2021年に観察した野生のスッポンの記録(45匹目〜50匹目)

↑上のアイキャッチ画像は2021年9月10日の17:43に近所の側溝で撮影した2021年に観察した45匹目の野生のスッポン。

2021年になって近所で遭遇した野生のスッポンの45匹目から50匹までの写真と動画を以下に示します。

2021年に観察した45匹目の野生のスッポンは夕方に住宅地の側溝の草の上でじっとしていた赤ちゃんスッポン(2021年9月10日)

スッポン
住宅地の側溝の草の上でじっとしている赤ちゃんスッポン。(2021年9月10日17:43撮影)

スッポン
スッポンの部分を拡大。(2021年9月10日17:43撮影)

スッポン
1つ前の写真を撮影してから28分後にも全く位置を変えていませんでした。(2021年9月10日18:11撮影)

スッポン
スッポンの部分を拡大。(2021年9月10日17:43撮影)

夕方に住宅地の側溝の草の上でじっとしていた赤ちゃんスッポンを動画撮影しました。2021年に観察した45匹目の野生のスッポンになります。こちらを見ていましたが動きませんでした。(2021年9月10日17:44撮影)(2021年9月10日公開)

2021年に観察した46匹目の野生のスッポンは早朝に住宅地の側溝の草の上でじっとしていた赤ちゃんスッポン(2021年9月11日)

スッポン
早朝に住宅地の側溝の草の上でじっとしている赤ちゃんスッポン。(2021年9月11日6:57撮影)

スッポン
スッポンの部分を拡大。(2021年9月11日6:57撮影)

2021年に観察した46匹目の野生のスッポンが早朝に住宅地の側溝の草の上でじっとしていました。その様子を動画撮影しました。結局動画撮影中に動くことはありませんでした。(2021年9月11日6:59撮影)(2021年9月11日公開)

2021年に観察した47匹目の野生のスッポンは早朝に住宅地の側溝の草の上でじっとしていた赤ちゃんスッポン(2021年9月17日)

早朝に住宅地の側溝の草の上でじっとしていたのは2021年に観察した47匹目の野生のスッポンで、赤ちゃんスッポンでした。その様子を動画撮影しましたが、結局動画撮影中は動きませんでした。(2021年9月17日6:54撮影)(2021年9月17日公開)

スッポン
動画撮影後も草の上でじっとしていた1匹の赤ちゃんスッポン。(2021年9月17日6:57撮影)

スッポン
スッポンの部分を拡大。(2021年9月17日6:57撮影)

昼前に住宅地の側溝のオオカナダモの上で日光浴していた2021年に観察した48匹目の野生のスッポン(2021年9月30日)

スッポン
住宅地の側溝のオオカナダモ(アナカリス)の上で日光浴をしていた2021年に観察した48匹目の野生のスッポン。(2021年9月30日11:31撮影)

スッポン
甲長は10cm前後ぐらいと思われます。(2021年9月30日11:31撮影)

昼前に住宅地の側溝のアナカリス(オオカナダモ)草の上でじっとしていたのは2021年に観察した48匹目の野生のスッポンで、甲長が10cm未満ぐらいに見えました。(2021年9月30日11:32撮影)(2021年9月30日公開)

スッポン
動画撮影中は動きませんでしたが、動画撮影終了後に少し川下から見たら隠れました。(2021年9月30日11:32撮影)

夕方に用水路の淵に中でじっとしていた2021年に観察した49匹目の野生のスッポン(2021年10月9日)

スッポン
夕方の用水路の淵の中に2021年に観察した49匹目になる野生のスッポンがいて、私に気づいてじっとそていました。(2021年10月9日17:22撮影)

夕方に公園のところを流れる用水路の淵の中で2021年に観察した49匹目になる野生のスッポンがじっとしていました。(2021年10月9日17:24撮影)(2021年10月9日公開)

スッポン
動画撮影後もじっとしていました。(2021年10月9日17:24撮影)

スッポン
スッポンの部分を拡大しました。(2021年10月9日17:24撮影)

スッポン
私が少し動いた瞬間、淵の奥に隠れてしまいました。(2021年10月9日17:25撮影)

夕方の用水路で泳いだ後にじっとしていた2021年に観察した50匹目の野生のスッポン(2021年10月13日)

スッポン
夕方の用水路のを2021年に観察した50匹目になる野生のスッポンが側壁に沿って泳いでいました。(2021年10月13日17:18撮影)

スッポン
スッポンの部分を拡大しました。(2021年10月13日17:18撮影)

夕方に公園のところを流れる砂の多い用水路を2021年に観察した50匹目になる野生のスッポンが泳いでいました。私に気づいて固まってしまいました。動画撮影中は動きませんでした。しかし、動画撮影を終えて歩き出した途端、それまでじっとしていたスッポンは真下の砂の中に素早く潜ってしまいました。(2021年10月13日17:19撮影)(2021年10月13日公開)

スッポン
泳ぎをやめて動かなくなってしまいました。私の存在に気づいたようです。(2021年10月13日17:20撮影)

スッポン
スッポンの部分を拡大しました。(2021年10月13日17:20撮影)

スッポン
動画撮影を止めて歩き出した途端、一瞬の隙をついて下の砂に潜ってしまいました。ずっと隠れるチャンスを窺っていたようです。(2021年10月13日17:20撮影)







関連記事

  1. 飼育を始めて6ヶ月目の2匹目の子スッポン

  2. 2019年になって住宅地の側溝で保護した赤ちゃんスッポン5匹

  3. 近所の用水路のコイの群れの観察2021

  4. スッポンの卵が孵化するまでの過程の観察とその後

  5. 孵化した12匹の赤ちゃんメダカの成長過程

  6. スッポンに関する記事一覧(時系列)

  1. 2021年に保護したスッポンの幼体の飼育

    2021.10.10

  2. 近所の建物の屋根で休んでいた4羽のコウノトリの観察

    2021.10.03

  3. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年10月)

    2021.10.01

  4. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(45匹目〜50匹目)

    2021.09.12

  5. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(39匹目〜44匹目)

    2021.09.11

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥はチゴモズ(稚児百舌…

    2020.04.16

  4. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー