減量におけるウォーキングの効果の検討(2022年1月)

こんにちは 隠れ熊の実です。

2019年5月29日から始めた減量プロジェクトも2022年1月末で2年8ヶ月、2022年5月末で満3年になります。67kgぐらいあった体重は概ね9kg減って58kgぐらいになりました。12月は少し増えて59kgになりましたが、2022年は過度に減量することは健康上悪そうなので、あと1〜2kgぐらい減量できたらそこから現状維持に努めようと思っています。できればもっと筋肉を鍛えようと思います。まずは花粉症のシーズンが始まる直前の最後の月である1月を満喫して2月を迎えようと思います。

ウォーキングを始めた当初はどちらかというとジョギングという感じで、近所の大きい公園のトラックを10周ぐらいしていました。直径100メートルはあったと思うので、外周は300メートル以上あったと思います。それを10周ですから3kmです。しかし、短時間でもめりはりをつけたウォーキングを30分前後で十分減量できることを思いがけず自分自身で証明しました。それによって体重を67kg前後から58kg前後まで減らすことができました。それに伴い、健康診断結果も改善されてきました。今後は無闇に減量することは必要ないので、このめりはりウォーキングを継続して体重を現状維持していくことがむしろ重要だと思っています。しかし、めりはりウォーキング4年目を控えたこの冬場は寒さのため体調を崩しやすいことや、外出してのウォーキングがとても億劫に感じることが継続していくにあたっての手強い難敵になりそうです。

体重減少に及ぼすウォーキングの影響(2022年1月1日〜)

年月日
ウォーキングの量
体重(入浴後)
2022年1月1日
昼前のウォーキングは風邪気味のため休み
夕方のウォーキングも風邪気味のため休み
59kg
2022年1月2日
帰省中のためウォーキングには行かなかった
帰省して太った
60kg
2022年1月3日
金柑の苗を買ってきて植えた(14:30〜15:00の30分)
帰省中のためウォーキングには行かず、庭のムベの木の撤去作業(16:00〜17:30の90分)
60kg
2022年1月4日
実家の山を見に行った(13:30〜15:00の90分)
弟のジョギングシューズをもらってきた
60kg
2022年1月5日
午後13時頃からユニクロを2ヶ所回った。(14:00〜15:50の110分)
風邪気味のため(喉のイガイガのため)ウォーキングは休み
60kg
2022年1月6日
風邪気味のためウォーキングは休み
60kg
2022年1月7日
昼前のウォーキングは休み
昼食はサラダバー付きランチ、米は七草粥を1杯食べた。そのほかフライドポテト、ぜんざいを2杯食べた。
ユニクロに安くなったフランネルチェックシャツを2着買いに行った(1,290円×2点)。
夕方のウォーキングは休み
夕食は食べなかった。
61kg
2022年1月8日
昼前のウォーキングは休み
夕方のウォーキング(17:22〜17:50の30分)。今年初。正月休みに弟からもらった新しいジョギングシューズを初めて履いてウォーキングに出てみた。少し重いけど履き心地はまあまあで、慣れれば問題なし。
59.5kg
2022年1月9日
昼前のウォーキングは休み
夕方のウォーキング(17:33〜17:58の25分)
59.5kg
2022年1月10日
昼前のウォーキングは休み
夕方のウォーキング(17:29〜18:01の32分)
59kg
2022年1月11日
昼前のウォーキングは休み
夕方のウォーキング(17:31〜18:00の29分)
近所の公園の時計はradio-controlled timepieceでることが判明(自分の電波時計を持って行って比較した)。よってデジカメの撮影時間は1分進んでいる。17:31〜18:00は実際は17:30〜17:59だけど未補正。(このまま行っても1分程度ならほとんど支障はない為)
59kg
2022年1月12日
昼前のウォーキングは休み
夕方のウォーキング(17:34〜18:06の32分)
59.5kg
2022年1月13日
昼前のウォーキングは休み
夕方のウォーキングも休み
59.5kg
2022年1月14日
昼前のウォーキングは休み
昼食はサラダバー付きランチ、米は炊き込みご飯を軽く1杯食べた。そのほかフライドポテト、ぜんざいを2杯食べた。
夕方のウォーキング(17:36〜18:04の28分)
夕食は食べなかった
61kg
2022年1月15日
昼前のウォーキングは休み
夕方のウォーキングも休み
60kg
2022年1月16日
昼前のウォーキングは休み
夕方のウォーキング(17:19〜17:53の34分)
61kg
2022年1月17日
昼前のウォーキングは休み
夕方のウォーキング(17:34〜17:56の22分←いつもより少し速足で歩いた)
59kg
2022年1月18日
昼前のウォーキングは休み
夕方のウォーキング(17:20〜17:52の32分)
60kg
2022年1月19日
昼前のウォーキングは休み
夕方のウォーキング(17:55〜18:09の14分)
59.5kg
2022年1月20日
昼前のウォーキングは休み
夕方のウォーキング(17:16〜17:52の36分)
数日前から鼻がもぞもぞして鼻水が出るので、早くも花粉症が始まったかもしれない
59kg
2022年1月21日
昼前のウォーキングは休み
昼食はサラダバー付きランチ、米は白米を1杯食べた。そのほかフライドポテト、ぜんざいを2杯食べた。
夕方のウォーキング(17:36〜18:07の31分)
夕食は食べなかった
60.5kg
2022年1月22日
昼前のウォーキングは休み
夕方のウォーキングも雨のため休み
59.5kg
2022年1月23日
昼前のウォーキングは休み
夕方のウォーキングも雨のため休み
59kg
2022年1月24日
昼前のウォーキングは休み
夕方のウォーキング(17:21〜17:51の30分)
59.5kg
2022年1月25日
昼前のウォーキングは休み
夕方のウォーキング(17:21〜17:52の31分)
59kg
2022年1月26日
昼前のウォーキングは休み
夕方のウォーキング(17:27〜18:04の37分)
59kg
2022年1月27日
昼前のウォーキングは休み
夕方のウォーキング(17:30〜18:03の33分)
59kg
2022年1月28日
昼前のウォーキングは休み
夕方のウォーキング(17:12〜17:47の35分)
59kg
2022年1月29日
帰省中のためウォーキングは休み
59.5kg
2022年1月30日
帰省中のためウォーキングは休み
60kg
2022年1月31日
昼前のウォーキングは休み
夕方のウォーキング(17:47〜18:08の21分)
59.5kg

2022年1月の途中経過(2022年1月8日現在)

2022年(令和4年)初めての夕方のウォーキングに行った。数年間実家の下駄箱の中にあった真新しいジョギングシューズを弟から譲り受けたので、それを使ってみた。少し重量感があるが、減量のためには良いかもしれない。

2022年1月の途中経過(2022年1月19日現在)

1月19日のYahoo!ニュースに武田真治氏の記事があり、体脂肪率が下がると免疫力が落ちる旨の記述がコメント欄にもありました。そういえば私の場合も体重が減ってから風邪をひきやすくなったような気がしていました。これで辻褄が合いました。休むことも大事だと思いました。実際、私の場合は昨年末から体調が悪い日はウォーキングを休みがちでしたが、結果的にはそれでよかったのだと思えました。これからも休む時は休み、過度な減量もしない(適度な体脂肪率を保つ)方向性で行こうと思いました。

2022年1月の途中経過(2022年1月27日現在)

1月25日前後から体重は59kgで安定してきました。

2022年1月のまとめ(2022年1月31日現在)

2022年1月は59.5kgで終わりました。帰省中はだいたい体重が増えるので、このような結果になりました。1月を振り返ると実質59kgだったといえます。58kgより1kg多いですが、まあ許容範囲です。冬なのでむしろこの方が良かったかもしれません。

2月からは花粉が飛び始めます。いよいよ花粉シーズンの到来です。400℃の法則でいけば私の住んでいる県庁所在地は1月1日からの最高気温の合計が1月31日現在で345.0℃だと夕方のローカルニュースで言っていたので(17:12)、400℃を超えるのは2月7日ぐらいになりそうです。このご時世、マスクはずっとしているので対策は大きくは変わらないのですが、病院で薬を処方してもらうタイミングをどうしようかと思案中です。薬がないとどうしても花粉症の症状は避けられないので辛いです。また、花粉シーズンが続く5月までの4ヶ月はウォーキングから帰って来てから玄関先で服をはたいて花粉を払うという行動をルーティーンに入れなければなりません。







関連記事

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年9月)

  2. 6月の減量におけるウォーキングの効果(2022年6月)

  3. 減量におけるウォーキングの効果の検討(10月1日〜11月30日)

  4. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年8月)

  5. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

  6. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2020年3月)

  1. 7月の減量におけるウォーキングの効果(2022年7月)と健康診断結果…

    2022.07.01

  2. ヤマトヌマエビ

    2022.06.28

  3. イシマキガイ

    2022.06.28

  4. 水田で反時計回りと時計回りに回転している2つの小さい渦

    2022.06.26

  5. 2022年に観察した野生のスッポンの記録(19匹目〜)

    2022.06.26

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥はチゴモズ(稚児百舌…

    2020.04.16

  4. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー