観察開始から328日目以降のミシシッピアカミミガメ

上のアイキャッチ画像は2021年8月6日の夕方に住宅地の中の貯水池にいたミシシッピアカミミガメ。(17:54撮影)

2020年7月21日から観察を始めたミシシッピアカミミガメの2021年8月6日以降の観察結果を以下に示しています。観察開始から382日目以降の結果です。

エサをもらうために私の方に向かって泳ぎ始めたミシシッピアカミミガメ(2021年8月6日)

ミシシッピアカミミガメ
エサをもらいに私の方に向かって泳ぎ始めた観察開始から328日目のミシシッピアカミミガメ。写真中央の水面下にいます。黄色のニシキゴイもついてきました。ミシシッピアカミミガメについていけばエサにありつけると学習したためです。(2021年8月6日17:43撮影)

ミシシッピアカミミガメ
2020年7月21日から観察を始めて328日目になります。写真中央の水面下にいます。(2021年8月6日17:43撮影)

観察開始の日から数えて328日目になるミシシッピアカミミガメが、私を見つけて近づいてくるところを動画に収めました。(2021年8月6日17:43撮影)(2021年8月7日公開)

もっとエサが欲しいと訴えているように見えるミシシッピアカミミガメ(2021年8月6日)

ミシシッピアカミミガメ
ため池にいるミシシッピアカミミガメがもっとエサが欲しいと訴えるように私を見ています。(2021年8月6日17:53撮影)

ミシシッピアカミミガメ
ニシキゴイがミシシッピアカミミガメのそばにいるとエサをもらえると思ってミシシッピアカミミガメのまわりをぐるぐる回っています。(2021年8月6日17:54撮影)

ミシシッピアカミミガメ
ミシシッピアカミミガメのまわりをぐるぐる回っているニシキゴイ。(2021年8月6日17:54撮影)

ミシシッピアカミミガメがもっとエサが欲しいと私に訴えています。(2021年8月6日17:55撮影)(2021年8月7日公開)

振り向きながら帰っていくミシシッピアカミミガメ(2021年8月6日)

ミシシッピアカミミガメがエサに満足したのか、振り向きながら帰っていく様子を動画に収めました。(2021年8月6日17:57撮影)(2021年8月7日公開)

エサを横取りするためにミシシッピアカミミガメのまわりに集まるコイとフナの群れ(2021年8月23日)

ミシシッピアカミミガメ
ミシシッピアカミミガメのまわりをぐるぐる回っている黄色いニシキゴイと小さい緋鯉とたくさんのフナ(1枚目/3枚)。(2021年8月23日18:07撮影)

ミシシッピアカミミガメ
ミシシッピアカミミガメのまわりをぐるぐる回っている黄色いニシキゴイと小さい緋鯉とたくさんのフナ(2枚目/3枚)。(2021年8月23日18:07撮影)

ミシシッピアカミミガメ
ミシシッピアカミミガメのまわりをぐるぐる回っている黄色いニシキゴイと小さい緋鯉とたくさんのフナ(3枚目/3枚)。(2021年8月23日18:07撮影)

近所のため池でコイとフナの群れがミシシッピアカミミガメのまわりに集まってきている様子を動画に収めました。ミシシッピアカミミガメの近くにいるとエサを横取りできる、あるいはエサのお零れに預かれることを学習したようです。(2021年8月23日18:08撮影)(2021年8月24日公開)

この池で最後になった観察406日目の釣り針を飲み込んだミシシッピアカミミガメ(2021年8月30日)

いつものようにウォーキングの途中でため池に行ってみたらミシシッピアカミミガメがすでにいました。しかしいつもと何か違います。こちらを見上げている顔の口から黄色い糸が出ています。釣り針を飲み込んでしまったようです。私はそこに置いてあったリールの持ち主を探しました。社長のもので、今不在なのでということで社員さんが糸を切ってくれました。私は連れて帰って針を外す工具で外そうとしましたがだめでした。すぐに動物病院に電話して、明日の朝連れて行くと告げました(予約ではありません)。その時、どんな針を使ったのか情報をくださいということだったので、もう一度釣りの現場に行って、針の写真を撮らせてもらいました。ヒラマサ・ブリ用でした。

動物病院に連れて行った結果(2021年8月31日)

朝一番で連れて行きました。結果は深く飲み込んでいたので結局とれなくて、針を結んであるところから糸を切って処置を終えたということでした。口から血糊が出ていました。抗生物質の注射を1本打ってもらって帰りました。この針だったらが溶けてなくなってくれる可能性もあるということだったので、それに期待するしかありませんでした。先生にリリースについて相談した結果、今日でもかまわないということでした。それでその日の午後14時過ぎに池の下流域にリリースしました。







関連記事

  1. 飼育を始めて6日以降の2019年2匹目の赤ちゃんスッポンの観察

  2. 用水路にいるライギョの観察(2020年)

  3. 飛行機と飛行機雲(2014年〜2018年)

  4. 2019年に入ってから24匹目と25匹目になる大きいスッポンの観察

  5. 用水路のコイの観察(2014年〜2017年)

  6. 2018年から2019年にかけて用水路で観察したライギョ

  1. 2021年に保護したスッポンの幼体の飼育

    2021.10.10

  2. 近所の建物の屋根で休んでいた4羽のコウノトリの観察

    2021.10.03

  3. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年10月)

    2021.10.01

  4. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(45匹目〜50匹目)

    2021.09.12

  5. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(39匹目〜44匹目)

    2021.09.11

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥はチゴモズ(稚児百舌…

    2020.04.16

  4. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー