近所の用水路にいるダイサギの観察2022

↑上のアイキャッチ画像は近所の公園横の用水路にいたダイサギが私が近づいた時に飛んで逃げるところを2022年5月19日18:03に撮影したものです。

2022年の近所の大きな湿地帯や用水路にいたダイサギの観察記録です。

夕方の用水路の浅瀬を川下の方に歩いて去って行った1羽のダイサギ(2022年2月26日)

ダイサギ用水路の浅瀬にいたダイサギが私が橋の上から覗き込んだら驚いて下流方向に飛び去りました。(2022年2月26日17:53撮影)

ダイサギ高く上がったダイサギ。(2022年2月26日17:53撮影)

ダイサギ遠くに飛んでいくと思われたダイサギ。(2022年2月26日17:53撮影)

ダイサギまた用水路に舞い降りてきたダイサギ。(2022年2月26日17:53撮影)

ダイサギ着水したダイサギ。(2022年2月26日17:53撮影)

ダイサギダイサギは下流方向に歩き出しました。(2022年2月26日17:53撮影)

ダイサギズームで撮影したら暗くなりました。(2022年2月26日17:53撮影)

1羽のダイサギが夕方の用水路の浅瀬で橋の上から見ている私に気づいて逃げていく様子を動画に収めました。(2022年2月26日17:22撮影)(2022年3月1日公開)

夕方に用水路の浅瀬を上流方向に歩いてきた1羽のダイサギ(2022年5月19日)

ダイサギ夕方の用水路で下流にいる1羽のダイサギを橋の上から撮影しました。(2022年5月19日17:44撮影)

ダイサギダイサギの部分を拡大しました。稲作の時期に用水路を堰き止める大きい金属の板が寝かせてあるので、小さい段差(滝)になっていて、そこの淵に立っています。段差の上の方の水面に影が映っています。(2022年5月19日17:44撮影)

ダイサギ目のところが緑色になっているようです。当たり前ですがコサギよりでかいです。そして、コサギと違って冠羽がありません。この写真ではわかりませんが、コサギは足の指が黄色いですが、ダイサギは黒いです。そして、コサギは片足を震わせて獲物を追い出して捕えるという漁をしますが、ダイサギは足を震わせるという習性は持っていません。(2022年5月19日17:44撮影)

ダイサギこの写真を撮影する段階ではダイサギは下流の方に歩いていくかと思われました。しかし、このあと逆方向の上流の方に歩き出しました。(2022年5月19日17:49撮影)

ダイサギダイサギの部分を拡大しました。このあと上流方向に歩いてくる様子を橋の欄干に隠れてデジカメだけ上に出して動画に収めました。(2022年5月19日17:49撮影)

1羽のダイサギが夕方の用水路の浅瀬を上流方向に歩いてくるところを私は橋の上からばれないように動画撮影しました。最後は欄干に隠れて見えなくなりました。(2022年5月19日17:50撮影)(2022年5月19日公開)

夕方に用水路の浅瀬で魚を捕らえて飲み込んだ1羽のダイサギ(2022年5月19日)

ダイサギ上の動画で上流に向かって歩いてきていた1羽のダイサギを下流の方から撮影しました。この時は下流の方に向いて歩いています。写真がブレています。(2022年5月19日17:51撮影)

1羽のダイサギが夕方の用水路の浅瀬を歩きながら魚を捕らえて飲み込むところを動画に収めました。20秒から22秒の間でオイカワをくちばしで挟んで飲み込みました。そのあと、上流の方に歩いて進んで行きました。(2022年5月19日17:53撮影)(2022年5月19日公開)

ダイサギ上の動画撮影から10分後に橋の上に戻ってきて下を覗いたら、さっきのダイサギが飛んで逃げました。その時の様子を撮影した写真(1枚目/6枚)。ダイサギの足の指はコサギと違って黄色くありません。(2022年5月19日18:03撮影)

ダイサギダイサギが飛んで逃げるところ(2枚目/6枚)。(2022年5月19日18:03撮影)

ダイサギダイサギが飛んで逃げるところ(3枚目/6枚)。(2022年5月19日18:03撮影)

ダイサギダイサギが飛んで逃げるところ(4枚目/6枚)。(2022年5月19日18:03撮影)

ダイサギダイサギが50メートルぐらい下流で着地しました(5枚目/6枚)。(2022年5月19日18:03撮影)

ダイサギこちらを見ています。私が去ったらまた上流の方に来るのかもしれません(6枚目/6枚)。(2022年5月19日18:04撮影)

湿地帯で漁をしていたダイサギと近くに飛んできたゴイサギ(2022年5月22日)

ダイサギ湿地帯で遠目に獲物を見ているダイサギ。(2022年5月22日17:46撮影)

ダイサギ獲物に狙いをつけているダイサギ。(2022年5月22日17:48撮影)

夕方の湿地帯で1羽のダイサギが漁をしているところを動画撮影しました。この動画の最後に1羽のゴイサギが私の近くに飛んできました。私がいるのに10メートルぐらい近くに着地しました。(2022年5月22日17:49撮影)(2022年5月23日公開)

早朝の用水路で漁をしているダイサギ(2022年6月24日)

ダイサギ水没したコンクリートの上を歩きながら魚を狙っているダイサギ。(2022年6月24日6:53撮影)

ダイサギ獲物に狙いをつけているダイサギ。(2022年6月24日6:53撮影)

早朝の住宅地の用水路で1羽のダイサギが漁をしているところを動画撮影しました。(2022年6月24日6:55撮影)(2022年6月24日公開)

猫とダイサギ(2022年6月24日)

猫ガードレールの向こうの用水路にいるダイサギを見て固まっている猫。(2022年6月24日6:55撮影)

早朝の住宅地の用水路で1羽のダイサギを見つけて固まっている猫と、それを見ているダイサギを動画撮影しました。(2022年6月24日6:57撮影)(2022年6月24日公開)







関連記事

  1. 近所の公園でよく見かけるツグミ

  2. 近所の公園にいたスズメの巣立ち雛の観察

  3. 沖縄のリゾートホテルと自宅にいたハエトリグモ

  4. 用水路の側壁に止まっていたゴマダラチョウ

  5. いろいろな花に飛んできた大きくて丸いクマバチ

  6. 甲羅が白化したミシシッピアカミミガメの経過観察(8月6日〜8月19日)

  1. 7月の減量におけるウォーキングの効果(2022年7月)と健康診断結果…

    2022.07.01

  2. ヤマトヌマエビ

    2022.06.28

  3. イシマキガイ

    2022.06.28

  4. 水田で反時計回りと時計回りに回転している2つの小さい渦

    2022.06.26

  5. 2022年に観察した野生のスッポンの記録(19匹目〜)

    2022.06.26

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥はチゴモズ(稚児百舌…

    2020.04.16

  4. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー