近所の用水路のメダカの観察2021

↑上のアイキャッチ画像は近所の住宅地の側溝(用水路)で泳いでいたメダカの群れ。メダカより少し大きめの写真左下の魚はオイカワの幼魚。(2021年7月23日18:26撮影)

2021年に観察した野生のメダカについてのページです。

夕方の住宅地の側溝(用水路)で泳いでいたメダカの群れ(2021年7月23日)

メダカ
夕方の住宅地の側溝でメダカの群れが泳いでいました。(2021年7月23日18:26撮影)

メダカ
写真を部分的に拡大しました。オイカワも混ざっているようです。例えば左下の少し大きめの魚はオイカワです。(2021年7月23日18:26撮影)

メダカ
けっこうたくさんいます。(2021年7月23日18:26撮影)

メダカ
写真を部分的に拡大しました。オイカワも混ざってはいるものの、ほとんどメダカのようです。(2021年7月23日18:26撮影)

2021年7月下旬の夕方に近所の住宅地を流れている用水路でメダカの群れが泳いでいるところを動画撮影しました。中にはオイカワもいるようです。(2021年7月23日18:09撮影)(2021年7月24日公開)

ガラス水槽の中の飼育5日目のメダカと小さいオイカワ(2021年10月30日)

メダカとオイカワ5日前に近所の住宅地の側溝の水溜りに濃縮されていた魚を網で掬って救出したら、メダカとオイカワとカダヤシと多数のミナミヌマエビが入っていました。カダヤシは4匹で、飼育できないので取り出してスッポンに食べさせました。この写真の中にはメダカとオイカワとミナミヌマエビが写っています。(2021年10月30日14:35撮影)

近所の住宅地の側溝の水溜りで網で掬ってきたメダカとオイカワとミナミヌマエビを飼育して5日経ちました。水槽の中の様子を動画に収めました。5日経ってだんだん水の白い濁りがなくなって透明になってきました。また、少し緑色っぽくなってきました。(2021年10月30日14:37撮影)(2021年10月30日公開)







関連記事

  1. 用水路や湿地帯で魚を捕食するダイサギの観察2019

  2. 私に早く立ち去って欲しいと思っているのがわかるコサギの行動パターン

  3. 用水路にいるゴイサギ(五位鷺)の観察(2022年)

  4. カワラヒワの巣立ち雛とエサを運んできて食べさせる親鳥の観察

  5. ニホンイシガメの飼育記録2022

  6. 2019年の子スッポン(1):飼育を始めて4ヶ月目の観察結果

  1. 7月の減量におけるウォーキングの効果(2022年7月)と健康診断結果…

    2022.07.01

  2. ヤマトヌマエビ

    2022.06.28

  3. イシマキガイ

    2022.06.28

  4. 水田で反時計回りと時計回りに回転している2つの小さい渦

    2022.06.26

  5. 2022年に観察した野生のスッポンの記録(19匹目〜)

    2022.06.26

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥はチゴモズ(稚児百舌…

    2020.04.16

  4. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー