近所の道路脇の草に止まっていたベニシジミ

上のアイキャッチ画像は2020年3月30日の16:03に撮影したベニシジミです。

近所にいたベニシジミを写真撮影しました。英語ではcopperといいます。copperは銅です。確かに小さな赤褐色のチョウなので酸化されていないきれいな新しい銅に例えられるようなきれいな色をしているといえます。

近所の道路脇に止まっていたベニシジミ(2020年3月29日)

ベニシジミ
アパートの前の道路の脇のハイビャクシンのようなイワヒバのような植物(よくわかりません)に止まっていたベニシジミ。(2020年3月29日16:03撮影)

ベニシジミ
ベニシジミの部分を拡大しました。(2020年3月29日16:03撮影)

ベニシジミ
ベニシジミを連続で4枚撮影したうちの4枚目。2枚目、3枚目は4枚目とほとんど同じだったのと、少しピンぼけしていたという理由で不採用としました。(2020年3月29日16:03撮影)

ベニシジミ
ベニシジミの部分を拡大しました。奥の方の翅に焦点が合っているので採用しました。(2020年3月29日16:03撮影)

まとめ(2020年3月29日現在)

ベニシジミは春から初夏、4月から6月にかけて多く見られるようです。ベニシジミは鹿児島県ではレッドリストの「分布特性上重要」の指定を受けています。きれいでかわいい蝶なので大事にしたいです。







関連記事

  1. いろいろなところで見かけたアシナガバチ

  2. 偶然にしては出来過ぎの私のお気に入りの自然の一発撮り動画(Part 1)

  3. 夕方に飛んでいたコウモリ

  4. 近所のクマゼミの観察(2020年〜)

  5. 甲長が5.1cmから175日で6.5cmになった成長が遅いアルビノシナスッポン

  6. 近所の用水路に棲息しているザリガニの観察(2020年)

  1. 2021年に保護したスッポンの幼体の飼育

    2021.10.10

  2. 近所の建物の屋根で休んでいた4羽のコウノトリの観察

    2021.10.03

  3. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年10月)

    2021.10.01

  4. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(45匹目〜50匹目)

    2021.09.12

  5. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(39匹目〜44匹目)

    2021.09.11

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥はチゴモズ(稚児百舌…

    2020.04.16

  4. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー