近所の用水路にいるオイカワの観察2022

↑上のアイキャッチ画像は2022年5月18日の夕方に近所の用水路で泳いでいたオイカワの群れ。(17:50撮影)

2022年3月15日以降に近所の用水路で観察したオイカワの記録です。

夕方の用水路の淵で泳いでいた小さいオイカワの群れ(2022年3月15日)

オイカワ夕方の用水路の淵で小さいオイカワの群れが泳いでいました。水面に映っている逆三角形の黄色いものはメタセコイアの木の頂上付近です。(2022年3月15日17:50撮影)

オイカワ写真右下の群れを拡大しました。(2022年3月15日17:50撮影)

夕方の用水路で小さいオイカワが群れで泳いでいるところを動画に収めました。(2022年3月15日17:53撮影)(2022年3月15日公開)

夕方の用水路の浅瀬で泳いでいたオイカワの群れ(2022年5月9日)

オイカワ夕方の用水路の浅瀬で泳いでいたオイカワの群れ。(2022年5月9日17:50撮影)

オイカワの群れが夕方の用水路の浅瀬で泳いでいるところを動画に収めました。(2022年5月9日17:53撮影)(2022年5月9日公開)

オイカワ動画撮影終了直後に撮った写真。ほとんど移動していないことがわかります。(2022年5月9日17:50撮影)

夕方の用水路で砂を巻き上げる大きなコイのまわりに集まってきたたくさんのオイカワ(2022年5月17日)

オイカワとフナとコイ夕方の用水路で橋の下を泳いでいた1匹の真鯉。このあとたくさんのオイカワがコイを取り囲むように集まってきました。(2022年5月17日17:54撮影)

夕方の用水路で1匹の大きなコイが砂を吸い込みながら食事をしていました。その時、ひれで砂を巻き上げていました。そこは砂の中にいた生物などエサになるものも砂と一緒に舞っているのか、コイのまわりにたくさんのオイカワが集まってきていました。(2022年5月17日17:55撮影)(2022年5月18日公開)

夕方の用水路で泳いでいた小さめのオイカワの群れ(2022年5月17日)

オイカワ夕方の用水路の浅瀬で泳いでいた割と小さめのオイカワの群れ。(2022年5月17日17:50撮影)

夕方の用水路の浅いところで小さめのオイカワの群れが泳いでいました。時々腹の銀色が光って見えます。背中の色は完全に保護色になっていて慣れている人でないと判別はかなり難しいと思います。(2022年5月17日17:59撮影)(2022年5月18日公開)

夕方の用水路で駐車場の音に敏感に反応したオイカワの群れ(2022年5月18日)

オイカワ夕方の用水路の浅瀬で泳いでいたあまり大きくないオイカワの群れ。(2022年5月18日17:49撮影)

夕方の用水路の浅いところで整然と並んで泳いでいたあまり大きくないオイカワの群れが、公園の駐車場から聞こえた音に敏感に反応する様子を動画に収めました。1分3秒あたりで急に群れが乱れます。その時はちょうど公園の駐車場の方から音がしていました。(2022年5月18日17:51撮影)(2022年5月18日公開)

夕方の用水路で密に集まっていた体長3〜4cmのオイカワの密な群れ(2022年5月21日)

オイカワ夕方の用水路の浅瀬で泳いでいたかなり密な集合状態のオイカワの群れ。けっこうランダムに泳いでいます。(2022年5月21日17:41撮影)

夕方の用水路の浅いところでかなり密な状態で3〜4cmぐらいのオイカワが泳いでいました。物音に敏感に反応していました。この動画を撮影してから下の写真を撮ってその場を一旦離れました。そして10分後に戻ってきた時にはどこかに分散して半分ぐらいになっていました。夕方のある時間帯に特に集まっているのかもしれません。太陽が出ている晴れた日にはよく見えます。(2022年5月21日17:43撮影)(2022年5月21日公開)

オイカワ夕方の用水路の浅瀬で泳いでいたあまり大きくないオイカワの群れ。上の方の群れは右の方向(上流方向)を向いていますが、下の方の群れは写真右下の方を向いているのが多いです。(2022年5月21日17:43撮影)

オイカワ夕方の用水路の浅瀬で泳いでいたあまり大きくないオイカワの群れ。上の方の群れは右側(上流方向)を向いていますが、下の方の群れはランダムに向いています。(2022年5月21日17:43撮影)

等間隔に配列しているオイカワの群れ(2022年5月23日)

オイカワ夕方の用水路の浅瀬でほぼ等間隔になるように配列して泳いでいたあまり大きくないオイカワで構成されている群れ。橋の上から下流方向に向かって撮影。(2022年5月23日17:36撮影)

夕方の用水路の浅いところでオイカワの群れがほぼ等間隔になるように配列して泳いでいました。橋の上から下流方向に向かって左側の岸のメッシュフェンスの間から撮影しました。あまり数が多くない方がきれいに並んでいるように見えます。(2022年5月23日17:38撮影)(2022年5月23日公開)







関連記事

  1. 実家の庭や近所の山に現れるホオジロ

  2. 2020年のササゴイの観察結果

  3. スッポンの卵が孵化するまでの過程の観察とその後

  4. 大きいスッポンが小さいスッポンを襲う瞬間

  5. 2020年に観察した2匹目の野生のスッポンの記録

  6. トカゲ

  1. 7月の減量におけるウォーキングの効果(2022年7月)と健康診断結果…

    2022.07.01

  2. ヤマトヌマエビ

    2022.06.28

  3. イシマキガイ

    2022.06.28

  4. 水田で反時計回りと時計回りに回転している2つの小さい渦

    2022.06.26

  5. 2022年に観察した野生のスッポンの記録(19匹目〜)

    2022.06.26

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥はチゴモズ(稚児百舌…

    2020.04.16

  4. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー