2021年に観察した野生のスッポンの記録(33匹目〜38匹目)

↑上のアイキャッチ画像は2021年9月4日の10:53に近所の側溝で撮影した2021年33匹目の野生の赤ちゃんスッポン。

2021年になって近所で遭遇した野生のスッポンの33匹目〜38匹目の写真と動画を以下に示します。

朝の側溝の枯れ草の上で日光浴していた2021年に観察した33匹目の野生のスッポンは赤ちゃんスッポン(2021年9月4日)

スッポン
2021年に観察した33匹目の野生のスッポンは赤ちゃんスッポン。(2021年9月4日10:53撮影)

スッポン
スッポンの顔の部分を拡大。(2021年9月4日10:53撮影)

2021年に観察した33匹目の野生のスッポンは赤ちゃんスッポン。朝の住宅地の側溝の草の上で日光浴していました。(2021年9月4日10:54撮影)(2021年9月8日公開)

昼前の側溝の枯れ草の上で日光浴していた2021年に観察した34匹目の野生のスッポンは赤ちゃんスッポン(2021年9月4日)

スッポン
2021年に観察した34匹目の野生のスッポンは赤ちゃんスッポン。(2021年9月4日11:26撮影)

スッポン
スッポンの顔の部分を拡大。(2021年9月4日11:26撮影)

2021年に観察した34匹目の野生のスッポンは赤ちゃんスッポンで、昼前の側溝の枯れ草の上で日光浴していました。(2021年9月4日11:27撮影)(2021年9月8日公開)

昼前の側溝の草の上で日光浴していた2021年に観察した35匹目の野生のスッポンは中ぐらいのサイズ(2021年9月4日)

スッポン
2021年に観察した35匹目の野生のスッポンは甲長10cm前後ぐらいに見えるスッポン。(2021年9月4日11:29撮影)

スッポン
スッポンの顔の部分を拡大。(2021年9月4日11:29撮影)

2021年に観察した35匹目の野生のスッポンは中ぐらいのサイズで、昼前の側溝の草の上で日光浴していました。(2021年9月4日11:30撮影)(2021年9月8日公開)

昼前の側溝の草の上で日光浴していた2021年に観察した36匹目の野生のスッポンは子スッポン(2021年9月4日)

スッポン
2021年に観察した36匹目の野生のスッポンは甲長4cm前後に見える子スッポン。昨年生まれたものよ思われます。(2021年9月4日11:31撮影)

スッポン
スッポンの顔の部分を拡大。(2021年9月4日11:31撮影)

2021年に観察した36匹目の野生のスッポンは子スッポン(今年生まれた赤ちゃんスッポンではいという意味)で、昼前の側溝の草の上で日光浴していました。(2021年9月4日11:32撮影)(2021年9月8日公開)

用水路の水草の上で日光浴していた2021年に観察した37匹目の野生のスッポン(2021年9月5日)

スッポン
2021年に観察した37匹目の野生のスッポンはまあまあのサイズで、水草の中に隠れるように日光浴していました。(2021年9月5日14:44撮影)

スッポン
スッポンの顔の部分を拡大。(2021年9月5日14:44撮影)

2021年に観察した37匹目の野生のスッポンは広い用水路の水草の上で隠れるように日光浴していました。動きませんでした。(2021年9月5日14:44撮影)(2021年9月8日公開)

昼前の側溝の草の上で日光浴していた2021年に観察した38匹目の野生のスッポンは赤ちゃんスッポン(2021年9月6日)

スッポン
2021年に観察した38匹目の野生のスッポンは赤ちゃんスッポンで、昼前の側溝の草の上で日光浴していました。(2021年9月6日11:01撮影)

スッポン
スッポンの顔の部分を拡大。ピントが合っていません。(2021年9月6日11:01撮影)

2021年に観察した38匹目の野生のスッポンは赤ちゃんスッポンで、昼前の側溝の草の上で日光浴していました。動画撮影中は動きませんでした。(2021年9月6日11:02撮影)(2021年9月9日公開)







関連記事

  1. 水槽内で何とか生きている赤ちゃんオイカワ

  2. 用水路で飛んでいるアオモンイトトンボ

  3. 地震と生物

  4. 用水路や田んぼでよく見かけるコガモの観察(2019年〜2020年)

  5. 近所のスズメの観察2014

  6. 2020年に観察した51匹目以降の野生のスッポン(2020年10月24日〜)

  1. 2022年に保護したスッポン幼体の飼育

    2022.05.25

  2. 用水路にいるゴイサギ(五位鷺)の観察(2022年)

    2022.05.22

  3. 近所の用水路にいる大きいナマズの観察2022

    2022.05.22

  4. 近所の用水路にいるダイサギの観察2022

    2022.05.19

  5. 近所の用水路にいるオイカワの観察2022

    2022.05.19

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥はチゴモズ(稚児百舌…

    2020.04.16

  4. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー