2021年に観察した野生のスッポンの記録(27匹目〜32匹目)

↑上のアイキャッチ画像は2021年9月4日の8:42に近所の側溝で撮影した2021年27匹目の野生のスッポン。

2021年になって近所で遭遇した野生のスッポンの27匹目以降の写真と動画を以下に示します。

夕方のため池で私を見ていた2021年に観察した27匹目の野生のスッポン(2021年9月4日)

スッポン
早朝の住宅地のため池で2021年に観察した24匹目と25匹目のスッポンがいました(上の動画に映っています)。24匹目がどこかに隠れてしまっても25匹目がまだじっとこちらを見ていました(写真中央)。(2021年9月4日8:42撮影)

スッポン
スッポンの部分を拡大。(2021年9月4日8:42撮影)

スッポン
スッポンの顔の部分を拡大。(2021年9月4日8:42撮影)

2021年になって観察した27匹目になる野生のスッポンが住宅地の側溝でアナカリスの間から顔を出して水面で何かをつつくように食べていましたが、私の存在に気づいてから動かなくなりました。動画撮影中は動きませんでした。(2021年9月4日8:43撮影)(2021年9月8日公開)

朝の側溝の枯れ草の上で日光浴していた2021年に観察した28匹目と29匹目の野生のスッポンは赤ちゃんスッポン(2021年9月4日)

2021年に観察した28匹目と29匹目の野生のスッポンは赤ちゃんスッポンで、朝の住宅地の側溝の枯れ草の上で日光浴していました。(2021年9月4日10:40撮影)(2021年9月8日公開)

スッポン
朝の住宅地の側溝の枯れ草の上で日光浴していた2匹の赤ちゃんスッポン。(2021年9月4日10:41撮影)

スッポン
スッポンの顔の部分を拡大。(2021年9月4日10:41撮影)

朝の側溝の枯れ草の上で日光浴していた2021年に観察した30匹目の野生のスッポンは赤ちゃんスッポン(2021年9月4日)

スッポン
2021年に観察した30匹目の野生のスッポンは赤ちゃんスッポン。朝の側溝の草の上で日光浴していました。(2021年9月4日10:42撮影)

スッポン
スッポンの顔の部分を拡大。(2021年9月4日10:42撮影)

2021年に観察した30匹目の野生のスッポンは赤ちゃんスッポンで、朝の側溝の草の上で日光浴していました。(2021年9月4日10:43撮影)(2021年9月8日公開)

朝の側溝の枯れ草の上で日光浴していた2021年に観察した31匹目の野生のスッポンは赤ちゃんスッポン(2021年9月4日)

スッポン
2021年に観察した31匹目の野生のスッポンは赤ちゃんスッポンで、朝の住宅地の側溝の草の上で日光浴していました。(2021年9月4日10:44撮影)

スッポン
スッポンの顔の部分を拡大。(2021年9月4日10:44撮影)

2021年に観察した31匹目の野生のスッポンは赤ちゃんスッポンで、朝の側溝の草の上で日光浴していました。動きませんでした。(2021年9月4日10:46撮影)(2021年9月8日公開)

朝の側溝の枯れ草の上で日光浴していた2021年に観察した32匹目の野生のスッポンは赤ちゃんスッポン(2021年9月4日)

スッポン
2021年に観察した32匹目の野生のスッポンは赤ちゃんスッポン。朝の住宅地の側溝の草の上で日光浴していました。(2021年9月4日10:49撮影)

スッポン
スッポンの顔の部分を拡大。(2021年9月4日10:49撮影)

2021年に観察した32匹目の野生のスッポンは赤ちゃんスッポンでした。朝の住宅地の側溝の草の上で日光浴していて、動画撮影中は動きませんでした。(2021年9月4日10:51撮影)(2021年9月8日公開)







関連記事

  1. シマエナガの鳴き声

  2. 近所に生えていたモリムラマンネングサという多肉植物の栽培

  3. 飼育2匹目のスッポンの1159日からの飼育記録と高い理解力に関する考察(2022年1月7日〜16日)

  4. 公園の木の茂みにいた3羽のヒヨドリの巣立ち雛の観察記録

  5. 観察を始めてから5日目以降のヒヨドリの巣立ち雛2羽と親鳥

  6. 2匹目の子スッポンの飼育記録(2020年9月〜12月)

  1. 7月の減量におけるウォーキングの効果(2022年7月)と健康診断結果…

    2022.07.01

  2. ヤマトヌマエビ

    2022.06.28

  3. イシマキガイ

    2022.06.28

  4. 水田で反時計回りと時計回りに回転している2つの小さい渦

    2022.06.26

  5. 2022年に観察した野生のスッポンの記録(19匹目〜)

    2022.06.26

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥はチゴモズ(稚児百舌…

    2020.04.16

  4. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー