近所にいるヒヨドリの観察(2020年4月以降)

↑上のアイキャッチ画像は2020年4月11日の18:05に近所の公園のクスノキの上で左の翼を広げて羽繕いをしているヒヨドリです。

夕方にクスノキの枝の上で羽繕いしていた1羽のヒヨドリ(2020年4月11日)

ヒヨドリ近所の公園のクスノキの枝に1羽のヒヨドリが飛んで来て止まりました。(2020年4月11日18:05撮影)

ヒヨドリヒヨドリの部分を切り取って拡大しました。(2020年4月11日18:05撮影)

ヒヨドリの右の翼の観察(2020年4月11日夕方)

ヒヨドリ動画1秒のところで広げられた右の翼。(2020年4月11日18:05撮影)

ヒヨドリ動画10秒のところで再び広げられた右の翼。(2020年4月11日18:05撮影)

ヒヨドリの左の翼の観察(2020年4月11日夕方)

ヒヨドリ動画52秒のところで広げられた左の翼。(2020年4月11日18:05撮影)

ヒヨドリが羽繕いするところを真下から撮影した動画(2020年4月11日)

近所の公園のクスノキの枝に止まった1羽のヒヨドリを真下から撮影していたら、羽繕いを始めました。最初は1〜2秒と9〜10秒のところで右の翼を広げて、次に51〜54秒のところで左の翼を広げました。翼を広げた時の扇子のようなきれいな翼は真下から観察していたから見ることができたのだと言えます。(2020年4月11日18:06撮影)(2020年4月11日公開)

まとめ(2020年4月11日現在)

クスノキの木の上に止まったヒヨドリが羽繕いを始めたところを偶然真下から動画撮影できました。ましたから見ると翼が広がったところがよく見えました。このような撮影は狙ってできることではないので、僥倖でした。

夕方に住宅地の電線に止まって鳴いていた1羽のヒヨドリ(2020年6月21日)

ヒヨドリ近所の住宅地の電線の上に1羽のヒヨドリが止まっていて鳴いていました。(2020年6月21日17:51撮影)

1羽のヒヨドリが近所の住宅地の電線の上に止まっていて、いつものけたたましい鳴き声とは違って、わりときれいな鳴き声で鳴いているところを動画撮影しました。180°向きを変えながら鳴いていました。このヒヨドリはこのところ夕方のウォーキング時にこの場所の電線でよく見かけます。(2020年6月21日17:52撮影)(2020年6月21日公開)

早朝に住宅地の電線の上で激しく鳴いていた1羽のヒヨドリ(2020年6月28日)

ヒヨドリ早朝に住宅地の電線の上で激しく鳴いていた1羽のヒヨドリ。(2020年6月28日7:00撮影)

ヒヨドリヒヨドリを拡大しました。(2020年6月28日7:00撮影)

1羽のヒヨドリが近所の住宅地の電線の上に止まっていて、ヒヨドリの代名詞的な鳴き声である、あのけたたましい「キーキー」という鳴き声で鳴いていました。(2020年6月28日7:01撮影)(2020年6月28日公開)

花が満開のさくらんぼ暖地の木に飛来したメジロとヒヨドリ(2021年3月6日)

メジロ
実家のさくらんぼ暖地の木の満開の花。その花の蜜を吸いにヒヨドリやメジロがよく飛んできます。(2021年3月6日14:10撮影)

実家の畑に植えている暖地というさくらんぼの木の花が満開です。その蜜を吸いに来たメジロとヒヨドリを動画に収めました。ヒヨドリは最後の方に2羽映っています。(2021年3月6日14:12撮影)(2021年3月6日公開)

木の枝に並んで止まっていた2羽のヒヨドリの巣立ちひな(2021年6月21日)

ヒヨドリ
夕方の公園で木の上からピーピー鳴いているのが聞こえてきました。見上げてみると2羽のヒヨドリの巣立ちひなが横に並んで枝に止まっていました。(2021年6月21日18:02撮影)

ヒヨドリ
巣立ちひなの部分を拡大しました。(2021年6月21日18:02撮影)

夕方の公園の木の枝に2羽のヒヨドリの巣立ち雛が並んで止まっていました。その様子を木の下から動画撮影しました。(2021年6月21日18:04撮影)(2021年6月21日公開)

2羽のヒヨドリの巣立ちひなを木の下の方から見守るヒヨドリの親鳥(2021年6月21日)

ヒヨドリ
上の動画を撮影後に撮った巣立ちひなの写真。(2021年6月21日18:04撮影)

ヒヨドリ
1羽の親鳥が少し下のところから雛鳥を見守っていました。(2021年6月21日18:04撮影)

ヒヨドリ
親鳥の部分を拡大しました。(2021年6月21日18:04撮影)

夕方の公園の木の枝に2羽のヒヨドリの巣立ちひなが並んで止まっているところから少し下に1羽の親鳥が止まっていて、雛鳥を見守っていました。その様子を木の下から動画撮影しました。(2021年6月21日18:05撮影)(2021年6月21日公開)

ヒヨドリ
帰る時に公園の中から木を撮影しました。ちょうどこのあとにもう1羽の親鳥がエサを咥えて帰ってきました。(2021年6月21日18:06撮影)

ヒヨドリ
2羽の巣立ちひなの部分を拡大しました。(2021年6月21日18:06撮影)

最初の観察から10日目の夕方に電線に止まっていた2羽のヒヨドリの巣立ち雛(2021年7月1日)

ヒヨドリ
夕方の電線に止まっていた2羽のヒヨドリの巣立ち雛。10日前に最初に観察した2羽です。親鳥はいませんでした。(2021年7月1日18:16撮影)

ヒヨドリ
1枚前の写真の左上の1羽のヒヨドリの巣立ち雛を拡大。(2021年7月1日18:16撮影)

ヒヨドリ
2枚前の写真の右下の1羽のヒヨドリの巣立ち雛を拡大。(2021年7月1日18:16撮影)

夕方の公園の電線に2羽のヒヨドリの巣立ちひなが止まってピーピー鳴いていました。この2羽は10日前に最初に観察した2羽です。尻尾が伸びて成長していました。親鳥はどこにも見当たりませんでしたが、2羽は次々と電線を飛んで移動していました。2週間経って親から独立したのかもしれません。ちなみに今日は米国の独立記念日の3日前です。(2021年7月1日18:17撮影)(2021年7月1日公開)

ヒヨドリ
先ほどの電線から20メートルほど北にある電線に移動しました。(2021年7月1日18:18撮影)

ヒヨドリ
さらに30メートルほど北にある電線に移動しました。(2021年7月1日18:18撮影)

ヒヨドリ
手前の1羽が向きを反対に変えました。親を探しているのでしょうか。(2021年7月1日18:18撮影)

民家のイチジクの木に飛んできた2羽のヒヨドリ(2021年7月10日)

ヒヨドリ
夕方に民家のイチジクの木に飛んできた2羽のヒヨドリ(右上と左下)。動画を撮影しようとしたら、すぐに飛び立ったので写真を撮りました。(2021年7月10日17:21撮影)

ヒヨドリ
最初に飛び立った1羽のヒヨドリを拡大しました。(2021年7月10日17:21撮影)

ヒヨドリ
その後に続いた2羽目のヒヨドリを拡大しました。2羽とも若鳥に見えるので、9日前にいた親から独立した2羽のヒヨドリではないかと思いました。場所も数百メートルしか離れていないので、ほぼ同じエリアです。もしそうなら2羽で元気に活動しているところを確認できてよかったです。(2021年7月10日17:21撮影)







関連記事

  1. 2018年のスッポン(3)

  2. 用水路の側壁の水面付近を上流方向に移動していた大きいチスイビル

  3. 柿の皮むき

  4. 用水路にいたドジョウ

  5. 近所の公園のソメイヨシノの木の下にいたウメエダシャク

  6. 観察を始めてから10日目のヒヨドリの巣立ち雛

  1. 2021年に保護したスッポンの幼体の飼育

    2021.10.10

  2. 近所の建物の屋根で休んでいた4羽のコウノトリの観察

    2021.10.03

  3. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年10月)

    2021.10.01

  4. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(45匹目〜50匹目)

    2021.09.12

  5. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(39匹目〜44匹目)

    2021.09.11

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥はチゴモズ(稚児百舌…

    2020.04.16

  4. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー