水槽No.2の中にいた1匹のコイの幼魚

↑上のアイキャッチ画像は2019年8月6日の16:17に撮影したものです。

水槽No.2の中で数匹飼っているフナの中に口ひげが生えているものが1匹いることに8月6日に気づきました。コイの幼魚はこの辺りでは捕れないという先入観から、これまでフナだと信じて疑わなかったのですが、コイの幼魚が1匹混入していることが判明しました。

水槽No.2にいた1匹の小さなコイ(2019年8月6日)

コイ
見た感じはフナと変わりません。コイであることの決め手となるのは口ひげの存在ですが、この写真からはわかりません。(2019年8月6日18:21撮影)

フナ
水槽No.2の中にいた1匹のコイ。これまではフナであることを信じて疑いませんでしたが、口ひげが写っているのでコイです。(2019年8月6日18:21撮影)

コイ
この写真も口ひげが写っているのがなんとか確認できます。(2019年8月6日18:21撮影)

コイ
もっとはっきりと口ひげが写っている写真5枚のうちの1枚目(1/5)。下の動画の中の1コマです。(2019年8月6日16:14撮影)

コイ
もっとはっきりと口ひげが写っている写真5枚のうちの2枚目(2/5)。下の動画の中の1コマです。(2019年8月6日16:15撮影)

コイ
もっとはっきりと口ひげが写っている写真5枚のうちの3枚目(3/5)。下の動画の中の1コマです。(2019年8月6日16:16撮影)

コイ
もっとはっきりと口ひげが写っている写真5枚のうちの4枚目(4/5)。下の動画の中の1コマです。(2019年8月6日16:17撮影)

コイ
もっとはっきりと口ひげが写っている写真5枚のうちの5枚目(5/5)。下の動画の中の1コマです。(2019年8月6日16:17撮影)

水槽No.2の中の数匹の小さいフナの中に1匹のコイがいることが今日わかりました。この動画では口ひげがあることが確認できます。また、ひれが少し赤っぽいことも確認できます。これらが同じ水槽内で混泳しているフナとの違いです。(2019年8月6日16:17撮影)(2019年8月6日公開)

まとめ(2019年8月6日現在)

水槽No.2の中の数匹のフナの中に1匹のコイがいることが判明しました。これまで口ひげがあることに気づきませんでした。フナであることを全く疑っていなかったためです。嬉しい誤算だったので、これから成長過程を見て行きます。ある程度大きくなったらリリースします。それまでは飼育を続けていきます。

朝に水槽No.2の中で泳いでいる1匹の小さなコイ(2019年8月8日)

コイ
口ひげの確認1枚目(1/4)。近くにいるのはタモロコ。(2019年8月8日7:40撮影)

コイ
口ひげの確認2枚目(2/4)。尾ひれが赤っぽいことが確認できます。(2019年8月8日7:42撮影)

コイ
口ひげの確認3枚目(3/4)。(2019年8月8日7:43撮影)

コイ
1枚前の写真の口ひげの部分を拡大しました。(2019年8月8日7:43撮影)

コイ
口ひげの確認4枚目(4/4)。(2019年8月8日7:43撮影)

朝に水槽No.2の中で泳いでいる1匹の小さいコイの動画。(2019年8月8日8:21撮影)(2019年8月8日公開)

水槽No.2の中を泳ぎ回る小さなコイの行動範囲(2019年8月8日)

コイ
小さいコイの魚体。(2019年8月8日10:25撮影)

コイ
口ひげの部分を拡大。左右1本ずつ2本写っています。(2019年8月8日10:25撮影)

コイ
太陽光で魚体が照らされて明るく見える時に少し赤っぽく見えます。フナはそこまでありません。(2019年8月8日10:25撮影)

コイ
魚体が写っている部分を切り取って拡大しました。(2019年8月8日10:25撮影)

コイ
小さいコイの後ろ姿。(2019年8月8日10:26撮影)

コイ
右後方から見た口ひげの部分を拡大しました。(2019年8月8日10:26撮影)

水槽No.2の中で小さいコイがけっこう広範囲を泳ぎ回っている様子を動画に収めました。同じ水槽内のフナよりも行動範囲が広いように感じます。(2019年8月8日10:28撮影)(2019年8月8日公開)

小さなコイが急成長!(2019年8月20日)

コイ
口ひげの写った横顔。右側の魚はバラタナゴの幼魚。(2019年8月20日9:07撮影)

コイ
コイの後ろ姿。(2019年8月20日9:09撮影)

コイ
成長してくると魚体の形がフナと若干違うことがわかります。(2019年8月20日9:11撮影)

水槽No.2の中の小さいコイが急成長してきました。リリースの日も近いと思います。(2019年8月20日9:11撮影)(2019年8月20日公開)

コイ
コイ(上)とバラタナゴ(下)。(2019年8月20日9:13撮影)

コイ
斜め前から見た顔。(2019年8月20日9:14撮影)

コイ
魚体の全体像。(2019年8月20日9:15撮影)

水槽No.3に移して1日経った体長7.2cmのコイ(2019年8月22日)

コイ
水槽No.2から水槽No.3に昨日8月21日に移しました。現在、この水槽にはフナ7匹とコイ1匹とミナミヌマエビ多数と子スッポン1匹が入っています。オイカワはスピンしながら泳ぎだしてだんだん減っていって現在ゼロです。2018年11月5日から飼育している唯一生き残っているまあまあ大きいタモロコは水槽No.2に移しました。(2019年8月22日8:29撮影)

水槽No.2の小さいコイを8月21日に水槽No.3に移して1日経過しました。体長は水槽No.3の外から定規を当てて約7.2cmありました。(2019年8月22日8:31撮影)(2019年8月22日公開)

水がなくなってきた用水路から救出したフナの動画と写真はこちら↓

用水路と水槽のフナの観察に関する動画と写真はこちら↓

赤ちゃんフナに関する写真と動画はこちら↓

水槽で飼育しているフナのヒレの修復過程と飼育3ヶ月半から半年までの記録に関する動画と写真はこちら↓

水槽No.2で通算2匹目と3匹目の子ブナの飼育の記録はこちら↓

2019年の用水路のフナに関する写真と動画はこちら↓







関連記事

  1. 10回目の卵の隔離日から8日後に孵化した孫メダカ

  2. コスモス

  3. ミシシッピアカミミガメ

  4. 近所の電線の上のツバメと田浦町の道の駅のツバメ

  5. パッシフローラアメシスト

  6. コメツキムシ

  1. 子スッポンの餌としてのミミズ

    2019.08.17

  2. 実家の近くの川にいたタカハヤ(アブラメ)

    2019.08.17

  3. 朝の用水路で泳いでいたほぼ生まれたばかりの赤ちゃんスッポン

    2019.08.17

  4. 木より高いところを飛んでいるチョウトンボ

    2019.08.08

  5. 水槽No.2の中にいた1匹のコイの幼魚

    2019.08.06

  1. 木より高いところを飛んでいるチョウトンボ

    2019.08.08

  2. カワラヒワの巣立ち雛とエサを運んできて食べさせる親鳥の観察

    2019.06.28

  3. 大きいスッポンが小さいスッポンを襲う瞬間

    2018.08.03

  4. MacBook ProのOSをMavericksからSierra経由でHigh Sierraにアップデ…

    2018.04.15

  5. 私の趣味の位置づけ

    2018.03.19

  1. 西郷どん第17回で出てきた鹿児島弁の解説

    2018.05.07

  2. 西郷どん第15回で出てきた鹿児島弁の解説

    2018.04.26

  3. 西郷どん第11回で出てきた鹿児島弁と銀による毒の検出についての解説

    2018.03.20

  4. 私の趣味の位置づけ

    2018.03.19

  5. フォトギャラリー型トップページ

    2018.03.19