近所にいるヒヨドリの観察(2020年4月以降)

↑上のアイキャッチ画像は2020年4月11日の18:05に近所の公園のクスノキの上で左の翼を広げて羽繕いをしているヒヨドリです。

夕方にクスノキの枝の上で羽繕いしていた1羽のヒヨドリ(2020年4月11日)

ヒヨドリ近所の公園のクスノキの枝に1羽のヒヨドリが飛んで来て止まりました。(2020年4月11日18:05撮影)

ヒヨドリヒヨドリの部分を切り取って拡大しました。(2020年4月11日18:05撮影)

ヒヨドリの右の翼の観察(2020年4月11日夕方)

ヒヨドリ動画1秒のところで広げられた右の翼。(2020年4月11日18:05撮影)

ヒヨドリ動画10秒のところで再び広げられた右の翼。(2020年4月11日18:05撮影)

ヒヨドリの左の翼の観察(2020年4月11日夕方)

ヒヨドリ動画52秒のところで広げられた左の翼。(2020年4月11日18:05撮影)

ヒヨドリが羽繕いするところを真下から撮影した動画(2020年4月11日)

近所の公園のクスノキの枝に止まった1羽のヒヨドリを真下から撮影していたら、羽繕いを始めました。最初は1〜2秒と9〜10秒のところで右の翼を広げて、次に51〜54秒のところで左の翼を広げました。翼を広げた時の扇子のようなきれいな翼は真下から観察していたから見ることができたのだと言えます。(2020年4月11日18:06撮影)(2020年4月11日公開)

まとめ(2020年4月11日現在)

クスノキの木の上に止まったヒヨドリが羽繕いを始めたところを偶然真下から動画撮影できました。ましたから見ると翼が広がったところがよく見えました。このような撮影は狙ってできることではないので、僥倖でした。

夕方に住宅地の電線に止まって鳴いていた1羽のヒヨドリ(2020年6月21日)

ヒヨドリ近所の住宅地の電線の上に1羽のヒヨドリが止まっていて鳴いていました。(2020年6月21日17:51撮影)

1羽のヒヨドリが近所の住宅地の電線の上に止まっていて、いつものけたたましい鳴き声とは違って、わりときれいな鳴き声で鳴いているところを動画撮影しました。180°向きを変えながら鳴いていました。このヒヨドリはこのところ夕方のウォーキング時にこの場所の電線でよく見かけます。(2020年6月21日17:52撮影)(2020年6月21日公開)

早朝に住宅地の電線の上で激しく鳴いていた1羽のヒヨドリ(2020年6月28日)

ヒヨドリ早朝に住宅地の電線の上で激しく鳴いていた1羽のヒヨドリ。(2020年6月28日7:00撮影)

ヒヨドリヒヨドリを拡大しました。(2020年6月28日7:00撮影)

1羽のヒヨドリが近所の住宅地の電線の上に止まっていて、ヒヨドリの代名詞的な鳴き声である、あのけたたましい「キーキー」という鳴き声で鳴いていました。(2020年6月28日7:01撮影)(2020年6月28日公開)

花が満開のさくらんぼ暖地の木に飛来したメジロとヒヨドリ(2021年3月6日)

メジロ
実家のさくらんぼ暖地の木の満開の花。その花の蜜を吸いにヒヨドリやメジロがよく飛んできます。(2021年3月6日14:10撮影)

実家の畑に植えている暖地というさくらんぼの木の花が満開です。その蜜を吸いに来たメジロとヒヨドリを動画に収めました。ヒヨドリは最後の方に2羽映っています。(2021年3月6日14:12撮影)(2021年3月6日公開)







関連記事

  1. 近所にいるドンコの観察2020

  2. 南阿蘇村の観音桜

  3. 飼育して6ヶ月の大きい方の子スッポンの餌の食べ方

  4. 近所の湿地帯に飛来するアオサギ(2015年〜2018年)

  5. 実家に棲みついているオスのジョウビタキの観察(2020年1月〜)

  6. 26匹目と28匹目のスッポンを捕獲して治療後安全な場所にリリースするまで

  1. カラスから逃げて私の方に一時的に避難して来た3羽のコガモ

    2021.04.06

  2. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  3. 2021年に観察した1匹目の野生のスッポンの記録

    2021.04.01

  4. コサギが逃げるオイカワを走って追いかけて捕食する瞬間(2021年3月…

    2021.03.28

  5. 近所の用水路や公園のため池にいるカルガモの観察2021

    2021.03.02

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥

    2020.04.16

  4. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  4. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

  5. 西郷どん第17回で出てきた鹿児島弁の解説

    2018.05.07

アーカイブ

カテゴリー