近所の公園のため池にいるカルガモの観察2020

↑上の写真は2020年3月23日の夕方に公園のため池から飛び立った3羽のカルガモのうち、公園の上空を旋回して戻ってきた先頭の2羽と公園の樹木の写真です。(17:44撮影)

夕方に泳いでいた2羽のカルガモ(2020年3月2日)

カルガモ夕方に大きなため池をスイスイ泳いでいる2羽のカルガモ。(2020年3月2日18:04撮影)

カルガモズームで撮影。(2020年3月2日18:05撮影)

夕方の大きなため池で2羽のカルガモがスイスイ泳いでいるところを動画に収めました。奥の方の草むらではダイサギの集団がいます。(2020年3月2日18:07撮影)(2020年3月2日公開)

夕日きれいな夕日。(2020年3月2日18:08撮影)

夕方のため池で優雅に泳いでいるつがいのカルガモ(2020年3月3日)

カルガモカルガモが夕方の大きなため池で泳いでいるところ。(2020年3月3日17:23撮影)

カルガモオスと思われます。(2020年3月3日17:23撮影)

つがいのカルガモが夕方の大きなため池で泳いでいるところを動画に収めました。(2020年3月3日17:25撮影)(2020年3月3日公開)

夕方のため池で獲物を探しながら泳いでいるつがいのカルガモ(2020年3月3日)

夕方のため池でつがいのカルガモが水の中に頭をつっこんで獲物を探しながら泳いで前進しているところを動画に収めました。(2020年3月3日17:31撮影)(2020年3月3日公開)

いつも一緒にいる2羽のカルガモ(2020年3月5日)

カルガモ夕方のため池で2羽のカルガモが泳いで私から遠ざかっていきました。この2羽はいつも一緒にいるつがいです。(2020年3月5日17:30撮影)

カルガモ拡大しました。こちらを気にしながら逃げているのがわかります。(2020年3月5日17:30撮影)

夕方のため池で泳いでいる2羽のカルガモを動画に収めました。このつがいはいつも一緒にいるようです。3日前一昨日の夕方もいたからです。(2020年3月5日17:32撮影)(2020年3月5日公開)

カルガモ夕方のため池の様子。上のつがいはこの写真の左側の真ん中あたりに小さく写っています。(2020年3月5日17:32撮影)

池から公園の陸地に上がっていた2羽のカルガモ(2020年3月23日)

カルガモ夕方の公園でいつものように歩いていたら、前方に鴨ような鳥がいました。こちらを見ているのがわかります。(2020年3月23日17:36撮影)

カルガモさらに近づいてみると2羽のカルガモがいました。(2020年3月23日17:37撮影)

カルガモ2羽のカルガモを拡大しました。(2020年3月23日17:37撮影)

カルガモつがいのカルガモのようです。(2020年3月23日17:37撮影)

カルガモ2羽のカルガモを拡大しました。逃げる相談をしているのでしょうか。(2020年3月23日17:37撮影)

夕方の公園に池から上がってきた2羽のカルガモがいました。動画撮影を始めた時にはすでに池に向かって飛び始めていました。これまで池の中のカルガモは何度も観察しましたが、公園内の陸地に上がってきているのは初めて見ました。(2020年3月5日17:37撮影)(2020年3月5日公開)

池から公園の陸地に上がってきた3羽のカルガモ(2020年3月23日)

カルガモ夕方の公園で3羽のカルガモが池からフェンスを越えて公園の陸地に上がってきました。(2020年3月23日17:38撮影)

カルガモ3羽を拡大しました。(2020年3月23日17:38撮影)

カルガモ3羽のうちの公園中央寄りの2羽をさらに拡大しました。(2020年3月23日17:38撮影)

カルガモ3羽のうちの池から飛んできて着陸寸前の1羽をさらに拡大しました。(2020年3月23日17:38撮影)

夕方の公園の陸地に池から上がってきた3羽のカルガモが池に戻るまでを動画に収めました。1つ前の動画の2羽のカルガモが含まれているかどうかはわかりませんでした。人間がいないときは公園の中央寄り(画面左側)に移動し、ジョギング中またはウォーキング中の人間が近づくと池の方(画面右側)に移動します。最後は飛んでフェンスを越えて池に帰っていきました。(2020年3月5日17:40撮影)(2020年3月5日公開)

公園の上空をぐるりと旋回して池に帰ってきた3羽のカルガモ(2020年3月23日)

カルガモ3羽のカルガモが池から飛び立って公園の方に飛んで行く時の最後の1羽が飛んでいるところ。(2020年3月23日17:44撮影)

カルガモ3羽のカルガモが池から飛び立って公園の上空を旋回して戻ってきた時の先頭の2羽。(2020年3月23日17:44撮影)

カルガモ着水した3羽のカルガモ。池の奥の方です。(2020年3月23日17:44撮影)

夕方の公園に隣接する池から3羽のカルガモが飛び立って公園の方に飛んで行きました。公園の上空を旋回して池に戻ってくるまでを動画撮影しました。飛び立った3羽は1つ前の動画の3羽で、公園の近くに浮かんでいましたが、1週回って帰ってきた時は池の公園から離れたところに着水しました。(2020年3月23日17:44撮影)(2020年3月23日公開)

まとめ(2020年3月23日現在)

今日はカルガモが公園の上を旋回して池に戻っていくところを動画撮影することができました。カルガモが比較的長距離を飛ぶところはあまり見たことがなかったので、貴重な経験でした。

夕方のため池で泳いでいるカルガモ(2020年3月29日)

カルガモ3羽のカルガモが池から飛び立って公園の方に飛んで行く時の最後の1羽が飛んでいるところ。(2020年3月29日15:44撮影)

夕方の公園にソメイヨシノを見に行った時に隣接する大きな池を見たらカルガモが光った湖面で泳いでいました。その様子を動画に収めました。(2020年3月29日15:45撮影)(2020年3月29日公開)

浅いところの草むらで羽繕いているカルガモ(2020年4月1日)

夕方のため池の草の生えた浅いところで羽繕いているカルガモを動画撮影しました。動画開始から10秒あたりで小さいカモが突進してきて驚く様子も映っています。(2020年4月1日17:10撮影)(2020年4月2日公開)

カルガモ
ため池の草むらにいるカルガモ。(2020年4月1日17:11撮影)

カルガモ
左端のカルガモをはじめ、けっこう羽繕いしています。(2020年4月1日17:11撮影)

夕方のため池にいるカルガモとコガモ(2020年4月1日)

夕方のため池の草の生えた陸に上がっているカルガモと泳いでいるコガモを動画撮影しました。動画の終わりの方(2:12〜2:25)ではカルガモも泳いで左側から右側に泳いで移動しています。(2020年4月1日17:15撮影)(2020年4月1日公開)

コガモ
夕方のため池の草むらにいるカルガモと泳いでいるコガモ。(2020年4月1日17:15撮影)

夕方にため池に着水した35羽のカルガモ(2020年4月11日)

カルガモ
夕方に東の空から鳥の群れが飛んで来ました。(2020年4月11日17:46撮影)

カルガモ
この35羽の鳥は私が見ているため池に着水することがわかりました。急いで録画ボタンを押しましたが、写真をセーブ中で録画ボタンがタイムリーに押せませんでした。録画が開始できた時にはすでにほぼ着水した後でした。着水してからカルガモであることがわかりました。(2020年4月11日17:47撮影)

夕方に東側の空から何やら鳥の大群が飛んで来ました。写真を2枚撮影したところで、私が見ているため池に着水することがわかりましたが、写真をセーブするのに時間がかかってしまって録画ボタンを押すタイミングが遅くなってしまいました。よって、ほぼ着水したところから録画が始まっています。その前の2枚の写真と合わせると、ある程度その時の感じは伝わると思います。水面を滑ってブレーキをかけていることがわかります。着水した時にカルガモであることがわかりました。前の2枚の写真でカルガモを数えたところ、35羽いることがわかりました。(2020年4月11日17:47撮影)(2020年4月11日公開)

夕方の用水路に1羽でいたカルガモ(2020年6月25日)

カルガモ
メッシュフェンスの向こうに見える、用水路で浮かんで活動している1羽のカルガモ(1枚目)。(2020年6月25日18:03撮影)

カルガモ
カルガモの部分を切り取って拡大しました。(2020年6月25日18:03撮影)

カルガモ
メッシュフェンスの向こうに見える、用水路で浮かんで活動している1羽のカルガモ(2枚目)。(2020年6月25日18:03撮影)

カルガモ
カルガモの部分を切り取って拡大しました。(2020年6月25日18:03撮影)

夕方に近所の公園のところの用水路にカルガモが1羽で泳いでいました。金網を通して動画撮影しました。迷い込んでしまったのか、仲間とはぐれてしまったのか、その辺りには他のカルガモはいませんでした。(2020年6月25日18:09撮影)(2020年6月25日公開)

夕方のため池で泳いでいたたくさんのカルガモと1羽のオオバン(2020年11月13日)

夕焼け空とカルガモ
ため池の水面を泳いでいたカルガモと夕焼け空。(2020年11月13日日17:46撮影)

夕焼け空とカルガモ
ズームで撮影しました。(2020年11月13日日17:46撮影)

夕方のため池でカルガモの集団が水面に浮かんで移動したり戯れているところを動画に収めました。この動画の1分15秒以降は1羽のオオバンを追いかけているので、カルガモはほとんど映っていません。(2020年11月13日17:50撮影)(2020年11月13日公開)







関連記事

  1. 渓流のせせらぎ

  2. 日齢103日以降の赤ちゃんスッポンの飼育と観察

  3. 近所の用水路にいるオイカワの観察

  4. 2020年のアオサギの観察

  5. バラタナゴ の幼魚の飼育

  6. 2019年1匹目の赤ちゃんスッポンの飼育11日目以降の経過

  1. カラスから逃げて私の方に一時的に避難して来た3羽のコガモ

    2021.04.06

  2. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  3. 2021年に観察した1匹目の野生のスッポンの記録

    2021.04.01

  4. コサギが逃げるオイカワを走って追いかけて捕食する瞬間(2021年3月…

    2021.03.28

  5. 近所の用水路や公園のため池にいるカルガモの観察2021

    2021.03.02

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥

    2020.04.16

  4. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  4. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

  5. 西郷どん第17回で出てきた鹿児島弁の解説

    2018.05.07

アーカイブ

カテゴリー