用水路にいるゴイサギ(五位鷺)の観察(2022年)

上のアイキャッチ画像は2022年5月22日の17:49に近所の公園の横にある湿地帯に飛んできたゴイサギの写真です。

2022年に近所の用水路で観察したゴイサギの観察記録を以下に示します。

夕方の用水路の浅瀬でじっとしていたゴイサギの幼鳥(2022年1月18日)

ゴイサギ
昨年12月25日にもここにいたゴイサギの幼鳥。じっとしていました。私がいなくなるまで遣り過すつもりのようです。(2022年1月18日17:42撮影)

ゴイサギ
少し縮んだように見えます。(2022年1月18日17:43撮影)

夕方の用水路の浅瀬に昨年12月25日にもいた1羽のゴイサギの幼鳥がじっとしていました。ここによくいるので同一個体と思われます。私がいる間はじっとしている作戦なのかもしれません。(2022年1月18日17:43撮影)(2022年1月21日公開)

ゴイサギ
川下側に移動して1枚撮影しましたが、近づきすぎたため警戒して東の方に飛んで逃げてしまいました。(2022年1月18日17:44撮影)

9日前に夕方の用水路の浅瀬でじっとしていたゴイサギの幼鳥(2022年1月27日)

ゴイサギ
9日前の2022年1月18日の夕方にいたゴイサギの幼鳥が今日の夕方にもほとんど同じ場所にいました。(2022年1月27日17:38撮影)

ゴイサギが着地する直前の動画(ダイサギを撮影中)(2022年5月22日)

夕方の湿地帯で1羽のダイサギが漁をしているところを動画撮影していたら、1羽のゴイサギが私の近くに飛んできました。私がいるのに10メートルぐらい近くに着地しました。そこから撮影したのが下の動画です。この動画は着地してから撮影を始めました。飛んで来る時の様子はダイサギを撮影中に映り込んだのですが、動画のその部分から見たい場合はこちら →。(2022年5月22日17:49撮影)(2022年5月23日公開)

夕方のため池で私の近くに飛んできて着地したゴイサギ(2022年5月22日)

ゴイサギ
夕方に公園の隣の湿地帯に1羽のゴイサギが飛んできて、私がいるのに近くに着地しました。(2022年5月22日17:49撮影)

ゴイサギ
ゴイサギの部分を拡大しました。(2022年5月22日17:49撮影)

夕方の湿地帯に1羽のゴイサギが飛んできました。私がいるのに近くに着地しました。この動画は着地してから撮影を始めました。飛んで来る時の様子はダイサギを撮影中に映り込んだのですが、その動画はこちら →。(2022年5月22日17:52撮影)(2022年5月22日公開)

ゴイサギが飛んで逃げるところの連続写真(2022年5月22日)

ゴイサギ
ゴイサギが飛び去るところ(1枚目/14枚)(2022年5月22日17:52撮影)

ゴイサギ
ゴイサギが飛び去るところ(2枚目/14枚)。背中が紺色だとわかります。(2022年5月22日17:52撮影)

ゴイサギ
ゴイサギが飛び去るところ(3枚目/14枚)。翼は紺色ではないことがわかります。(2022年5月22日17:52撮影)

ゴイサギ
ゴイサギが飛び去るところ(4枚目/14枚)(2022年5月22日17:52撮影)

ゴイサギ
ゴイサギが飛び去るところ(5枚目/14枚)(2022年5月22日17:52撮影)

ゴイサギ
ゴイサギが飛び去るところ(6枚目/14枚)(2022年5月22日17:52撮影)

ゴイサギ
ゴイサギが飛び去るところ(7枚目/14枚)(2022年5月22日17:52撮影)

ゴイサギ
ゴイサギが飛び去るところ(8枚目/14枚)(2022年5月22日17:52撮影)

ゴイサギ
ゴイサギが飛び去るところ(9枚目/14枚)(2022年5月22日17:52撮影)

ゴイサギ
ゴイサギが飛び去るところ(10枚目/14枚)(2022年5月22日17:52撮影)

ゴイサギ
ゴイサギが飛び去るところ(11枚目/14枚)(2022年5月22日17:52撮影)

ゴイサギ
ゴイサギが飛び去るところ(12枚目/14枚)。見えにくいですが、写真中央に写っています。(2022年5月22日17:52撮影)

ゴイサギ
ゴイサギが飛び去るところ(13枚目/14枚)。もうすぐ着地しそうな感じです。(2022年5月22日17:52撮影)


この写真の中央付近で着地して見えなくなりました。そこは私のいるところから200メートルぐらい離れたところです。隣りの湿地帯か、湿地帯と湿地帯のボーダーを流れる用水路に着地した模様(14枚目/14枚)(2022年5月22日17:52撮影)

結果と考察(2022年5月22日現在)

今日のゴイサギは結局逃げていったのに、最初私の近くに自分から飛んで来たのは何故でしょう。ゴイサギの成鳥夏羽の頭頂と背の色は紺色なのですが、もしかしたら私が来ているウィンドブレーカー上下の色が同じような紺色をしているので、遠くから私を仲間と思って、あるいはメスと勘違いしてオスが飛んで来たということはないでしょうか。そうでも考えない限り自ら人間のいるところにわざわざ遠くから飛んで来てかなり近いところに着陸した行動がどうしても解せません。このゴイサギは飛来して着陸(水が少しあったから着水?)してから私の方をじっと見ていましたが、私が場所を少し変えて少し近づいたら(その様子は動画に映っています)自分の勘違いだった(仲間ではないとわかった)ということはないでしょうか。近づいたらだいたい100%逃げる野鳥が今日はわざわざ私の5〜6メートル先まで寄って来た行動が本当に不思議で、珍しい体験でした。







関連記事

  1. ハグロトンボ

  2. 獲物を持ち帰る時に目くらましのために身代わりを立てるスズメ

  3. 用水路で溺れていたケラを助けてリリースするまで

  4. 水槽No.2の中にいた1匹のコイの幼魚

  5. 田舎の川で捕獲したモクズガニと近所の用水路にいたモクズガニの観察

  6. 公園に隣接するため池にいたハシビロガモの観察

  1. 7月の減量におけるウォーキングの効果(2022年7月)と健康診断結果…

    2022.07.01

  2. ヤマトヌマエビ

    2022.06.28

  3. イシマキガイ

    2022.06.28

  4. 水田で反時計回りと時計回りに回転している2つの小さい渦

    2022.06.26

  5. 2022年に観察した野生のスッポンの記録(19匹目〜)

    2022.06.26

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥はチゴモズ(稚児百舌…

    2020.04.16

  4. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー