、気持ち良さそうな表情を浮かべていました。(2020年9月18日20:32撮影)(2020年9月18日公開)







関連記事

  1. 近所の用水路にいるオイカワの観察

  2. 飼育している多数のオイカワの中に1匹いたカワムツ

  3. カワラヒワの観察記録2019

  4. いろいろなところで見かけたカワラヒワの記録2018

  5. 満開の桜の花の蜜を食べるヒヨドリの観察2020

  6. パッションフルーツの開花

  1. 2020年に用水路で保護した3匹目の赤ちゃんスッポン

    2020.09.23

  2. 2020年に用水路で保護した2匹目の赤ちゃんスッポン

    2020.09.23

  3. 2020年に用水路で保護した4匹目の赤ちゃんスッポン

    2020.09.22

  4. 2020年に用水路で保護した1匹目の赤ちゃんスッポン

    2020.09.18

  5. 観察開始から53日目以降のミシシッピアカミミガメ

    2020.09.14

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥

    2020.04.16

  4. 用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができていない珍しい水鳥

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  4. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

  5. 西郷どん第17回で出てきた鹿児島弁の解説

    2018.05.07

アーカイブ

カテゴリー