夕方に用水路にいたゴイサギ

上のアイキャッチ画像は2020年4月30日の17:47に近所の公園に隣接するため池で撮影したゴイサギという鳥です。

近所の公園に隣接する大きなため池にゴイサギという鳥がいました。羽が灰色と白で、目が赤くて、くちばしが黒くて、足が黄色っぽい鳥でした。色以外の姿形はササゴイに似ています。その観察記録を以下に示します。

近所の用水路でじっとしていた1羽のゴイサギ(2020年4月30日)

1羽のゴイサギが夕方の用水路の草むらのところでじっとしていました。こちらの様子を窺いながら逃げる準備はできているようでした。(2020年4月30日17:47撮影)(2020年4月30日公開)

ゴイサギ
近所の用水路でじっとしていた1羽のゴイサギ。(2020年4月30日17:47撮影)

ゴイサギ
ゴイサギの部分を切り取って拡大。(2020年4月30日17:47撮影)

ゴイサギ
こちらを見ています。目が赤いです。(2020年4月30日17:48撮影)

近づいたら飛んで逃げたゴイサギ(2020年4月30日)

ゴイサギ
近づいたら飛んで逃げました。(2020年4月30日17:49撮影)

ゴイサギ
北東の空に飛んでいきました。(2020年4月30日17:49撮影)

ゴイサギ
翼を広げた姿はきれいでした。(2020年4月30日17:49撮影)

ゴイサギにゆっくりと歩いて少しだけ近づいたところで南の方に飛んで逃げて、途中で旋回して北東の方向に飛び去りました。翼を広げて飛んでいる姿はきれいでした。(2020年4月30日17:49撮影)(2020年4月30日公開)

2日連続で夕方の用水路にいた1羽のゴイサギ(2020年5月1日)

ゴイサギ
昨日とほぼ同じ場所に1羽のゴイサギがいました。昨日のゴイサギと同一個体と思われます。(2020年5月1日17:58撮影)

ゴイサギが夕方の用水路に2日連続でいました。ほとんど同じ場所でした。この場所が気に入ったようです。こちらを気にしているのがわかります。(2020年5月1日18:00撮影)(2020年5月1日公開)

近づいたら用水路の支流に避難したゴイサギ(2020年5月1日)

ゴイサギ
ゴイサギの方に数歩近づいたら少し奥の方に逃げました。(2020年5月1日18:00撮影)

ゴイサギにゆっくりと歩いて近づいたら、用水路の支流の方に20メートルほど飛んでいきました。昨日はそこから青空に上がって北東の方向に飛んで消えていきましたが、今日は出て来ませんでした。(2020年5月1日18:00撮影)(2020年5月1日公開)

私にすぐにでも立ち去ってほしいと思っているにちがいないゴイサギ(2020年5月1日)

ゴイサギ
用水路の支流のところでじっと立っていました。私が最初に撮影していた場所からは見えない場所だったので、隠れているつもりだったようです。そこから数メートル歩いて用水路の支流を見たらじっと立っていました。(2020年5月1日18:01撮影)

ゴイサギが消えた用水路の支流を見てみたら、じっと立っていました。私が立ち去るのを待っているようでした。ここがよい漁場だと気付いたので、昨日は飛び去ったのに、今日は私が帰るまで遣り過ごしているようです。このような挙動はコサギササゴイでもこれまで何度も見ましたが、ゴイサギも同様であることがわかりました。私は深追いせずに立ち去りました。(2020年5月1日18:01撮影)(2020年5月1日公開)

ゴイサギ
動画を撮影後に撮った写真。1枚前の写真からほとんど動きがないことがわかります。終始じっとしていました。私に早く帰ってほしいと思っているのが見え見えだったので、リクエストに応えるように私はそこから立ち去りました。(2020年5月1日18:02撮影)

まとめ(2020年5月1日現在)

ゴイサギはペンギンみたいでかわいいと思いました。行動自体はササゴイの方が間抜けな感じで面白かったのですが、ゴイサギはじっとしていても見ているだけで楽しいです。早く帰れといわんばかりにじっとしている行動がコサギササゴイでも見られたので、サギ類はけっこうそういうところがあるのかなと思いました。コサギについては最新の結果もあります。この遣り過す行動には再現性があるといえます。

3日目にはいなかったゴイサギ(2020年5月2日)

用水路
3日目の2020年5月2日の夕方にはゴイサギいはいませんでした。またいつか来て欲しいと思える鳥でした。(2020年5月1日17:32撮影)







関連記事

  1. メダカの卵の観察と別容器で孵化させる試み

  2. 近所に生えていたモリムラマンネングサという多肉植物の栽培

  3. 近所で観察したキジバト2019

  4. 波状飛行するハクセキレイとキセキレイとセグロセキレイ

  5. 死んだメダカと一緒に泳ぐ卵を持ったメダカ

  6. 15分の間に見つけた4匹のスッポン

  1. 2020年のアオサギの観察

    2020.06.03

  2. 近所の公園のソメイヨシノの木の下にいたウメエダシャク

    2020.06.03

  3. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2020年6月)

    2020.06.01

  4. 2020年に観察した15匹目以降の野生のスッポンの観察結果

    2020.05.31

  5. 玄関のドアの上の電気メーターの中に巣を作ったスズメとその雛鳥の…

    2020.05.28

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥

    2020.04.16

  4. 用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができていない珍しい水鳥

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  4. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

  5. 西郷どん第17回で出てきた鹿児島弁の解説

    2018.05.07

アーカイブ

カテゴリー