ウグイ

近所の用水路にいた10匹のウグイ(2015年7月25日)

近所の用水路に10匹のウグイと思われる魚が泳いでいました。もしかしたらオイカワかもしれません。(2015年7月25日11:49撮影)(2015年7月25日公開)

近所の用水路にいた1匹のハヤ(2015年7月25日)

近所の用水路でウグイかオイカワと思われる魚が1匹泳いでいました。ハヤであることは間違いないと思います。(2015年7月25日11:52撮影)(2015年7月25日公開)

実際のところ、ウグイではなくオイカワである可能性が高いので、上記の動画は参考データにとどめます。

これまでこの用水路でいろいろと捕まえた魚の中にはウグイは1匹もいませんでした。ちなみに実際に捕獲して確認した魚はメダカオイカワコイフナナマズカマツカドンコモツゴタナゴライギョギギヨシノボリ、カダヤシ、ドブガイスッポンです。ウグイやカワムツ(ヌマムツ)はいませんでした(2018年12月までの結果)。

関連記事

  1. ミナミヌマエビの水槽内における飼育と観察(2019年3月16日〜)

  2. 甲羅が白化したミシシッピアカミミガメの経過観察(8月6日〜8月19日)

  3. バラタナゴ の幼魚の飼育

  4. 近所の用水路の大きいコイや小さいコイの群れの観察(2021年〜2022年)

  5. 近所の用水路にいるオイカワの観察(2020年6月〜2021年5月)

  6. 近所に生えていたモリムラマンネングサという多肉植物の栽培

  1. 9月の減量におけるウォーキングの効果(2022年9月)

    2022.08.30

  2. 2022年に保護した赤ちゃんスッポン9匹の飼育記録

    2022.08.22

  3. 泥の中から助け出され九死に一生を得た強運を“持っている”3匹の赤ち…

    2022.08.19

  4. 日齢1046日のスッポンの腹甲の細菌性皮膚炎が完治するまでのプロセス

    2022.08.18

  5. 日齢1010日以降のCH種のスッポンの飼育と観察(2022年)

    2022.08.17

  1. 2022年に観察した近所の公園のチョウトンボ

    2022.07.20

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 図鑑で見つけることができていなかった珍しい小鳥はツリスガラ(吊…

    2020.04.16

  5. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー