近所にいるササゴイの観察結果(2021年)

アイキャッチ画像は2021年8月5日の朝6:47に住宅地のため池のスロープのところでフナを狙っている様子の1羽のササゴイを撮影したもの。写真右上に写っているのはその辺りを飛んでいたアキアカネと思われます。

2021年5月5日から始まった2021年の近所のササゴイの観察記録です。

夕方の用水路にいたササゴイ(2021年5月5日)

夕方の用水路にいたササゴイの動画です。もともと用水路の水の中にいたのですが、私が近づくと土手に上がりました。そこからの動画撮影です。また漁を始めるために人間が立ち去るまで待っています。ほかにアオサギと大きいナマズも映っています。(2021年5月5日17:55撮影)(2021年5月5日公開)

ササゴイ
夕方の用水路にいた1羽のササゴイ。近くには1羽のアオサギもいます。(2021年5月5日17:55撮影)

ササゴイ
ササゴイの拡大写真。(2021年5月5日17:55撮影)

ササゴイ
ササゴイが少しずつ遠ざかっています。土手の上にはアオサギが立っています。(2021年5月5日17:55撮影)

ササゴイ
ササゴイの拡大写真。(2021年5月5日17:55撮影)

小走りで逃げるササゴイ(2021年7月8日)

ササゴイ
夕方の田んぼの縁にいた1羽のササゴイ。ヅラを被っているようです。(2021年7月8日18:04撮影)

夕方の田んぼと用水路の間のコンクリートの堤防を小走りで逃げていくササゴイを動画撮影しました。頭がヅラのようです。(2021年7月8日18:06撮影)(2021年7月8日公開)

ササゴイ
動画撮影後に撮った1羽のササゴイ。(2021年7月8日18:06撮影)

用水路の側壁の上からぶら下がるようにして魚を捕獲したササゴイ(2021年7月13日)

ササゴイ
夕方の田んぼの堤防の上にいた1羽のササゴイが歩いて私から離れていくところを撮影。(2021年7月13日18:00撮影)

ササゴイ
ササゴイがちょうど左足を上げて歩いているところを撮影。(2021年7月13日18:00撮影)

ササゴイ
ササゴイが止まって田んぼの方を見ています。(2021年7月13日18:01撮影)

夕方の田んぼと用水路の間のコンクリートの堤防を小走りで逃げていくササゴイを動画撮影していたら、堤防の上からぶら下がるように水の中の魚を捕らえて、そのあと飲み込みました(1分40秒あたり)。ササゴイの違った一面が見えました。面白い鳥だと思います。(2021年7月13日18:03撮影)(2021年7月13日公開)

ササゴイ
動画撮影後も歩き続けていたササゴイが止まって田んぼの方を見ているところ。(2021年7月13日18:05撮影)

夕方の用水路の浅瀬でオイカワと思われる魚を捕獲して飲み込んだササゴイ(2021年7月26日)

ササゴイ
夕方の用水路の浅瀬で魚を食べにきている1羽のササゴイ。(2021年7月26日18:17撮影)

ササゴイ
ササゴイの部分を拡大。(2021年7月26日18:17撮影)

ササゴイ
通行人が来たので一旦陸に上がろうとしているササゴイ。(2021年7月26日18:20撮影)

夕方の用水路の浅瀬で1羽のササゴイが魚を狙って捕獲するところを動画撮影しました。128秒あたりでオイカワと思われる1匹の魚を捕獲して飲み込みました。なぜオイカワかというと、この浅瀬にいるのはオイカワだからです。(2021年7月26日18:23撮影)(2021年7月26日公開)

ササゴイ
このササゴイは私に早く帰ってほしいと思っているに違いありません。じっと待っています。(2021年7月26日18:23撮影)

ササゴイ
ササゴイの部分を拡大。(2021年7月26日18:23撮影)

夕方の用水路の浅瀬でササゴイが大きいオスのオイカワを捕獲して飲み込むまでの一部始終(2021年7月27日)

ササゴイ
この用水路によくいる1羽のササゴイが夕方の用水路の浅瀬でゆっくり歩き出しました。そして次の動画に続きます。(2021年7月27日18:03撮影)

夕方の用水路の浅瀬のところの砂の上にいつもの1羽のササゴイがいました。39秒あたりからおもむろに歩き出し、体勢を低くして何かを見ていました。そして52秒で頭から突進してくちばしにオイカワを挟んで捕獲しました。遠くから見ていてもわかるカラフルな大きい魚なのでオスのオイカワで間違いないと思います。ここの用水路にはオイカワがたくさんいるからです。(2021年7月27日18:05撮影)(2021年7月27日公開)

ササゴイ
大きいオイカワを飲み込んで満足したように見えるササゴイ。(2021年7月27日18:05撮影)

早朝のため池でフナを捕獲するために飛び込もうとして水面でやめたササゴイ(2021年8月5日)

ササゴイ
早朝のため池のスロープの上から魚を狙っている1羽のササゴイ。(2021年8月5日6:47撮影)

早朝のため池でフナの群れが水面付近を泳いでいました。それをコンクリートのスロープの上から1羽のササゴイが狙っていました。動画を撮影しているとちょうど2分のところでダイブしました。水に入るのか見ていたら、足を水面につけただけで岸に戻っていきました。カワセミのようなことはできないのかもしれません。(2021年8月5日6:58撮影)(2021年8月5日公開)

ササゴイ
スロープの上に戻って来た1羽のササゴイ。(2021年8月5日6:58撮影)

ササゴイ
次のターゲットを探しています。(2021年8月5日6:58撮影)

用水路の草の上でじっとしていたササゴイ(2021年9月5日)

ササゴイ
用水路の中に草が生えていて、そこに1羽のササゴイが止まってじっとしていました。(2021年9月5日14:25撮影)

ササゴイ
ササゴイの部分を拡大しました。(2021年9月5日14:25撮影)

1羽のササゴイが用水路の草の上でじっとしていました。(2021年9月5日14:26撮影)(2021年9月5日公開)







関連記事

  1. 2020年のササゴイの観察結果

  2. 用水路にいるライギョの観察(2020年)

  3. いろいろな花に飛んできた大きくて丸いクマバチ

  4. ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートホテルのアクアリウム

  5. 魚やスッポンなどを飼っている3つの水槽

  6. スズメの巣立ち雛の観察

  1. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(45匹目〜47匹目)

    2021.09.12

  2. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(39匹目〜44匹目)

    2021.09.11

  3. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(33匹目〜38匹目)

    2021.09.11

  4. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(27匹目〜32匹目)

    2021.09.10

  5. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年9月)

    2021.09.01

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥はチゴモズ(稚児百舌…

    2020.04.16

  4. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー