花粉症シーズンが始まる2月の減量におけるウォーキングの効果(2022年2月)

こんにちは 隠れ熊の実です。

2019年5月29日から始めた減量プロジェクトも2022年2月に2年9ヶ月目を迎えました。満3年になる2022年5月末まであと3ヶ月です。振り返ればメタボ予備軍という診断が出て67kgぐらいあった体重は概ね8kg減の59kgというのが現在の状況です。一時的に最大10kg減った時がありましたがあまり健康的ではないのではと感じたので、58〜59kgぐらいが私にはベストのような気がしています。これまで5回ぐらい尿管結石が発症したので汗をかく季節になれば水分を多めに摂る、というか尿が濃縮されないようにすることを心掛けなければなりません。体重については基本的には現状維持でも問題ないと思っていますが、4月に受ける予定の健康診断の数値が少しでも改善されるようにしたいと思っているので、これから向こう2ヶ月余りは体重を1kgぐらい減らして58kgぐらいにしてもいいような気がします。

2022年の花粉飛散量は、私の住んでいる西日本では前年比で約75%になるという予想が出ています。私の花粉症の症状は副鼻腔に疼痛がしてとても苦しいので25%でも少ないととても助かります。予想が当たってほしいと思います。一方、北海道では前年比で約180%、東北北部や北陸では約130%、関東や東海では前年と同程度の予想が出ています。

体重減少に及ぼすウォーキングの影響(2022年2月1日〜)

この表は毎日更新します。私の日記も兼ねています。
年月日
ウォーキングの量
体重(入浴後)
2022年2月1日
風邪気味のためウォーキングは休み
59.5kg
2022年2月2日
風邪気味のためウォーキングは休み(実際のところ花粉症の症状かもしれないので様子見)
59kg
2022年2月3日
昼前のウォーキングは休み
夕方のウォーキング(17:06〜17:36の30分)
59.5kg
2022年2月4日
昼食はサラダバー付きランチ、米は1杯食べた。そのほかフライドポテト少々、ぜんざい1杯。
午後に郵便局に投函しに行った(14:11〜14:28の17分)
夕方のウォーキング(17:32〜17:59の27分)
夕食は食べなかった。
60.5kg
2022年2月5日
昼前のウォーキングは休み
夕方のウォーキングも休み
59.5kg
2022年2月6日
昼前のウォーキングは休み
夕方のウォーキング(17:30〜18:00の30分)
59.5kg
2022年2月7日
昼前のウォーキングは休み
夕方のウォーキングも休み(正午過ぎに訃報が届いた。今夜が通夜で明日が葬儀)
60kg
2022年2月8日
昼前のウォーキングは休み
夕方のウォーキング出発直後に近所の側溝のアナカリスの上で甲長23cmのスッポンが水面に甲羅を出して死んでいるのを発見。寒空の下、息を引き取って硬直していた。一旦帰宅して網を持って来て掬って持ち帰った。そのあとビニール袋に入れて水の流れている用水路の本流まで持って行って淵に流した。命の儚さを痛感した一日。(17:41〜18:30の49分)
59.5kg
2022年2月9日
昼前のウォーキングは昨日のスッポンを確認に行った。沈んでいる姿がまるで生きているようだった。(11:39〜12:02の23分)
夕方のウォーキング(17:13〜17:43の30分)
帰ってきてから鼻が痛くなった。花粉のせいである可能性大。
59kg
2022年2月10日
鼻が痛くて眠れなかったので、朝一番で耳鼻咽喉科に行って診察を受けて花粉症の薬を処方してもらってきた。
昼食はサラダバー付きランチ、米は食べなかった。そのほかフライドポテト少々、ぜんざい2杯。
夕方のウォーキング(17:36〜17:55の19分)
夕食は食べなかった。
60kg
2022年2月11日
昼前のウォーキングは休み
夕方のウォーキング(17:40〜18:06の26分)
60kg
2022年2月12日
昼前のウォーキングは休み
夕方のウォーキング(17:26〜17:57の31分)
59.5kg
2022年2月13日
昼前のウォーキングは休み
夕方のウォーキング(17:17〜17:35の18分)
59.5kg
2022年2月14日
昼前のウォーキングは休み
夕方のウォーキング(17:48〜18:13の25分)
夕方のウォーキング時に花粉が多く飛んでいたと帰って来てから感じた。
59.5kg
2022年2月15日
昼前のウォーキングは休み
夕方のウォーキングも休み
60.5kg
2022年2月16日
昼前のウォーキングは休み
夕方のウォーキング(16:38〜17:13の35分)
60.5kg
2022年2月17日
昼前のウォーキングは休み
夕方のウォーキング(17:01〜17:38の37分)
60kg
2022年2月18日
昼前のウォーキングは休み
昼食はサラダバー付きランチ、米はランチのメインディッシュのドリア1杯だけ。そのほかフライドポテト少々、ぜんざい2杯。
夕方のウォーキングも休み
夕食は食べなかった。
61kg
2022年2月19日
昼前のウォーキングは休み
夕方のウォーキングも休み
59.5kg
2022年2月20日
昼前のウォーキングは休み
夕方のウォーキング(17:20〜17:46の26分)
60kg
2022年2月21日
昼前のウォーキングは休み
夕方のウォーキング(17:49〜18:14の25分)
60.5kg
2022年2月22日
昼前のウォーキングは休み
夕方のウォーキングは頭痛のため休み(頭痛は花粉が原因の可能性があるためウォーキングは大事をとって中止)
60.5kg
2022年2月23日
昼前のウォーキングは休み
夕方のウォーキングも休み
60.5kg
2022年2月24日
昼前のウォーキングは休み
夕方のウォーキング(16:18〜17:18の60分)
60.5kg
2022年2月25日
昼前のウォーキングは休み
昼食はサラダバー付きランチ、米は食べなかった。フライドポテト少々、ぜんざい2杯。
夕方のウォーキング(17:39〜18:11の32分)
夕食は食べなかった。
61.5kg
2022年2月26日
昼前のウォーキングは休み
夕方のウォーキング(17:28〜18:07の39分)
60.5kg
2022年2月27日
昼前のウォーキングは休み
夕方のウォーキング(17:35〜18:07の32分)
60kg
2022年2月28日
昼前のウォーキングは休み
夕方のウォーキング(17:34〜18:06の32分)
60kg

2022年2月の途中経過(2022年2月1日現在)

2月に入って初日から副鼻腔が痛くて、体がだるく、しかも気温が低くて寒気がしているためウォーキングは休んだ。

2022年2月の途中経過(2022年2月9日現在)

夕方にのウォーキングから帰ってきてから鼻が痛くなった。夜も眠れなかった。一般に朝と夕方に花粉の飛散量が多いと言われているので、これまで17時台に行っていたウォーキングをもう少し早めた方がよいのではないかと思われる。

2022年2月の途中経過(2022年2月14日現在)

2月14日の夕方は花粉の飛散量がいつもより多かったと感じた。ウォーキングから帰って来てから花粉症の症状がいつもより出た。翌日の朝方に鼻が痛くて起きた。ウォーキングの時間帯を花粉の飛散量の比較的少ない時間帯にずらす必要性を感じた。ついに本格的に花粉シーズンが到来したかと実感した最初の日だった。

2022年2月の途中経過(2022年2月21日現在)

2月に入ってからウォーキングに出ている時間が20分台になることが多くなりました。花粉のせいか、体調が悪くなることが何回かあったからです。できるだけ急ぎ足で歩いて、花粉に暴露する時間をできるだけ短くしようと思いました。今月になって何回か夕方のウォーキングを休みましたが(昼前のウォーキングは行く方が珍しくなっています)、多少時間が短くなっても急ぎ足で歩いているので歩行距離は変わらないし、全く歩かないよりましです。減量効果の高いめりはりウォーキングにはなっていると思います。

2022年2月のまとめ(2022年2月28日現在)

2022年2月28日現在の体重は60kgでした。若干増えましたが、冬場はこんなものだと思います。3月になればもっと暖かくなるので、あと1kgぐらい減量できると思います。58kgまで2kg減らす必要はないと思っています。ちなみに2020年2月29日は63kg、2021年2月28日は60.5kgでした。







関連記事

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2020年12月)

  2. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年1月)

  3. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2020年9月)

  4. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年8月)

  5. ヒノキ花粉も飛び出した4月の減量におけるウォーキングの効果(2022年4月)

  6. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2020年5月)

  1. 2022年に保護したスッポン幼体の飼育

    2022.05.25

  2. 用水路にいるゴイサギ(五位鷺)の観察(2022年)

    2022.05.22

  3. 近所の用水路にいる大きいナマズの観察2022

    2022.05.22

  4. 近所の用水路にいるダイサギの観察2022

    2022.05.19

  5. 近所の用水路にいるオイカワの観察2022

    2022.05.19

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥はチゴモズ(稚児百舌…

    2020.04.16

  4. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー