近所の用水路にいるオイカワの観察2020

↑上のアイキャッチ画像は2020年5月7日のよく晴れた日の夕方に近所の用水路で泳いでいたオイカワです。橋の上から撮影しました。(17:48撮影)

2020年5月6日あたりから用水路でオイカワの活動が目立つようになりました。その前日まではとろろ昆布のようなものがたくさん浮いていて魚はあまりいないような感じでした。ここでは2020年5月7日以降に近所の用水路で観察したオイカワの結果を紹介しています。

夕方に用水路で泳いでいたオイカワの群れ(2020年5月7日)

オイカワ夕方に用水路で泳いでいたオイカワの群れ(1枚目/4枚)。(2020年5月7日17:42撮影)

オイカワ夕方に用水路で泳いでいたオイカワの群れ(2枚目/4枚)。(2020年5月7日17:42撮影)

オイカワ夕方に用水路で泳いでいたオイカワの群れ(3枚目/4枚)。(2020年5月7日17:42撮影)

オイカワ夕方に用水路で泳いでいたオイカワの群れ(4枚目/4枚)。(2020年5月7日17:42撮影)

夕方に用水路で泳いでいたオイカワの群れを動画に収めました。(2020年5月7日17:42撮影)(2020年5月7日公開)

夕方に用水路で泳いでいたオイカワと水面に映ったクスノキと青空(2020年5月7日)

オイカワ夕方の用水路で泳いでいるオイカワと水面に映ったクスノキと青空(1枚目/9枚)。2匹映っています。(2020年5月7日17:48撮影)

オイカワ夕方の用水路で泳いでいるオイカワと水面に映ったクスノキと青空(2枚目/9枚)。2匹映っています。(2020年5月7日17:48撮影)

オイカワ夕方の用水路で泳いでいるオイカワと水面に映ったクスノキと青空(3枚目/9枚)。2匹映っています。(2020年5月7日17:48撮影)

オイカワ夕方の用水路で泳いでいるオイカワ(4枚目/9枚)。(2020年5月7日17:48撮影)

オイカワ夕方の用水路で泳いでいるオイカワ(5枚目/9枚)。(2020年5月7日17:48撮影)

オイカワ夕方の用水路で泳いでいるオイカワ(6枚目/9枚)。(2020年5月7日17:48撮影)

オイカワ夕方の用水路で泳いでいるオイカワと水面に映ったクスノキと青空(7枚目/9枚)。3匹映っています。(2020年5月7日17:50撮影)

オイカワ夕方の用水路で泳いでいるオイカワと水面に映ったクスノキと青空(8枚目/9枚)。3匹映っています。(2020年5月7日17:50撮影)

オイカワ夕方の用水路で泳いでいるオイカワと水面に映ったクスノキと青空(9枚目/9枚)。3匹映っています。クスノキの緑と重なり合っているためわかりにくいですが、川底に映った影で3匹いることがわかります。(2020年5月7日17:50撮影)

夕方の用水路で泳いでいるオイカワと水面に映ったクスノキと青空を動画に収めました。(2020年5月7日17:50撮影)(2020年5月7日公開)

まとめ(2020年5月7日現在)

一昨日まではほとんどいなかったオイカワの群れが昨日あたりから見られるようになりました。それまではとろろ昆布のようなものが浮遊していて魚はほとんどいなかったような用水路でしたが、5月になると急にどこからか出てくるようです。

夕方の用水路にいたオイカワ(2020年5月10日)

夕方の用水路の浅い淵のところに1匹の大きなナマズがいたので動画撮影していたところ、39秒から1分1秒あたりまでオイカワの群れが通りました。そのままナマズを撮影していたところ、最後に大きいライギョも現れました。(2020年5月10日17:50撮影)(2020年5月10日公開)

早朝に用水路の淵で泳いでいたオイカワとフナの群れ(2020年5月19日)

オイカワ早朝に用水路の淵の中で泳いでいた主にオイカワとフナの群れ。(2020年5月19日7:07撮影)

オイカワ1枚前の写真の左上のフナが多い場所を切り取って拡大(1枚目/4枚)。(2020年5月19日7:07撮影)

オイカワ2枚前の写真の左下のオイカワが多い場所を切り取って拡大(2枚目/4枚)。(2020年5月19日7:07撮影)

オイカワ3枚前の写真の真ん中下のフナとオイカワがいる場所を切り取って拡大(3枚目/4枚)。(2020年5月19日7:07撮影)

オイカワ4枚前の写真の右下のオイカワがいる場所を切り取って拡大(4枚目/4枚)。(2020年5月19日7:07撮影)

早朝に用水路の淵でオイカワとフナの群れが泳いでいるところを動画に収めました。冬場はあまりいなかったのですが、数日前の雨の時の増水時に下流から遡上してきて淵にたまっているのではないかと考えられます。(2020年5月19日7:05撮影)(2020年5月19日公開)

早朝に用水路の淵の段差の上の浅瀬で泳いでいたオイカワとフナの群れ(2020年5月19日)

オイカワ早朝に用水路の淵の段差の上流数メートルのところの浅瀬で泳いでいたオイカワとフナの群れ。(2020年5月19日7:06撮影)

オイカワオイカワとフナの群れの部分を切り取って拡大しました。(2020年5月19日7:06撮影)

早朝に用水路の淵の上の段の浅瀬でオイカワとフナの群れが泳いでいるところを動画に収めました。浅瀬で泳いでいるオイカワとフナは比較的小さく、数メートル下流のところの淵の中で泳いでいる魚の方が大きいように見えます。この浅瀬の魚も数日前の雨の時の増水時を界に増えたように感じました。ただ、もともとこの辺りの少し上流にいた魚が下ってきただけのような気もします。少なくとも冬場は全くいませんでした。(2020年5月19日7:06撮影)(2020年5月19日公開)

朝に用水路の浅瀬で泳いでいたオイカワの群れ(2020年5月20日)

オイカワ早朝に用水路の浅瀬で泳いでいたオイカワの群れ。昨日はフナもいましたが、今朝はいませんでした。そして、オイカワの数が増えていました。(2020年5月20日7:19撮影)

オイカワオイカワの群れの一部を切り取って拡大しました。(2020年5月20日7:19撮影)

早朝に用水路の浅瀬でオイカワの群れが泳いでいるところを動画に収めました。昨日より数が増えましたが、昨日いた多数のフナはこの群れの中には見当たりませんでした。どこかに移動してしまったようです。オイカワの数は昨日よりかなり増えていました。(2020年5月20日7:19撮影)(2020年5月20日公開)

オイカワほぼすべてのオイカワが平行に並んでいる時間帯がありました。(2020年5月20日7:20撮影)

オイカワ外部刺激により情報が伝達さればらばらになりました。(2020年5月20日7:20撮影)

半透明の水の中で泳いでいたオイカワ(2020年5月21日)

夕方に白く濁った用水路の水の中で泳いでいるオイカワを動画撮影しました。定期的にこんな日があります。魚にとっては受難です。(2020年5月21日17:59撮影)(2020年5月22日公開)

透明の水の中で泳いでいたオイカワとナマズ(2020年5月22日)

昨日と同じ場所で透明の水の中で泳いでいるオイカワと大きいナマズを撮影しました。昨日もナマズはいたはずですが、水が濁っていたため見えませんでした。(2020年5月22日18:04撮影)(2020年5月22日公開)

とても速く泳ぐオイカワのオス(2020年5月23日)

オスのオイカワ夕方の用水路の淵のところで泳いでいたオスのオイカワ。(2020年5月20日17:56撮影)

オスのオイカワ夕方の用水路でオスのオイカワが曲がっているところ。(2020年5月20日17:56撮影)

夕方の用水路でオスのオイカワがとても速く泳ぐ様子を動画撮影しました。オスがオスを追い払っているかのように見えるので、縄張り争いかもしれません。(2020年5月23日17:59撮影)(2020年5月23日公開)

夕方の用水路で泳いでいたオイカワの群れ(2020年5月23日)

夕方の用水路でオイカワの群れが泳いでいるところを動画に収めました。(2020年5月23日18:04撮影)(2020年5月23日公開)

用水路の水面で跳ねているオイカワ(2020年5月24日)

夕方の用水路で水面の獲物を捕食しているオイカワを動画に収めました。(2020年5月24日17:44撮影)(2020年5月24日公開)

夕方の用水路で泳いでいる多数のオイカワとじっとしている1匹の大きいナマズ(2020年5月24日)

夕方の用水路で泳いでいるオイカワの群れとじっとしている1匹の大きいナマズを動画に収めました。(2020年5月24日18:05撮影)(2020年5月24日公開)

オスのオイカワがもう1匹のオスを何度も何度も追い払う様子(2020年5月24日)

大きいオスのオイカワがもう1匹のオスのオイカワを何度も何度も追い払う様子を動画に収めました。縄張りを侵されたと思って追い払っていると思われます。(2020年5月24日18:08撮影)(2020年5月24日公開)

夕方の用水路で泳いでいたオイカワとスッポン(2020年5月29日)

夕方に近所の公園のところの用水路でオイカワが泳いでいるところを動画撮影しました。1分31秒のところで突然1匹の大きいスッポンがデジカメのフレーム内に入ってきました。そのあとはスッポンを追いかけました。(2020年5月29日18:12撮影)(2020年5月29日公開)







関連記事

  1. 飼育を始めて6日以降の2019年2匹目の赤ちゃんスッポンの観察

  2. 公園で巣立ち雛にムシを食べさせている親ムクドリ

  3. 近所の公園の芝生にいるムクドリ

  4. 2020年に観察した2匹目の野生のスッポンの記録

  5. 孵化した12匹の赤ちゃんメダカの成長過程

  6. 水槽プリズムを通った太陽光のスペクトル

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2020年6月)

    2020.06.01

  2. 2020年に観察した15匹目以降の野生のスッポンの観察結果

    2020.05.31

  3. 玄関のドアの上の電気メーターの中に巣を作ったスズメとその雛鳥の…

    2020.05.28

  4. 近所に生えていたモリムラマンネングサという多肉植物の栽培

    2020.05.20

  5. 用水路のギンブナの観察2020

    2020.05.19

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥

    2020.04.16

  4. 用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができていない珍しい水鳥

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  4. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

  5. 西郷どん第17回で出てきた鹿児島弁の解説

    2018.05.07

アーカイブ

カテゴリー