2021年に観察した野生のスッポンの記録(1匹目〜4匹目)

↑上のアイキャッチ画像は2021年3月31日の17:59に撮影した2021年1匹目の野生のスッポン。

2021年になって近所で遭遇した野生のスッポンの記録です。

以下に2020年に観察した最初の野生のスッポンの写真と動画を示します。

夕方の住宅地の側溝にいた2021年に観察した最初の野生のスッポン(2021年3月31日)

スッポン
2021年3月31日の夕方にウォーキングに出かけてすぐに住宅地の側溝で出会ったスッポン。首を伸ばしてゆっくり前に歩いていました。甲長は15cm未満に見えました。(2021年3月31日17:59撮影)

スッポン
スッポンの部分を拡大しました。皮膚病はなくきれいでした。(2021年3月31日17:59撮影)

暖かくなった3月31日の夕方に近所の住宅地を歩いている時に1匹のスッポンがゆっくり動いていました。その様子を動画に収めました。2021年に観察した最初の野生のスッポンです。(2021年3月31日18:00撮影)(2021年4月1日公開)

スッポン
水面を覆っている水草の下から顔を出して、私の存在に気づいてからこちらをじっと見ていました。このあと私はウォーキングに行きました。(2021年3月31日18:02撮影)

スッポン
スッポンの頭の部分を拡大しました。きれいな目が特徴的です。もしかしたら昨年2020年5月にこの辺りにいたスッポン2020年9月にこの辺りにいたスッポンと同一個体ではないかと思われます。特に前者が有力ではないかと思っています。目の感じが似ているのと、甲羅の右後方が少し欠けているからです。もっとも、全部同一個体である可能性もsりますが・・・。(2021年3月31日18:02撮影)

2021年になってから観察した2匹目の野生のスッポン(2021年5月13日)

スッポン
夕方に近所の住宅地の側溝で見かけた2021年に観察した2匹目の野生のスッポン。首を伸ばして何かを食べていました。甲長は12〜13cmに見えました。(2021年5月13日17:34撮影)

スッポン
スッポンの部分を拡大しました。皮膚病がけっこう広範囲にありました。(2021年5月13日17:34撮影)

夕方に近所の住宅地をウォーキング中に側溝で見かけた野生のスッポン。2021年に観察した2匹目の野生のスッポンになります。首を伸ばして何かを食べている様子を動画に収めました。甲長は12〜13cmに見えました。途中で私に気づいて立ち泳ぎをしていました。(2021年5月13日17:37撮影)(2021年5月13日公開)

スッポン
動画撮影を終了してから撮った写真。最初いた場所から中央の方に移動しています。何かを食べているように見えました。(2021年5月13日17:37撮影)

スッポン
反対側の側壁に来ました。私を見ています。(2021年5月13日17:37撮影)

スッポン
顔の部分を拡大。優しい目をしています。(2021年5月13日17:37撮影)

スッポン
急に砂に潜って逃げました。私が怖かったのでしょう。できれば皮膚病の手当てをしてあげたかったけれども、また今度ね。(2021年5月13日17:37撮影)

2021年になってから観察した3匹目の野生のスッポン(2021年5月14日)

スッポン
午後に近所の住宅地の側溝で見かけた2021年に観察した3匹目の野生のスッポン。何かゴソゴソしていましたが、私に気付いて水面に顔を出しました。アオミドロ(糸状コケ、とろろ状コケ)が顔に被さっていました。甲長は20cm前後に見えました。(2021年5月14日14:30撮影)

スッポン
スッポンの部分を拡大。(2021年5月14日14:30撮影)

スッポン
頭の部分を拡大しました。優しい目をしています。(2021年5月14日14:30撮影)

夕方に近所の住宅地をウォーキング中に側溝で見かけた野生のスッポン。2021年に観察した32匹目の野生のスッポン。水面に顔を出したところからを動画に収めました。甲長は20cm前後ぐらいに見えました。(2021年5月13日14:32撮影)(2021年5月14日公開)

スッポン
水に潜ったスッポン。甲羅は確認できます。まさに「頭隠して尻隠さず」です。(2021年5月14日14:33撮影)

夕方のため池にいた2021年になってから観察した4匹目の野生のスッポンと何か食べる物を私が与えるのを待っているミシシッピアカミミガメ(2021年5月14日)

ミシシッピアカミミガメ
夕方のため池にいつものミシシッピアカミミガメに餌やりに来たらスッポンがいました。2021年になってから観察した4匹目の野生のスッポンです。(2021年5月14日18:01撮影)

ミシシッピアカミミガメ
私に気付いてこちらを見ています。(2021年5月14日18:03撮影)

ミシシッピアカミミガメとスッポン
そのスッポンの後方にいつものミシシッピアカミミガメがいました。一緒に餌を待っていたようです。(2021年5月14日18:03撮影)

夕方のため池でいつものミシシッピアカミミガメに餌をやりに来たら、ミシシッピアカミミガメに気づく前に大きいスッポンがいるのに気づきました。そのスッポンの動画を撮影していたらいつものミシシッピアカミミガメも一緒にいることがわかりました。このスッポンは昨年ここでミシシッピアカミミガメの観察中に現れたスッポンと同一個体である可能性もありますが、この池にはスッポンは1匹しかいないことはなさそうなので確証はありません。確かめようもありません。ここに夕方に来れば餌をもらえるとカメ同士で情報伝達しているのかもしれません。(2021年5月14日18:05撮影)(2021年5月14日公開)

夕方のため池で私が与えた人工餌カメプロスプレミアムを食べているミシシッピアカミミガメとやっと食べ始めたスッポン(2021年5月14日)

ミシシッピアカミミガメとスッポン
カメプロスプレミアムを投入したらいつものミシシッピアカミミガメが食べ始めました。すぐそばに2021年4匹目のスッポンもやってきました。しかし、私を警戒しているのか食べずにこちらを見ていました。(2021年5月14日18:15撮影)

(前の動画のあとに撮影した動画)夕方のため池で私が与えた人工餌カメプロスプレミアムを夢中で食べているミシシッピアカミミガメとその傍らで私を警戒している2021年4匹目のスッポンを動画撮影しました。スッポンはしばらくしてやっと食べ始めました。(2021年5月14日18:20撮影)(2021年5月14日公開)

夕方のため池でミシシッピアカミミガメと一緒にカメプロスプレミアムを食べているスッポン(2021年5月14日)

ミシシッピアカミミガメとスッポン
ミシシッピアカミミガメが私の真下でカメプロスプレミアムを食べているところの写真。メッシュフェンス越しに見ている私に襲われることはないと思っているのか、ミシシッピアカミミガメは安心しきって食べています。これまでの日々による馴れもあると思います。スッポンは動画の中に映っています。(2021年5月14日18:20撮影)

(前の動画のあとに撮影した動画)夕方のため池で私が与えた人工餌カメプロスプレミアムをミシシッピアカミミガメと一緒に一心不乱に食べている2021年4匹目のスッポンを動画撮影しました。うちで飼育している多数のスッポンはカメプロスもカメプロスプレミアムも全く食べないのですが、この野生のスッポンは食べるんだーと妙に感動。食べて来れたら飼育ももっと楽になるのになー。(2021年5月14日18:23撮影)(2021年5月15日公開)

餌を食べて帰っていったスッポンとまだ餌を欲しがっているミシシッピアカミミガメ(2021年5月14日)

ミシシッピアカミミガメとスッポン
ひとしきり餌を食べた後、スッポンの方は今日最初にいた場所に戻っていました。もう満足したのでしょうか。ミシシッピアカミミガメはまだ餌が欲しそうです。(2021年5月14日18:24撮影)

ミシシッピアカミミガメ
ミシシッピアカミミガメの視線を感じます。(2021年5月14日18:24撮影)

スッポン
スッポンはそろそろ帰って行きそうな雰囲気を湛えています。(2021年5月14日18:25撮影)

ミシシッピアカミミガメとスッポン
スッポンは動かなくなりました。もういつ帰っていってもおかしくないです。ミシシッピアカミミガメは私の方を見て餌くれオーラ全開です。目で訴えています。(2021年5月14日18:25撮影)

ミシシッピアカミミガメ
ミシシッピアカミミガメは前の写真と比べるとさらに私の方に近づいて体も若干私の方に向き直っています。(2021年5月14日18:25撮影)

(前の動画のあとに撮影した動画)夕方のため池で私が与えた人工餌カメプロスプレミアムをひとしきり食べたスッポンとミシシッピアカミミガメの動画です。スッポンは今日最初にいた場所に戻っていました。ミシシッピアカミミガメはさらに私の方に近づいてきて餌くれオーラ全開でした。しばらくしてスッポンは浮き草の下に消えていきました。スッポンとミシシッピアカミミガメでは、スッポンの方が警戒心が強く、ミシシッピアカミミガメの方が警戒心が薄いちょうな気がします。食欲はミシシッピアカミミガメの方が旺盛な気がします。あるいは警戒心が薄いのかもしれませんが、このミシシッピアカミミガメが私に馴れているということかもしれません。(2021年5月14日18:26撮影)(2021年5月15日公開)

餌をもらうために今日は1匹で待っていたおとといの野生のスッポン(2021年5月16日)

ミシシッピアカミミガメとスッポン
一昨日にいた2021年になってから観察した4匹目の野生のスッポンが今日もほぼ同じ時刻に同じ場所に来ていました。いつものミシシッピアカミミガメはこの時点ではいませんでした。(2021年5月16日18:01撮影)

ミシシッピアカミミガメとスッポン
スッポンの部分を拡大しました。一昨日のスッポンと同一個体です。(2021年5月16日18:01撮影)

夕方のため池にいつものミシシッピアカミミガメに餌をやりに来たら、一昨日にいたスッポンが今日は1匹でいました。餌をもらえる場所を把握していて、そこにいました。しばらくの間動きませんでした。警戒して私をよく観察しているように見えました。この時点ではいつものミシシッピアカミミガメの姿は見えませんでした。(2021年5月16日18:02撮影)(2021年5月16日公開)

スッポンの背後から突然現れてカメプロスプレミアムを食べ始めたミシシッピアカミミガメ(2021年5月16日)

次の6枚の写真はミシシッピアカミミガメが現れるまでなかなか餌を食べずにあたりをうろうろしているスッポンの様子を写したものです。動画の中でミシシッピアカミミガメが現れると、餌を食べ始めました。

スッポン
水草のところで立ち泳ぎの体勢で顔だけ水面に出しているスッポン。(2021年5月16日18:03撮影)

スッポン
こちらを見ています。(2021年5月16日18:06撮影)

スッポン
コンクリートのスロープの浅いところに出て来ました。でも餌は食べていません。(2021年5月16日18:08撮影)

スッポン
水草の浮いている少し深い方に行きました。(2021年5月16日18:12撮影)

スッポン
水草の下に隠れて頭だけ出してこちらを見ています。(2021年5月16日18:14撮影)

スッポン
水草の下からコンクリートのスロープの方に出てきました。しかし、なかなか餌を食べませんでした。(2021年5月16日18:15撮影)

先の動画から13分後にスッポンの後方からいつものミシシッピアカミミガメが現れました。そして、浮かんでいるカメプロスプレミアムを躊躇なく食べ始めました。それにつられるようにスッポンも食べ始めました。動画の後半ではスッポンとミシシッピアカミミガメが離れたので、デジカメのフレームに収まらなくなったので、ミシシッピアカミミガメの方を撮影しています。(2021年5月16日18:19撮影)(2021年5月16日公開)

人工餌をもっと欲しいと訴えているスッポンとミシシッピアカミミガメ(2021年5月16日)

スッポンとミシシッピアカミミガメ
コンクリートのスロープの水の浅いところにいるスッポンとミシシッピアカミミガメ(1枚目/3枚)。(2021年5月16日18:19撮影)

スッポンとミシシッピアカミミガメ
コンクリートのスロープの水の浅いところにいるスッポンとミシシッピアカミミガメ(2枚目/3枚)。(2021年5月16日18:20撮影)

スッポンとミシシッピアカミミガメ
コンクリートのスロープの水の浅いところにいるスッポンとミシシッピアカミミガメ(3枚目/3枚)。(2021年5月16日18:20撮影)

ミシシッピアカミミガメ
スロープの少し深い方に移動したミシシッピアカミミガメが口を開けて餌を食べているところ(1枚目/2枚)。スッポンは手前に来すぎて死角に入っています。(2021年5月16日18:22撮影)

ミシシッピアカミミガメ
スロープの少し深い方に移動したミシシッピアカミミガメが口を開けて餌を食べているところ(2枚目/2枚)。スッポンは写真には写っていないだけでそのあたりにいます。下の動画では2匹映っています。(2021年5月16日18:23撮影)

もうそろそろ帰ろうとしていた時に、スッポンとミシシッピアカミミガメが人工餌カメプロスプレミアムをもっと欲しいと訴えかけているかのように2匹で上を見上げて私を見ていました。そこで動画撮影をやめました。そして、人握りのカメプロスプレミアムを投入して私は帰途につきました。また明日ねー。(2021年5月16日18:21撮影)(2021年5月16日公開)







関連記事

  1. 2020年に用水路で保護した6匹目の赤ちゃんスッポン

  2. いろいろな場所でよく見かけるハクセキレイ(2017-2018)

  3. 近所の用水路の大きなコイの観察(2020年3月〜8月)

  4. 2019年に入ってから観察した26匹目から38匹目までの野生のスッポン

  5. ニホントカゲ

  6. 川や用水路にいたカエル

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年12月)

    2021.12.01

  2. 夕方の用水路の浅瀬で獲物を狙っているコサギの観察(2021年11月〜)

    2021.11.27

  3. 夕方の湿地帯でエサを探していたセイタカシギ

    2021.11.25

  4. 夕方の湿地帯でエサを探していたヘラサギの観察

    2021.11.24

  5. 飼育975日からの通算2匹目のスッポンの飼育記録(2021年7月〜)

    2021.11.22

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥はチゴモズ(稚児百舌…

    2020.04.16

  4. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー