ニホンイシガメの飼育記録2022

↑上のアイキャッチ画像はリビングのガラス水槽の中の飼育563日ニホンイシガメ(2022年1月31日13:51撮影)

ガラス水槽の中で短冊状に切った豚レバーの小片に食いつく飼育563日目のニホンイシガメ(2022年1月31日)

ニホンイシガメ
水槽の中で豚レバーの小片を食べているニホンイシガメ。(2022年1月31日16:27撮影)

飼育563日目のニホンイシガメがガラス水槽の中で短冊状に切った豚レバーに食いついて飲み込む様子を動画に収めました。(2022年1月31日16:29撮影)(2022年1月31日公開)

ニホンイシガメ
水槽の中で豚レバーの小片を食べたあとのニホンイシガメ。(2022年1月31日16:29撮影)

ガラス水槽の中で不思議な行動をとる飼育588日目のニホンイシガメ(2022年2月25日)

ニホンイシガメ
水槽の中で私の方に向かって手をゆっくり動かす行動をとる飼育588日目のニホンイシガメ。(2022年2月25日18:31撮影)

飼育588日目のニホンイシガメがガラス水槽の中で私の方に向かってゆっくりと片手を動かしていました。次第に動きが激しくなっていきました。特に食べ物を求めているわけでもないので、謎の行動です。発情期でしょうか。片手をゆっくり動かす行動は日中でも見られるので、夕方に限った行動ではありません。また、デジカメを顔の近くにガラス越しに近づけた時にもゆっくりと手を動かし始めます。(2022年2月25日16:33撮影)(2022年2月25日公開)

ニホンイシガメ
動画撮影を終えてから撮影した写真。まだ動いています。(2022年2月25日18:33撮影)

いつのまにか甲長が10.5cmになっていた飼育662日目のニホンイシガメ(2022年5月10日)

ニホンイシガメ
いつのまにか甲長が10.5cmになっていた飼育662日目のニホンイシガメ。左手をまっすぐ伸ばしてゆっくり横に振っています。まるでメスに求愛行動をしているかのようです。(2022年5月10日15:49撮影)

いつのまにか甲長が10.5cmになっていた飼育662日目のニホンイシガメを水槽の上からと横から動画撮影しました。左手をゆっくり横に振っているのが、まるでメスに向かって行う求愛行動に似ています。でも違うと思います。(2022年5月10日15:51撮影)(2022年5月10日公開)

ニホンイシガメ
今度は少し上の方に向かって何かを訴えています。カメちゃんはきっと私のことがとても好きなんだと思います🤣(2022年5月10日15:51撮影)

氷をうまく食べることができなくてイライラしているように見える飼育679日目のニホンイシガメ(2022年5月27日)

飼育679日目のニホンイシガメをガラス水槽に入れたままベランダに出して日光浴させています。今日は日光浴中に氷を数個入れてみました。だんだん溶けて来て小さくなった氷に噛み付こうとして2個に挑戦しますが、いずれも滑ってうまく食べることができませんでした。そのあとイライラしているように見えるところが映っています。最終的に陸場に上がって甲羅干しを始めました。(2022年5月27日15:51撮影)(2022年5月27日公開)







関連記事

  1. 波状飛行するハクセキレイとキセキレイとセグロセキレイ

  2. 近所のネコの観察

  3. 用水路にいるミシシッピアカミミガメと2年ぶりの再会

  4. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(9匹目〜12匹目)

  5. 近所に生えていたモリムラマンネングサという多肉植物の栽培

  6. 地震と生物

  1. 2022年に保護したスッポン幼体の飼育

    2022.05.25

  2. 用水路にいるゴイサギ(五位鷺)の観察(2022年)

    2022.05.22

  3. 近所の用水路にいる大きいナマズの観察2022

    2022.05.22

  4. 近所の用水路にいるダイサギの観察2022

    2022.05.19

  5. 近所の用水路にいるオイカワの観察2022

    2022.05.19

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥はチゴモズ(稚児百舌…

    2020.04.16

  4. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー