近所の用水路で捕獲した4匹の小さいナマズの飼育

↑上のアイキャッチ画像は2020年6月24日の15:52に撮影したものです。用水路で掬った後に帰宅して百均で買っていたプラスチック製の金魚鉢に水を入れてナマズを入れて撮影。

近所の用水路で網で掬った小さいナマズ4匹の飼育記録です。用水路に大きいナマズが大量発生しているので、小魚がとても少なくなっています。それゆえこれ以上増やさないためにも今回の4匹はしばらく飼育はするものの、将来的にリリースする予定はありません。スッポンとカメのエサになると思います。あるいは共食いで数は4匹から減ると思います。

用水路で網で掬った4匹の小さいナマズ(2021年6月24日)

用水路で網で掬ってきた4匹のナマズを金魚鉢に入れて動画撮影しました。(2021年6月24日15:51撮影)(2021年6月24日公開)

ナマズ
用水路にいた4匹のナマズのうちの3匹。(2021年6月24日15:51撮影)

ナマズ
2匹を拡大。(2021年6月24日15:51撮影)

ナマズ
用水路にいた4匹のナマズ。(2021年6月24日15:51撮影)

ナマズ
4匹のナマズのうちの1匹。(2021年6月24日15:51撮影)

ナマズ
4匹のナマズのうちの別の1匹。(2021年6月24日15:51撮影)

ナマズ
4匹のナマズ。(2021年6月24日15:51撮影)

ナマズ
4匹のナマズのうちの1匹。(2021年6月24日15:51撮影)

ナマズ
4匹のナマズ。(2021年6月24日15:51撮影)

ナマズ
4匹のナマズのうちの2匹。(2021年6月24日15:51撮影)

ナマズ
4匹のナマズのうちの3匹。(2021年6月24日15:52撮影)

ナマズ
4匹のナマズ。(2021年6月24日15:52撮影)

4匹のナマズのうち最も大きい1匹の腹部(2021年6月26日)

ナマズ
4匹のナマズのうち、いちばん大きい1匹のお腹。体長は3.4cmぐらい。(2021年6月26日22:14撮影)







関連記事

  1. 川魚とスッポンを飼っている5つの水槽(5ヶ月目〜)

  2. 青空で鳴いているヒバリ

  3. 近所の用水路やため池にいるアオサギの観察(2022年)

  4. うちで飼っているニワトリとお隣さんの飼っているつがいの小軍鶏

  5. 近所のアパートの側壁で巣を作っているスズメ

  6. 2019年の子スッポン(1):飼育を始めて4ヶ月目の観察結果

  1. 9月の減量におけるウォーキングの効果(2022年9月)

    2022.08.30

  2. 2022年に保護した赤ちゃんスッポン9匹の飼育記録

    2022.08.22

  3. 泥の中から助け出され九死に一生を得た強運を“持っている”3匹の赤ち…

    2022.08.19

  4. 日齢1046日のスッポンの腹甲の細菌性皮膚炎が完治するまでのプロセス

    2022.08.18

  5. 日齢1010日以降のCH種のスッポンの飼育と観察(2022年)

    2022.08.17

  1. 2022年に観察した近所の公園のチョウトンボ

    2022.07.20

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 図鑑で見つけることができていなかった珍しい小鳥はツリスガラ(吊…

    2020.04.16

  5. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー