住宅地の貯水池にいる人馴れしたミシシッピアカミミガメ

↑上のアイキャッチ画像は2020年7月22日の夕方に住宅地の中の貯水池にいた人馴れしたミシシッピアカミミガメです。(18:20撮影)

2020年7月22日に住宅地の貯水池にいた1匹のミシシッピアカミミガメが私の方に近づいてきたので、ちょうど持ち合わせていたカメの餌を投げ入れてみました。このミシシッピアカミミガメはこの辺りの用水路で観察した1匹目2匹目3匹目に次いで通算4匹目になります。もし、1匹目と2匹目が同一個体なら通算3匹目になります。

住宅地の貯水池にいたカメ(2020年7月21日)

ミシシッピアカミミガメ
近所の住宅地の中に大きな貯水池があります。そこを通りかかって水面を見ていたら、大きい1匹のカメがいました。この時は種類までは特定できませんでした。そのうち消えてしまいました。翌日に期待して帰路に就きました。(2020年7月21日18:03撮影)

ミシシッピアカミミガメ
カメが写っている部分を拡大しました。(2020年7月21日18:03撮影)

夕方の住宅地の貯水池に1匹のカメがいました。この時点では種類はわかりませんでした(翌日わかることになります)。初対面なのに近づいてきました。途中で潜って見えなくなりました。(2020年7月21日18:04撮影)(2020年7月23日公開)

住宅地の貯水池にいる金色の錦鯉とミシシッピアカミミガメ(2020年7月22日)

夕方の住宅地の貯水池にいる大きい金色の錦鯉が泳いでいるところを動画撮影していたら、左側に1匹のミシシッピアカミミガメがいつの間にか姿を現していました。逃げることなくこちらを見ていましたました。ぎりぎりのところまで近づいてきました。この動画撮影終了後、一旦姿が見えなくなりました。(2020年7月22日18:07撮影)(2020年7月23日公開)

2分後に池の中央付近にいたミシシッピアカミミガメ(2020年7月22日)

ミシシッピアカミミガメ
上の動画撮影終了から2分後、1匹のミシシッピアカミミガメが貯水池の真ん中あたりにいる様子。(2020年7月22日18:09撮影)

ミシシッピアカミミガメ
ミシシッピアカミミガメの部分を拡大しました。(2020年7月22日18:09撮影)

貯水池の真ん中付近で水面に姿を現した1匹のミシシッピアカミミガメが潜っては水面に出て、潜っては水面に出てを繰り返す様子を動画撮影しました。(2020年7月22日18:13撮影)(2020年7月23日公開)

こちらに泳いで近づいてくるミシシッピアカミミガメ(2020年7月22日)

ミシシッピアカミミガメ
ミシシッピアカミミガメがこちらに向かって泳いで来ます。(2020年7月22日18:14撮影)

ミシシッピアカミミガメ
ミシシッピアカミミガメの部分を拡大しました。(2020年7月22日18:14撮影)

貯水池の真ん中付近にいるミシシッピアカミミガメがメッシュフェンス越しに見ている私の方に向かって泳いで近づいてくる様子を動画に収めしました。(2020年7月22日18:19撮影)(2020年7月23日公開)

エサをくれるのを待っているミシシッピアカミミガメ(2020年7月22日)

ミシシッピアカミミガメ
ミシシッピアカミミガメが側壁の近くでうろうろしているところを撮影。(2020年7月22日18:20撮影)

ミシシッピアカミミガメ
ミシシッピアカミミガメの部分を拡大しました。(2020年7月22日18:20撮影)

貯水池の真ん中付近にいるミシシッピアカミミガメが貯水池の側壁の近くで左右に行ったり来たりしている様子を動画に収めしました。どうやら私からエサをもらえることを期待しているようです。飼われていたため人馴れしているのでしょう。(2020年7月22日18:23撮影)(2020年7月23日公開)

ちょうど持っていた加工餌を投げ込んでみたら食べてくれたミシシッピアカミミガメ(2020年7月22日)

ミシシッピアカミミガメ
ミシシッピアカミミガメが側壁の近くで私が投げ込んだテトラレプトミンスティックを食べているようでした。動画を見ると食べていることが確認できます。エサは魚との取り合いです。フナとオイカワもたくさん食べにきていることは最初の撮影場所で確認しました。金色のコイも近くにいたので、テトラレプトミンスティックをもしかしたら食べてくれたかもしれません。(2020年7月22日18:27撮影)

ミシシッピアカミミガメ
ミシシッピアカミミガメの部分を拡大しました。(2020年7月22日18:27撮影)

貯水池の西側に移動してミシシッピアカミミガメの行動を確認しました。ミシシッピアカミミガメは側壁のスロープのところで私が投げ込んだテトラレプトミンスティックを食べているところが動画に映っています。日本にもともといないミシシッピアカミミガメなので飼われていたことはほぼ確実で、そのため人馴れしていて、エサを催促に岸に近づいてきたと思われます。かわいいですが、人間の勝手でこんなことになって不憫でもあります。(2020年7月22日18:29撮影)(2020年7月23日公開)

結果と考察(2020年7月22日現在)

ミシシッピアカミミガメはミドリガメが大きくなったものです。もともと日本にはいないカメなので、誰かがミドリガメを飼っていて、それが大きくなったものであることは確実です(逃げ出したのかリリースされたのかはわかりませんが)。よって、野生のカメより人馴れしている可能性が高いです。2020年7月22日に貯水池にいたミシシッピアカミミガメは私に近づいてきてじっと見ていました。エサをくれることを期待していたようです。

昼前に貯水池に現れたミシシッピアカミミガメ(2020年7月23日)

ミシシッピアカミミガメ
貯水池に昼前に行ってみたらミシシッピアカミミガメが真ん中あたりで水面に浮いていて、こちらを見ていました。警戒しているようで、この時点では昨日のように近寄ってくるかどうかはわかりませんでした。(2020年7月23日11:37撮影)

ミシシッピアカミミガメ
ミシシッピアカミミガメの部分を拡大しました。(2020年7月23日11:37撮影)

昨日は夕方に貯水池で姿を見せたミシシッピアカミミガメが翌日の昼前にもいました。水面に浮かんでこちらを見ていました。その様子を動画撮影しました。(2020年7月23日11:38撮影)(2020年7月23日公開)

ミシシッピアカミミガメが昼前にも現れて投げ込んだ加工餌を食べるところ(2020年7月23日)

ミシシッピアカミミガメ
投げ込んだCOMETの「納豆菌配合 3つの善玉菌で汚れ・ニオイが少なくなる カメのごはん」が水面にたくさん浮いています。そこにミシシッピアカミミガメが泳ぎつきました。(2020年7月23日11:40撮影)

ミシシッピアカミミガメ
ミシシッピアカミミガメがの部分を拡大しました。(2020年7月23日11:40撮影)

ミシシッピアカミミガメ
水の中を進む時は頭は水の中にあります。(2020年7月23日11:40撮影)

ミシシッピアカミミガメ
止まってこちらを見ました。(2020年7月23日11:40撮影)

ミシシッピアカミミガメ
辺りを見ています。常に警戒しているようです。(2020年7月23日11:40撮影)

昨日と同じ貯水池の北側から加工餌を投げ込みました。昨日は「テトラレプトミンスティック」でしたが、今日はCOMETの「ヌクレオチドが免疫維持に配慮 カルシウム強化!! 納豆菌配合 3つの善玉菌で汚れ・ニオイが少なくなる カメのごはん」を投げ込みました。その直後から動画撮影を開始しました。水面に浮かんでいる淡黄色のスティックを次々と食べていく様子が映っています。(2020年7月23日11:46撮影)(2020年7月23日公開)







関連記事

  1. 飼育して6ヶ月の大きい方の子スッポンの餌の食べ方

  2. コサギの観察2019

  3. 故郷の川のカワムツの観察

  4. カヤヒバリの鳴き声

  5. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(27匹目〜32匹目)

  6. 近所の用水路にいるオイカワの観察

  1. 2021年に保護したスッポンの幼体の飼育

    2021.10.10

  2. 近所の建物の屋根で休んでいた4羽のコウノトリの観察

    2021.10.03

  3. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年10月)

    2021.10.01

  4. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(45匹目〜52匹目)

    2021.09.12

  5. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(39匹目〜44匹目)

    2021.09.11

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥はチゴモズ(稚児百舌…

    2020.04.16

  4. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー