用水路のフナの観察(2019〜2021)

↑上のアイキャッチ画像は2019年6月6日の17:32に撮影したものです。

用水路のフナの群れ(2019年6月6日)

フナ
用水路の橋の上から見えるフナの群れ。(2019年6月6日17:30撮影)

フナ
近くに行って柵越しに撮影しました。(2019年6月6日17:32撮影)

フナ
トンネルの入り口付近にもフナの群れがいます。(2019年6月6日17:34撮影)

フナと思われる3匹の魚が用水路の壁の苔を食べているところを動画に収めました。(2019年6月6日17:36撮影)(2019年6月6日公開)

用水路にいたまあまあのサイズのフナの群れ(2019年7月27日)

フナ
用水路の橋の上から見える子ブナの群れ。(2019年7月27日10:32撮影)

フナ
用水路で泳いでいたフナとオイカワの群れ。(2019年7月27日10:33撮影)

フナ
用水路で泳いでいたまあまあのサイズのフナの群れ。(2019年7月27日10:33撮影)

水田から水を出すために水位が下げられた用水路で泳いでいたけっこう大きいフナの群れを動画に収めました。鱗が光ります。(2019年7月27日10:34撮影)(2019年7月27日公開)

用水路でライギョと泳いでいたフナ(2019年7月27日)

ライギョ昼前の住宅地の用水路に2匹のフナと1匹のライギョがいました。(2019年7月27日10:47撮影)

ライギョ1枚前の写真を部分的に拡大しました。(2019年7月27日10:47撮影)

ライギョ2匹のフナはライギョと一緒に泳いでいました。(2019年7月27日10:47撮影)

ライギョ1枚前の写真を部分的に拡大しました。(2019年7月27日10:47撮影)

昼前の住宅地の用水路に2匹のフナが1匹のライギョと一緒にいました。ライギョをデジカメで追っていると2匹のフナが追いかけてくるように一緒に泳いでいました。(2019年7月27日10:49撮影)(2019年7月27日公開)

まとめ(2019年7月27日現在)

フナはライギョと相性は悪くないと思いました。鳥で例えるならスズメとシジュウカラとヒヨドリではないかと思います。どれか2組の組み合わせ(スズメとシジュウカラ、スズメとヒヨドリ、シジュウカラとヒヨドリ)で見たことがあります。

用水路で泳いでいた腹ぼてのフナ(2019年8月6日)

フナ水が少なくなった用水路にお腹に卵を持っているように見えるフナがいました。もう1匹が一緒に行動していました。(2019年8月6日12:33撮影)

フナ1枚前の写真を部分的に拡大しました。(2019年8月6日12:33撮影)

フナ横並びになりました。(2019年8月6日12:33撮影)

フナ基本的に一緒にいるようです。(2019年8月6日12:33撮影)

昼過ぎの住宅地の用水路で泳いでいた2匹のフナを動画に収めました。1匹は腹ぼての状態で、もう1匹が寄り添って一緒に行動していました。(2019年8月6日12:35撮影)(2019年8月6日公開)

夕方に用水路でじっとしていた2匹のフナ(2019年8月9日)

夕方に近所の用水路で2匹のフナがじっとしていました。そのまわりをうろうろしている数匹のオイカワも映っています。(2019年8月9日18:04撮影)(2019年8月9日公開)

まとめ(2019年8月9日現在)

フナはじっとしていても酸素不足にはならないように見えます。つまり、水槽で飼うにしてもメダカやオイカワなどのようにエアレーションをしなければ死んでしまうようなことはなさそうです。魚体の大きさや水槽の大きさにもよるでしょうけれども。

早朝の用水路で泳いでいるフナの群れ(2021年9月9日)

フナ
田んぼの水が流れ込んでいるところに向かってたくさんのフナが群れて泳いでいます。(2021年9月9日7:03撮影)

真鯉
近くには大きい真鯉もいます。(2021年9月9日7:03撮影)

フナ
岸に近い方により多くのフナがいるようです。(2021年9月9日7:03撮影)

早朝の用水路で泳いでいるフナの群れを動画撮影しました。コイの幼魚も混ざっているかもしれません。近くを大きい真鯉が泳いでいたからです。ここの場所は稲作シーズン中は用水路が堰き止められているので水位が上がっています。フナは田んぼから流れ込んでくる水の流れに向かって群れで泳いでいるところです。(2021年9月9日7:05撮影)(2021年9月9日公開)

用水路で秩序正しく泳いでいるオイカワとフナの群れ(2021年10月20日)

オイカワ昼前の用水路で魚の群れが泳いでいました。(2021年10月20日11:41撮影)

オイカワ群れの部分を拡大しました。群れはオイカワとフナのハイブリッドのようです。(2021年10月20日11:41撮影)

オイカワ左側をさらに拡大しました。オイカワが大勢を占めていますが、フナとコイの幼魚も混ざっているようです。(2021年10月20日11:41撮影)

オイカワ2枚前の写真の右側をさらに拡大しました。左側はフナが多かったですが、右側はオイカワが圧倒的に多いようです。(2021年10月20日11:41撮影)

昼前の用水路でフナとオイカワの群れが秩序正しく泳いでいる様子を動画に収めました。(2021年10月20日11:43撮影)(2021年10月20日公開)

水がなくなってきた用水路から救出したフナの動画と写真はこちら↓

用水路と水槽のフナの観察に関する動画と写真はこちら↓

赤ちゃんフナに関する写真と動画はこちら↓

水槽で飼育しているフナのヒレの修復過程と飼育3ヶ月半から半年までの記録に関する動画と写真はこちら↓

水槽No.2で通算2匹目と3匹目の子ブナの飼育の記録はこちら↓

水槽No.6で飼育していた11匹の小さいフナに関する写真と動画はこちら↓

2020年の用水路のフナに関する写真と動画はこちら↓







関連記事

  1. 最初の観察から50日目の用水路で水浴びするコサギ

  2. 2019年に観察した飛行機と飛行機雲

  3. 用水路や湿地帯で魚を捕食するダイサギの観察2019

  4. 魚を捕食するダイサギの観察とコサギとの行動の比較

  5. アメンボ

  6. ニホントカゲ

  1. 2021年に保護したスッポンの幼体の飼育

    2021.10.10

  2. 近所の建物の屋根で休んでいた4羽のコウノトリの観察

    2021.10.03

  3. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年10月)

    2021.10.01

  4. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(45匹目〜50匹目)

    2021.09.12

  5. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(39匹目〜44匹目)

    2021.09.11

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥はチゴモズ(稚児百舌…

    2020.04.16

  4. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー