6月の減量におけるウォーキングの効果(2022年6月)

こんにちは 隠れ熊の実です。

5月の最終日現在で体重は61kgでした。昨日と今日でカレーを食べ過ぎたと思います。その分、5月31日に3回も歩いたのですが、それでも61kgでした。5月中には健康診断に行きませんでしたが、昨年も6月下旬に行っていたので、体重を少し絞ってから6月30日までに行こうと思っています。あと1kgぐらい減れば60kgになります。今月の目標は体重を59kg〜60kgの範囲になるようにして健康診断を受けることです。

ただ、これから雨が多くなるので歩きに行けない日が増えると予想されます。その分を何かでカバーしないとまずいと思っています。近所のショッピングモールでウィンドウショッピングするとか、部屋でカロリー消費のちょっとした運動をするとかが考えられます。でも、私はこれまで3年以上、毎日朝と夕方に1時間ずつスッポンの水換えを行なってきました。これは意外に重労働です。定期的に腰にきたりします。その水換えのやり方を工夫すればもっと減量できるかもしれません。少し考えてみようと思います。

体重減少に及ぼすウォーキングの影響(2022年6月1日〜)

この表は毎日更新します。私の日記も兼ねています。
年月日
ウォーキングの量
体重(入浴後)
2022年6月1日
朝のウォーキングは休み
夕方のウォーキング(17:11〜17:59の48分)
60kg
2022年6月2日
朝のウォーキングは休み
午後に近所の用水路にアナカリスを採取に行った(15:00〜15:30の30分)
夕方のウォーキング(16:49〜17:49の60分)
59.5kg
2022年6月3日
朝のウォーキングは休み
夕方のウォーキング(17:05〜17:42の37分)
59.5kg
2022年6月4日
帰省中のためウォーキングは休み
チートデーなので体重増
61kg
2022年6月5日
帰省中のためウォーキングは休み(雨天のため)
チートデーなので体重増
明日からまたウォーキングに集中
61.5kg
2022年6月6日
朝のウォーキングは休み
夕方のウォーキング(17:18〜18:04の46分)
60.5kg
2022年6月7日
朝のウォーキングは休み
夕方のウォーキング(17:11〜17:46の35分)
60.5kg
2022年6月8日
朝のウォーキングは休み
夕方のウォーキング(17:18〜17:51の33分)
60kg
2022年6月9日
朝のウォーキングは休み
夕方のウォーキング(17:24〜18:03の39分)
59.5kg
2022年6月10日
朝のウォーキングは雨のため休み
昼食はサラダバー付きランチ。米は炊き込みご飯1杯。フライドポテトは食べなかった。和風パスタ少々、ぜんざい1杯。
夕方のウォーキング(15:57〜16:44の47分)
夕食は食べなかった
61kg
2022年6月11日
今日から梅雨入り。
朝のウォーキングは休み
夕方のウォーキングも雨のため休み
60kg
2022年6月12日
ラジオ第1で6:30からラジオ体操(10分)
朝のウォーキングは休み
夕方のウォーキング(17:21〜17:55の34分)
60.5kg
2022年6月13日
朝のウォーキング(6:25〜7:04の39分)
夕方のウォーキングは雨のため休み
60.5kg
2022年6月14日
朝のウォーキングは休み
夕方のウォーキングは保険外交員との打ち合わせで外出していたため行けなかった
60kg
2022年6月15日
朝のウォーキングは雨のため休み
夕方のウォーキング(17:08〜17:43の35分)
59.5kg
2022年6月16日
朝のウォーキングは休み
夕方のウォーキング(17:19〜17:56の37分)
59.5kg
2022年6月17日
朝のウォーキングは休み
夕方のウォーキング(17:12〜17:50の38分)
59.5kg
2022年6月18日
朝のウォーキングは休み
今日は暑かったので水分をいつもより多めに摂った。
夕方のウォーキング(17:25〜17:56の31分)
60kg
2022年6月19日
朝のウォーキングは休み
昨夜の夕食と今日の昼食でカレーライスを食べ過ぎた。
夕方のウォーキング(17:15〜17:50の35分)
60.5kg
2022年6月20日
朝のウォーキングは休み
百均とショッピングモールを歩いた(14:00〜15:30の90分)
夕方のウォーキング(17:17〜17:43の26分)
60kg
2022年6月21日
朝のウォーキングは休み
夕方のウォーキング(17:16〜18:11の55分)
ミシシッピアカミミガメがいた。逃げなかったので昨年病院に連れて行ってからリリースしたあの子か?動画を撮影しながら30分見ていた。
59.5kg
2022年6月22日
朝のウォーキングは休み
昼前のウォーキング(11:35〜12:18の43分)
夕方のウォーキング(16:47〜17:57の70分)
昼も夕方もミシシッピアカミミガメがいた。夕方は最後の1個のレプトミンJumboを食べた。
59.5kg
2022年6月23日
朝のウォーキング(6:09〜6:40の31分)
昼前のウォーキング(11:12〜12:04の52分)
夕方のウォーキング(17:16〜18:08の52分)
59.5kg
2022年6月24日
朝のウォーキング(6:42〜7:09の27分)
特定健診に行った
昼食はサラダバー付きランチ。米は白米1杯。和風パスタ小皿で2杯、フライドポテト少々。ぜんざい軽く1杯。
夕方のウォーキング(16:28〜17:24の56分)(17:40〜18:15の35分)
夕食は食べなかった。水をたくさん摂った。
61kg
2022年6月25日
朝のウォーキングは休み
夕方のウォーキング(17:05〜17:45の40分)
60.5kg
2022年6月26日
朝のウォーキングは休み
夕方のウォーキング(16:50〜17:41の51分)
60.5kg
2022年6月27日
朝のウォーキングは休み
夕方のウォーキング(17:28〜18:14の46分)
59.5kg
2022年6月28日
朝のウォーキングは休み
夕方のウォーキング(17:13〜18:12の59分)
59.5kg
2022年6月29日
朝のウォーキングは休み
夕方のウォーキング(17:14〜18:03の49分)
60kg
2022年6月30日
朝のウォーキングは休み
夕方のウォーキング(16:46〜17:43の57分)
60kg

2022年6月の途中経過(2022年6月1日現在)

どんより曇って6月がスタートしました。しかし、夕方には太陽が出ていました。6月の体重は60kgでスタートしました。まずまずの結果です。

6月は雨が多くなるし、田植えの季節でもあります。ちなみに水無月の「無」は「ない」のではなく「の」の意味があって「水無月」は「水の月」となるといわれています。

2022年6月の途中経過(2022年6月11日現在)

今日から九州地方は梅雨入りです。気象庁は午前11時に九州南部と九州北部が梅雨入りしたとみられると発表しました。また、九州南部は平年と比べて12日遅く、去年より31日遅くなっています。九州南部の梅雨入りが6月中旬以降に遅れるのは、2010年以 来12年ぶりとのこと。九州北部は平年に比べると7日、去年よりは31日遅い梅雨入りです。

2022年6月の途中経過(2022年6月24日現在)

近所のクリニックに特定健診に行ってきました。9時30分に行って、30分ちょっとで終わりました。血圧は最高血圧108mmHg、最低血圧64mmHg、脈拍数は75拍/分、体重は60kgぐらいでした。採血の時「ちょっとチクッとしますね」と言われましたが、採血が終わるまでずっととても痛かったのは、痛いとも言えず辛かったです。結果は2週間かかるとのことで、「7月8日以降の診療時間内に聞きに来てください」とのことでした。昨年までは「午後に来てください」でしたが、変わったようです。昨年は間違って午前中に行って「午後に来るようになっています」と言われました。「すみません。出直します」と言って帰ろうとしたら、結局例外的に結果を聞かせてもらえました。そんなことも今回の変更に関係しているかもしれませんが、わかりません。

2022年6月のまとめ(2022年6月30日現在)

6月下旬から朝早く起きた時に時々ラジオ体操もやりました。腰痛が緩和されることを期待してのことです。6月は60kgで終わりました。目標としては59.5kg〜60kgあたりを目指していたので、まあまあ予定通りになりました。7月上旬は健康診断の結果が出ます。その結果については来月考察します。







関連記事

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2020年6月)

  2. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2020年12月)

  3. 7月の減量におけるウォーキングの効果(2022年7月)と健康診断結果の考察

  4. 花粉症シーズンが始まる2月の減量におけるウォーキングの効果(2022年2月)

  5. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2020年1月)

  6. アパートの駐車場でタイヤにネジが刺さってパンクしていた時に私がとった方法

  1. 7月の減量におけるウォーキングの効果(2022年7月)と健康診断結果…

    2022.07.01

  2. ヤマトヌマエビ

    2022.06.28

  3. イシマキガイ

    2022.06.28

  4. 水田で反時計回りと時計回りに回転している2つの小さい渦

    2022.06.26

  5. 2022年に観察した野生のスッポンの記録(19匹目〜)

    2022.06.26

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥はチゴモズ(稚児百舌…

    2020.04.16

  4. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー