近所の用水路にいるコサギの観察(2020年5月〜)

↑上のアイキャッチ画像は2020年5月6日の夕方に公園のところの用水路を獲物をを漁りながら歩いていた冠羽のあるコサギです。(17:57撮影)

2020年5月6日に近所の公園のところを流れる用水路に冠羽のあるコサギがいたのでメッシュフェンスを通して観察しました。

夕方に用水路をエサを探しながらゆっくり歩いていた冠羽のあるコサギ(2020年5月6日)

コサギ
コサギが公園を流れる用水路をエサを漁りながら歩いていました。(2020年5月6日17:52撮影)

冠羽がある1羽のコサギが公園のところを流れる用水路を歩いているのがメッシュフェンスの網目を通して動画撮影しました。(2020年5月6日17:56撮影)(2020年5月8日公開)

コサギ
コサギが用水路を歩いているところ。フェンスの網目の間から見て撮影。ちょうど真横から撮影した形になりました。(2020年5月6日17:57撮影)

コサギ
こちらを見ました。(2020年5月6日17:57撮影)

コサギ
コサギが歩く速度を少し上げました。(2020年5月6日17:57撮影)

コサギ
コサギが歩いているところを若干後ろから撮影(1枚目/3枚)。(2020年5月6日17:57撮影)

コサギ
コサギが歩いているところを若干後ろから撮影(2枚目/3枚)。(2020年5月6日17:57撮影)

コサギ
コサギが歩いているところを若干後ろから撮影(3枚目/3枚)。(2020年5月6日17:57撮影)

夕方の用水路で私から歩いて逃げていくコサギ(2020年5月8日)

コサギ
コサギは歩いている時もこちらを気にしています。(2020年5月8日17:41撮影)

コサギ
足が黄色いのがコサギの特徴で、ダイサギの足は黒いです。(2020年5月8日17:41撮影)

2日前にいた冠羽がある1羽のコサギが今日は用水路の上流の方(2日前の場所から300メートルほど上流)にいました。獲物を探しながら歩いて遠ざかっていくところを動画撮影しました。(2020年5月8日17:40撮影)(2020年5月8日公開)

夕方にため池から飛んで逃げる1羽のコサギ(2020年5月8日)

コサギ
いつものため池の中でわりと公園に近いところに1羽のコサギがいました。(2020年5月8日17:55撮影)

夕方にいつものため池に行ったら、近くに1羽のコサギがいました。私を見てしばらくして飛んで逃げました。私の方に向かって飛び立ったので動画撮影したら、近くを通って公園の上の方を通って遠くに飛び去りました。このコサギは1つ前の動画の冠羽があるコサギとは別の個体です。冠羽がなかったからです。(2020年5月8日17:55撮影)(2020年5月8日公開)

冠羽を風に靡かせていたコサギ(2020年5月8日)

コサギ
22分前にこの場所にいた1羽のコサギがまたいました。(2020年5月8日18:02撮影)

コサギ
歩きながらも後方を気にしているのがわかります。(2020年5月8日18:02撮影)

コサギ
わりと飄々としていました。(2020年5月8日18:02撮影)

夕方の用水路で24分前にいたコサギがまた同じ場所にいました。冠羽を風に靡かせて浅瀬を歩いていました。(2020年5月8日18:04撮影)(2020年5月8日公開)

住宅地のガードレールに止まった冠羽のあるコサギ(2020年5月11日)

コサギ
冠羽のある1羽のコサギが住宅地の側溝にいて、近づいてきた私に気付いて後方を気にしています。(2020年5月11日17:37撮影)

冠羽のある1羽のコサギが住宅地の側溝で獲物を探している時に私が近づいてきたため、側溝から飛んで上がってガードレールに止まりました。最後は公園の上を飛んで西の方に飛び去りました。(2020年5月11日17:38撮影)(2020年5月13日公開)







[/speech_bubble]

関連記事

  1. スッポンの卵が孵化するまでの過程の観察とその後

  2. 婚姻色を呈しているオスのオイカワの飼育と観察

  3. 2016年のスッポンの観察

  4. 近所の用水路に棲息しているザリガニの観察2020

  5. 道路脇の草に止まっていたヤマトシジミ

  6. 用水路で溺れていたケラを助けてリリースするまで

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2020年6月)

    2020.06.01

  2. 2020年に観察した15匹目以降の野生のスッポンの観察結果

    2020.05.31

  3. 玄関のドアの上の電気メーターの中に巣を作ったスズメとその雛鳥の…

    2020.05.28

  4. 近所に生えていたモリムラマンネングサという多肉植物の栽培

    2020.05.20

  5. 用水路のギンブナの観察2020

    2020.05.19

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥

    2020.04.16

  4. 用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができていない珍しい水鳥

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  4. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

  5. 西郷どん第17回で出てきた鹿児島弁の解説

    2018.05.07

アーカイブ

カテゴリー